ラテン・アメリカでは何が起きていたか? 2019年のスペイン語圏ニュースを振り返る

ラテン・アメリカでは何が起きていたか? 2019年のスペイン語圏ニュースを振り返る

コロンビアでのデモに参加した先住民族の男性。 (Photo by Juan Carlos Torres/NurPhoto via Getty Images)

 日本ではラテン・アメリカ諸国やスペイン語圏のニュースが圧倒的に少ない。その結果、外交の優先順位も低くなり、結果としてここ数年台頭しつつある中国に完全に水を開けられている。

 当サイトでは、世界を多角的な視野で見るべく、日本では報じられることが少ないラテン・アメリカやスペインのニュース、あるいは、同じニュースでもスペイン語圏ではどう報じられているかといったことを知るために、スペイン在住の白石和幸氏に定期的に寄稿していただいている。

 そんな白石氏に、2019年のラテン・アメリカやスペインに関するニュースをピックアップしてもらった。これらの動向は当然2020年も引き続きチェックしていくべきことだ。

◆かつての理想を失った独裁者に翻弄されるベネズエラ

◆1.ベネズエラから脱出した国民は500万人に到達する

 2014年頃から始まったベネズエラ人の国外脱出は今年末には500万人に到達する。ベネズエラ人口の15%が国から脱出している計算だ。それは内戦によるものではない。独裁者による社会主義革命の失敗による食料難から始まって医薬品などあらゆるものが不足していることからだ。多くの医師も脱出している。職場も消滅。普通の生活ができなくなっているのだ。

 ベネズエラからコロンビアに入国するのに一番利用度の高いベネズエラのサン・アントニオ市とコロンビアのククタ市に跨るシモン・ボリバル橋はベネズエラからの移民で溢れた橋に変身。毎日凡そ35000人のベネズエラ人がコロンビアに移民している。そこから一部は南米各国に移動し、コロンビアには現在250万人余りが滞留していると見られている。〈参照:「Infobae」など〉

◆2.ベネズエラは企業の墓場だ

 石油の埋蔵量では世界一を誇るベネズエラという国家は僅か20年で企業の墓場となった。チャベスとマドゥロの二人の独裁者による社会主義革命で資本主義に基づいた利潤を追求する企業は彼らによって否定されて国営化または廃業に追い込まれた。2008年に企業は80万社あった。それが2017年にはおよそ27万社が残っただけである。50万社が消滅したことになる。製造業は13万社あったのが、現在2600社が存続しているだけだという。〈参照:「Infobae」など〉

◆トランプがいてもアメリカを目指さざるを得ない不法移民

◆3.中米からの北米に向けての不法集団移民(キャラバン)ブームは少し去っているが、不法移民は依然継続している

 貧困、暴力、職場不足に苦しむ中米3か国グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルの住民の北米に向けての集団移民キャラバンは少し減少したが、不法移民は今も続いている。少人数だと途中危険にさらされる機会も多い。1000人から3000人規模の集団での移動だと道中も比較的安全に移動できるというのがキャラバンを組む理由だ。しかし、最近はメキシコがトランプ政権の圧力によってメキシコ南部の国境の警備を強化している。それで中米からの不法移民者は大幅に減った。しかし、中米の人たちの生活苦は依然続いている。

 アメリカ大陸における南北格差、そして不法移民送出国の中に存在する格差。搾取の構造を見直さないまま、国境に壁を作り、力で追い出すだけでは何も変わらない。〈参照:「El Comercio」など〉

◆4.メキシコの麻薬組織による犯罪は今も増加している

 メキシコの麻薬組織カルテルによる犯罪は増加の一途を辿っている。今年1月から11月までで最も殺害者の数が多かったのはグアナフアト州で3211人だ。メキシコ全国だと同期間に31688人が殺害されている。その中には警官も多くいる。昨年12月に大統領に就任したアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールはカルテルとの戦いに軍隊と警察を合わせたような国家防衛隊を編成し、彼らがカルテルに癒着しないように給料も上げた。しかし、その成果はまだ出ていない。〈参照:「Infobae」など〉

◆5.ラテンアメリカで最大の経済大国ブラジルで極右の大統領が誕生

 2019年1月、ブラジルで、「南米のトランプ」こと、ジャイル・ボルソナロが大統領に就任した。今年後半に入って経済に回復の兆しは見せているものの、彼の発言は常に攻撃的で、しかも差別主義者であることを如実に見せることが往々にしてある。その影響もあって彼の支持率は30%以下に落ち込んでいる。アルゼンチンで彼が支持していたマクリ前大統領が敗れて、左派系のアルベルト・フェルナンデスが当選したことから、彼の大統領の就任式には出席しなかった。ボルソナロは当初官僚を出席させると言っていた。しかし、ブラジルとアルゼンチンの双方の間での貿易取引はそれぞれ最大であることから、そのような無礼もできず、仕方なく副大統領を就任式に出席させた。〈参照:「CNN Espanol」など〉

◆対ラテン・アメリカ外交の座標軸を失ったトランプ。台頭する中国

◆6.米国の対ラテンアメリカへの外交は明確な座標軸を失った

 トランプ大統領は「北米のボルソナロ」と呼ばれて喜んでいる。トランプ政権が南米で唯一信頼を寄せているのがブラジルである。アルゼンチンの信頼していたマクリもいなくなった。コロンビアのドゥケ大統領とは嘗ての米国とコロンビアの間の特別な信頼関係は麻薬問題から薄らいでいる。ベネズエラのマドゥロ大統領は駆逐できないでいる。隣国のメキシコとの関係も難しい仲にあるが、アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領がトランプとうまくやって行くには喧嘩をしないことだと言悟って、しかもトランプの要望に叶うような外交を展開している。そのこともあって、トランプはロペス・オブラドールのことをペーニャ・ニエトよりも気にっていると発言するようになっている。しかし、現在のトランプのラテンアメリカ外交には一貫した戦略はなく座標軸を失った行き当たりばったりの外交になっている。その隙間をうまく利用しているのが中国だ。〈参照:「BBC」など〉

◆7.スペインは4月から政権が誕生しない状態にある。その一方で極右政党が飛躍

 4月の総選挙で社会労働党が勝利したが、過半数の議席を満たすことができず、11月にやり直し選挙を行った。その結果、スペイン民主化以後、初めての連立政権が誕生することになった。その連立の相手は極左のポデーモスだ。しかし、それを成立させるには皮肉にもカタルーニャの独立を望む左派カタルーニャ共和党が棄権してもらわねばならなくなっている。その為の左派カタルーニャ共和党との交渉の成立は今も至っていない。ということで、サンチェス暫定首相の内閣成立は年明けになりそうだ。しかし、11月の選挙は極右ボックスが躍進した選挙だった。社会労働党とポデーモスの連立政権で良い成果が出せないと、次期選挙では国民党にボックスが連立政権の一翼を担う可能性もある。〈参照:「OK Diario」など〉

◆ラテン・アメリカ諸国を席巻する「公正な社会」を求める声

◆8.ラテンアメリカで政府に抗議するデモがエクアドルから始まって、チリ、ボリビア、コロンビアなどに波及

 ラテンアメリカは富の分配が不平等な地域として良く知られている。つい最近起きたエクアドルの暴動から始まってチリ、コロンビアなどにも同様な問題が波及している。

 ラテンアメリカでは10人にひとりが極貧状態にあるという。その数は2002年には5700万人であったのが、15年後には6200万人と増えている。今も政府への激しい抗議デモが続いているチリの問題は富の分配において1%の最大富裕者がGDPの26.5%の富を占め、それに続く富裕者10%が66.5%の富を分配しているということなのである。即ち、11%の富裕層がGDPの93%の富を占有しているということが問題なのである。〈参照:「Diario Uno」など〉

◆9.20世紀初頭の大国アルゼンチンで70年政権を担って来た正義党が復活した

 南米アルゼンチンで12月10日、アルベルト・フェルナンデス元首相が大統領に就任した。戦後ほぼ延べ70年の政権を担って来た正義党(ペロニスタ)の復活である。

 しかし、フェルナンデス大統領はマクリ前大統領の外交を方向転換させて、メキシコの左派政権アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領と連携してラテンアメリアで左派陣営の復活を目指している。それはラテンアメリカのナンバーワンの経済大国ブラジルのボルソナロ政権と対立するものである。そして、嘗て同じく左派政権だったエクアドル、ボリビアが右派政権に移行している。ラテンアメリカがメキシコ・アルゼンチンを軸にする左派とブラジル・コロンビア・チリを軸にする右派との勢力圏に二分して行くようだ。〈参照:「BBC」〉

◆◆10.カタルーニャの独立運動に不安を感じてこれまで5500社がカタルーニャを去った

 2014年頃から始まったカタルーニャの独立運動は今も続いている。しかし、それに不安を感じてカタルーニャから本社を他州に移転させた企業は5500社にも上る。カタルーニャには62万社の企業が存在しているが、大手企業の大半がカタルーニャを去った。カタルーニャへの外国からの投資も減少している。このままカタルーニャの政情不安が仮に10年も続くようになると、カタルーニャ経済は大きく落ち込むことは必至である。これまでカタルーニャとマドリードの経済規模はほぼ互角であったが、今年に入ってマドリードがカタルーニャに差をつけているのが歴然となっている。〈参照:「Economia Digital」など〉

<文/白石和幸>

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)