新型コロナウイルス、フランス在住のアジア系はマスクを着けるに着けられない

新型コロナウイルス、フランス在住のアジア系はマスクを着けるに着けられない

shutterstock

 中国や日本だけでなく、世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。2月29日にはフランスのベラン保健相が同国内で集団感染が発生していると発表。5000人超の室内行事や握手を禁止するよう求めた。

◆フランスも対応策の遅れに庶民から疑問の声

 日本では日常的にこの時期はマスクを着用する人の姿は珍しくないが、ヨーロッパではほとんど見ることがない。体調不良の場合は自主的に休みを取ったり、在宅勤務をする文化が一般的だからという理由によるものだ。ただ、そんなヨーロッパでも空港など人が多く集まる場所ではマスクを着用する人の姿が目立つようになっている。

 こうした状況について、フランスの動物用ワクチンメーカーに勤める男性(39歳)は次のように語る。

 「ウイルスは変異していくので、今現在わかっている情報だけで危険性を判断するのは難しい。そのうえで、福島の原発事故のときもそうでしたが、フランス人は放射能やウイルスがきても、見えない壁でフランス国内には入ってこないと思っているフシがある(苦笑)。そういう冗談を言う人も少なくありません。また、ウイルスは目に見えないので、その点も人々の警戒心が低くなったり、反対に過度なパニックを起こしてしまう原因だと思います」

 決して万全な準備ができていたとは言い難いようで、各国とも混乱している状況が伝わってくる。

 「イタリアで感染者が出たあとも、『イタリア北部なら大丈夫だろう』と通常どおりサッカーの試合(欧州CL/リヨン対ユベントス)が行われるなど、大きなお金が絡むイベントは行われていました。今では職場でも握手を禁止するよう徹底されていますが、初期対応には疑問が残ります」

 今後の感染拡大を防ぐためにも、これまで以上に先手を打っていく必要があるだろう。

◆マスク着用のアジア系がヘイトの対象に

 その対策のひとつがマスクの着用だが、日本のように買い占め騒動こそ起きていないものの、手に入れても着けられない事情があるという。リヨン在住のある男性(36歳)は、その悩みを次のように打ち明ける。

 「市内ではすでにマスクを着けたアジア系への暴力行為や罵倒する様子が目撃されています。私の彼女もアジア系で、健康のことを考えたら着用してほしいのですが、真っ先にヘイトのターゲットになってしまう。着けたら殺されるんじゃないかと怖いです。本人も公共の交通機関を利用するときなど、不安なので着けたいようですが、危ないのでやめるように忠告しています……」

 もちろん地域にもよるが、身を守るためのマスクを着けることで、かえって危険に晒されてしまうというもどかしさを抱えているのだ。

◆英米でもヘイトクライムが拡大

 感染の拡大に伴って、新型コロナウイルスに関連したヘイトクライムは各国で増加している。

 イギリスでは『ザ・ガーディアン』がアジア系コミュニティへの偏見についてのコメントを紹介している。(参照:ザ・ガーディアン)

「人々は(新型コロナウイルスの)背後に人種そのものをひっくるめて見ているようです。それによって中国人や、そう見えるような人々への隠れた偏見が露わになっています。この時代、このご時世にそんなことが起きるのはショッキングです」

 リベラルな地域性で知られるアメリカ・カリフォルニア州でも同様の問題が発生している。(参照:ロイター)

 “ロサンゼルスのカーソン地区では、偽のWHOの印が押されたビラが、コロナウイルスが拡大したためアジア系アメリカ人とのビジネスを避けるよう勧告している。また、生徒たちにコロナウイルスをもったアジア系アメリカ人だと言われたロサンゼルスの中学生が、暴行を受けて病院に搬送された”

 日々変化するウイルスとは違って、偏見やデマは個々人の意識によって防ぐことができる。今後はウイルスの脅威だけでなく、ヘイトクライムによる人的被害が拡大しないようにも、より各国の対応が求められるだろう。

<取材・文/林 泰人>

【林泰人】

ライター・編集者。日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン

関連記事(外部サイト)