チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が肺感染症で入院 事務所「深刻ではない」

記事まとめ

  • チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が9日、肺の感染症で入院した
  • ダライ・ラマ事務所は「症状は深刻ではない」としており、数日間入院する予定
  • 後継選出について議論する高僧らを集めた会議は10月に開催されることになっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております