イラン外相「米は孤立、有志連合は不可能」

 ロイター通信によると、イランのザリフ外相は5日、米国が調整を進めているホルムズ海峡などでの船舶警護のための有志連合構想について、「米国は孤立しており、有志連合の結成は不可能だ」と述べた。米国が同構想を対イラン圧力強化に利用しようとしているとみて牽制した格好だ。また、英当局が7月、英領ジブラルタル沖でイランのタンカーを拿捕したのは「海賊行為だ」と強く非難した。(中東支局)

関連記事(外部サイト)