トランプ大統領が夏休み入り 18日まで

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は9日、政府専用機でワシントンを離れ、東部ニュージャージー州ベッドミンスターにある自身のゴルフ場で夏休みに入った。休暇は18日までを予定している。

 トランプ氏は「休暇中でも仕事はする」と述べている。9日にベッドミンスター入りする前には、ニューヨーク州で行われた選挙資金集会に出席。15日には東部ニューハンプシャー州で開かれる選挙集会に参加する見通しで、来年の大統領選をにらんだ活動を積極的に展開するものとみられる。

関連記事(外部サイト)