「無許可デモの宣伝をやめよ」 ロシアがグーグルに警告

デモ巡りグーグルに警告/露

 モスクワで9月の市議会選をめぐる抗議デモが続いているのを背景に、ロシアの通信監督当局は12日までに、動画サイト「ユーチューブ」を運営する米IT大手グーグルに対し、「無許可デモの宣伝を許さないよう対策を求める」と警告する文書を送った。

 発表によると、当局が問題視しているのは、動画が配信されたことを利用者に知らせる「プッシュ通知」。「グーグルが対応しない場合には、国家主権にかかわる干渉あるいは選挙妨害だとみなし、相応の措置を取り得る」としている。

 モスクワでは7月中旬以降、市議選の候補者が排除されたことに抗議するデモが週末に行われている。のべ10万人近くが参加し、2000人以上が治安当局に拘束された。主要テレビ局はほぼ黙殺しているが、民間団体がユーチューブなどを通じてデモの模様を配信している。(小野田雄一)

関連記事(外部サイト)