米フィラデルフィアで銃撃 警察官6人負傷 容疑者立てこもり

米国で銃撃 警察官6人が負傷

 【ニューヨーク=上塚真由】米東部ペンシルベニア州フィラデルフィアで14日午後4時半(日本時間15日午前5時半)ごろ、銃撃事件があり、地元警察によると少なくとも6人の警察官が撃たれて病院に搬送された。いずれも命に別条はないという。

 米メディアによると、警察官が麻薬関連の通報を受けて駆けつけたところ、容疑者との間で銃撃戦となったという。容疑者の人数や素性は不明。警察当局によると、容疑者は建物内に立てこもって発砲し、米メディアは「100発以上の銃声が聞こえた」とする目撃者の証言を伝えた。事件発生から4時間後も、警察当局が降伏するよう容疑者の説得を続けている。

 米メディアの上空からの映像によると、数十台の警察車両が現場に急行し、武装した多数の警察官が建物を包囲した。現場はフィラデルフィア北部で、近くにあるテンプル大のキャンパスは一時閉鎖された。

 米国では銃乱射事件が相次いでおり、3日には南部テキサス州エルパソで22人が死亡。中西部オハイオ州デートンでも4日未明に9人が死亡した。

関連記事(外部サイト)