北ミサイル 安保理で欧州勢が「非難」声明 米国は加わらず

 【ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮が2日に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる弾道ミサイルを発射したことを受け、国連安全保障理事会は8日(日本時間9日)、英仏独が要請して非公開会合で対応を協議した。会合後、欧州勢が非難声明を発表したが、北朝鮮との非核化協議の前進を目指す米国は加わらず安保理としての声明採択などには至らなかった。

 安保理はこの日、アフリカ関連の会合を開催。北朝鮮問題は「その他の案件」として協議された。会合後、安保理理事国の英仏独、ベルギー、ポーランドの5カ国のほか、来年から理事国入りするエストニアの代表が合同で声明を発表し、北朝鮮によるミサイル発射について「安保理決議への明らかな違反」とし、「挑発行為への非難を改めて表明する」と指摘。また北朝鮮に対し非核化に向けて「米国と有意義な協議」を行うよう求めた。

 約7カ月ぶりの非核化交渉となったスウェーデンでの5日の米朝実務協議では北朝鮮側が「決裂」を主張する一方、米国側は「良い議論だった」と異なる見解を示した。米国は非核化協議の行方を注視しており、ミサイル発射に対しても北朝鮮を刺激しないよう慎重な姿勢を貫いている。

関連記事(外部サイト)