【米大統領選】「争点の現場」(下) フロリダ州 「トランプは負けない」

【米大統領選】「争点の現場」(下) フロリダ州 「トランプは負けない」

米南部フロリダ州マイアミで開かれた政治集会「AMPフェスト」で講演するトランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏(黒瀬悦成撮影)

 トランプ米大統領は今年6月、再選出馬表明をフロリダ州で行い、10月末には居住地登録を生まれ育った東部ニューヨーク州からフロリダ州に移転したと発表した。いずれも来年11月の大統領選への布石であることに疑いの余地はない。

(フロリダ州マイアミ 黒瀬悦成、写真も)

 米国を代表する国際観光都市マイアミ。この町の一等地にあるトランプ氏一族所有のゴルフリゾート施設「トランプ・ナショナル・ドラル・マイアミ」で10月中旬、熱心な草の根のトランプ支持者による政治集会が開かれた。

 「AMPフェスト2019」と銘打たれた同集会は「言論の自由、米国文化と価値の擁護」をうたう保守系団体「アメリカン・プライオリティ」が主催。会場にはトランプ氏の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏を含む大統領と関係の深い著名人や、保守派に英雄視されている政治活動家らが次々と集結した。

 地元選出の下院議員で「トランプ氏よりもトランプ的」と評されるマット・ゲーツ氏が「有権者の『声なき声』がトランプ氏を支持している。トランプ氏は必ず勝つ」と断言すると、数百人の聴衆から万雷の拍手がわき起こった。

 女性のトランプ支持者の組織化に取り組む市民団体「ウィメン・フォー・トランプ」のエイミー・クレーマー代表は、トランプ氏がウクライナ疑惑で追及されていることに関し「私たちで力を合わせて弾劾圧力を押し返そう」と訴えた。

 主催団体がフロリダ州を会場に選んだのは、同州が共和党と民主党の支持が拮抗(きっこう)し、大統領選のたびに勝利政党が変動する「スイング・ステート(激戦州)」であるためだ。

 大統領選の本選は、両党の大統領候補が全米50州と首都ワシントンに割り当てられた計538人の大統領選挙人の過半数獲得を争う。同州は激戦州で最大の29人を抱え、「フロリダを制する者が大統領選を制する」と言われる。トランプ氏も2016年の前回選挙で同州を僅差で制した。

 前回大統領選でのトランプ氏の直接の勝因は、これまで民主党の牙城とされたミシガン州など、衰退した工業地帯「ラストベルト」を擁する中西部と東部の諸州を押さえたことだ。

 しかし、今回は民主党もこれらの州の奪還に必死だ。好調な経済はラストベルトの労働者には強力なアピール材料となるものの、トランプ氏が再び勝てる保証はない。だからこそ、トランプ氏はフロリダ州を絶対に落とせない。

 そして、トランプ陣営が再選に向けた最大の原動力に据えるのが、マイアミでの大会に参集したような草の根の支持層だ。

 トランプ氏の支持勢力が唱える、いわゆる「トランプ革命」の本質とは、政治権力をワシントンの官僚機構など有権者の審判を経ていない「ディープステート(国家内国家)」から奪い返し、一般の国民の手に取り戻すことだ。

 そのための最大の武器に位置づけられているのが、大統領が広範な支持者と瞬時に直接やり取りでき、支持者間の連携も容易にするソーシャルメディアだ。

 それだけに支持者たちの間では、ソーシャルメディアの運営者が「偽情報の排除」を口実に保守系のアカウントやサイトを閉鎖しているとの反発が強い。

 トランプ氏の盟友で、ロシア疑惑で起訴されたロビイストのロジャー・ストーン氏は「トランプ氏再選への障害は、インターネット検閲と主流派メディアの偏向報道だ」と主張する。

 1974年にウォーターゲート事件で辞任したニクソン元大統領とトランプ氏の違いは、ニクソン氏にはネットワーク化した草の根の支持勢力や、FOXニュースなどの保守系の大手メディアといった「応援団」がいなかったことだ。

 ウクライナ疑惑での逆風をよそに「トランプ氏は負けない」(ストーン氏)と断じる、トランプ氏周辺らの強気の源はここにある。

関連記事(外部サイト)