米国務長官、イランのウラン濃縮再開を非難

 【ワシントン=住井亨介】ポンペオ米国務長官は7日、イランが中部フォルドゥの地下核施設でウラン濃縮を再開したこと関して声明を出し、「国際社会を暴力とテロで脅すイラン指導部のこれまでの行動を反映するものだ」と非難。「すべての国がイランによる核開発計画による脅しを拒否し、さらなる圧力を加える行動を取るときだ」と国際社会の一致した行動を呼びかけた。

関連記事(外部サイト)