「日米の礎築いた」と称賛 トランプ氏が中曽根氏哀悼

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は11月30日、中曽根康弘元首相の死去に関し「米国民を代表し、メラニア(夫人)とともに日本国民の皆さまと中曽根元首相のご親族の方々に対して心からのお悔やみを申し上げます」との声明を発表した。

 トランプ氏は中曽根氏について、同氏の盟友だった故・レーガン元大統領の発言を引用し「友人で聡明(そうめい)なる仲間であり、太平洋で最も重要なパートナー・同盟国の指導者だった」と振り返った。

 その上で、日本を「インド太平洋および世界の平和と繁栄、自由の礎石」と位置づけ、「元首相による米国と日本の同盟強化取り組みや、アジアでの民主的統治の拡大に向けた関与は、米国と日本による地球規模のパートナー関係の基礎を築いた」と強調した。

関連記事(外部サイト)