【英国の断層〜総選挙2019(中)】取り残される北アイルランド、紛争再燃に拭えぬ不安

【英国の断層〜総選挙2019(中)】取り残される北アイルランド、紛争再燃に拭えぬ不安

ベルファストのシン・フェイン党の事務所前で元IRA民兵の男性と話す元英国兵士のリー・ラビスさん(右)=板東和正撮影

 1970年代、英国からの分離をめぐる紛争の舞台となった英領北アイルランドの中心都市ベルファスト。レンガ造りの古い建物が並ぶ一角では12日の総選挙を控え、「ノー・ハードボーダー」(厳格な国境管理はいらない)と記した選挙ポスターが至る所で目についた。

 ジョンソン首相が欧州連合(EU)と合意した離脱協定案に反対する地元政党が掲げた。陸続きのアイルランドとの国境で、税関や検問所を置かず、自由に往来できる現状が失われかねないとの警鐘だ。

 「多くの市民も不安を感じている」。こう語るのはベルファストに住むリー・ラビスさん(48)。国境管理が導入されれば「歴史が繰り返される」と表情を曇らせた。かつて英軍兵として紛争に従事した過酷な経験がよみがえる。

 紛争では英国からの分離とアイルランドへの帰属を求めるカトリック系住民、英国統治を望むプロテスタント系住民が対立。カトリック系のアイルランド共和軍(IRA)など双方の武装組織がテロを繰り広げ、98年の和平合意までに約3500人が犠牲になった。

 イングランド生まれのラビスさんは北アイルランドに派遣されたが、凄惨な戦闘に心を病んで退役。無気力感にさいなまれ、ドラッグにも溺れた。「紛争の怖さは体が知っている」。ベルファストで現在、カトリック、プロテスタント両派の相互理解を促す活動に精を出すのは、争いを繰り返させたくないためだ。相互理解のため、IRAの政治組織だったシン・フェイン党支持者とも対話する。

 離脱問題の最大の難問はアイルランドとの国境で、和平により実現した自由往来を維持する方策だった。ジョンソン氏は本土と北アイルランド間で税関検査を行うなど、事実上の国境線を海に引くことで解決を目指すが、検討中の検査法では技術的に密輸を完全に防ぐのは難しいといわれる。

 ラビスさんはアイルランド国境付近で、いずれ監視などが必要になるとみており、カトリック系過激派が反発して監視の要員やカメラを攻撃することを警戒。守る設備などを置けば国境管理とみなされ、さらに標的になると恐れる。

 「ジョンソン氏は国境管理をしないというが、だまされてはならない」。ラビスさんは語気を強めた。

 アイルランドとの国境付近で林業を営むリチャード・アームストロングさん(40)は最近、アイルランドの取引先から契約を切られたと肩を落とした。「国境が管理されれば、商品の搬送手続きが複雑になる」というのが理由。国境管理への拭えぬ不安だ。

 アームストロングさんは国民投票で離脱を支持したが、「国境管理が自分にとって問題になるとは夢にも思わなかった」と悔いる。選挙ではEU残留派への投票を検討している。

 北アイルランドを本土から事実上置き去りにする協定案には、プロテスタント系からも逆風が吹く。ジョンソン政権に閣外協力し、EU離脱を支持する北アイルランド民主統一党(DUP)は早々と反対を表明した。

 プロテスタント系過激組織の元メンバー(62)は「家族はIRAの攻撃にさらされながら、英国に残ることを求めてきた。今、英国から切り離されてはならない」と憤る。

 北アイルランドを対象に10月下旬に行われた世論調査では、EU残留を望む回答が63%で国民投票の賛成約56%を上回った。一方、現行の協定案に基づく離脱への支持は25%に低迷。「合意なき離脱」の方が支持が高い結果も出た。

 このまま離脱すれば、残留派、離脱派ともに禍根を残しかねない。「ジョンソンは北アイルランドのことを真剣に考えていない」とラビスさん。海に隔てられた本土と北アイルランドの溝が深まっている。(ベルファスト 板東和正)

関連記事(外部サイト)