孫文の「肝臓」ミステリー 一時、旧日本軍が保管していたという数奇な運命を辿る

孫文の「肝臓」ミステリー 一時、旧日本軍が保管していたという数奇な運命を辿る

旧日本軍の名も登場する「孫文の肝臓」ミステリー(出典:孫中山記念館)

 清朝を倒し、共和国の樹立を目指した革命家・孫文。辛亥革命を経て中華民国の建国を宣言、臨時大総統に就くが、皇帝の退位と引き換えに、清朝の実力者で北洋軍閥を率いる袁世凱にその地位を譲った。その後、自ら皇帝となり帝政を復活させた袁世凱と対立し、袁亡き後は北洋軍閥との闘争に突入していく。1924年11月、北洋軍閥の将校・馮玉祥(ふう・ぎょくしょう)らの要請を受け北京を目指すも、体調が急変。翌年3月12日、「革命いまだ成らず……」という言葉を遺して北京にて客死する。死因は肝臓がんだった。

 革命の中核をなした中国同盟会を日本で立ち上げるなど、日本とも浅からぬ関係を持つ孫文の最期について、日本人が知るのはせいぜいこの程度だろう。ところが、孫文の正当な後継者であると相譲らない共産党政権下の中国大陸と国民党政権下の台湾では、彼の“死後”をめぐり、いまだ決着をみない議論がある。孫文の「肝臓の行方」だ。日中戦争と国共内乱という混乱期の出来事でもあり、肝臓が行方不明になった経緯には神妙なストーリーが付きまとう。中国メディアの報道などを基にその内幕を追ってみよう。


■秘められた肝臓の保管


 孫文は生前、自分の遺体はレーニンと同じようにエンバーミングするよう、妻の宋慶齢(そう・けいれい)に言い遺していた。処置を施した北京の協和医院は、摘出した臓器は焼却したと発表した。だが実は、遺族や党の要人にも告げず、ホルマリン漬けの肝臓と病理切片、パラフィン包理標本を収蔵していたという。諸々のストーリーは、そのありえない所業を起点として展開していく。なお、遺体はその後、保存環境の不備などから土葬に変更された。

 今に伝わる肝臓の行方は、焼却処理されたという説と、中国南京市郊外の中山陵(孫文の墓)に孫文の遺体と一緒に納められたという説、国民党が台湾に撤退する際、息子の孫科(そん・か)が台湾に持ち去ったという説の3つがある。いずれも落としどころは至極真っ当なのだが、その諸説に行きつく過程で肝臓は2度も盗難の憂き目に遭った。最初の窃盗犯に挙げられたのは旧日本軍である。

 80年代に孫文の肝臓窃盗に関する中華民国時代の資料を発見し研究したという南京市档案局副局長・王?(おう・かん)が「揚子晩報」の取材に対して証言した。この記事は2014年1月24日付けの共産党機関紙「人民日報」にも転載されており、概要は次の通りだ。

 1942年初春、ロックフェラー財団が設立した北京の協和医院を日本軍が接収したときに同院の研究室で臨床記録報告書を含む孫文の肝臓などを発見。2人の日本軍将校がカルテ保管庫から孫文に関するすべての資料を持ち去った。この情報が南京“偽”汪兆銘政権(中華民国国民政府)に伝えられると、ひどく焦った汪兆銘は“偽”外交部長の?民誼(ちょ・みんぎ)を派遣し、日本大使館北平事務所や日本軍“侵華”総司令の岡村寧次と肝臓の返還について交渉させた。話はまとまり、日本軍は肝臓を差し出し、?民誼が南京に持ち帰ったという。

 記事には日本領事館や岡村大将という固有名詞が出てくるが、日本でこの一件に関する資料は今のところ見当たらない。孫文の側近だった汪兆銘は、蒋介石と袂を分かち平和的解決を目指す親日政権を打ち立てたが、日本が敗戦し賊軍となった汪政権の要人は多くが売国奴として蒋介石の重慶国民政府によって処刑された。原文の「偽」という漢字は「人々が支持しない」「かすめ取った」などの意味があり、敢えて売国奴に冠することで、官軍側の正当性を強調しているようなものである。

 なお、孫文の肝臓をひそかに保管していた協和医院では、同時期に世紀の発見といわれた北京原人の頭蓋骨(1929年、北京市南西部の房山県周口店で発掘)を保管していて、戦火を避けアメリカに移送する途中で紛失してしまう。その行方をめぐり「消えた化石のミステリー」として、やはり日本軍が日本に運んだというのが有力説となっている。


■司法取引に使われた国宝


 さて、日本軍から取り戻した孫文の肝臓一式は、南京で盛大なイベントを催して迎い入れられ、そのうちホルマリン漬けの肝臓は、1942年4月1日に中山陵の棺の前面に安置されたという。だが、安置されたはずの肝臓とほかの切片などの実際の所在は、意外な人物の告白から発覚する。日本軍から孫文の肝臓を取り戻した張本人、?民誼である。

 汪兆銘の腹心であり縁者でもあった?民誼は、汪政権の行政院副院長や外交部部長、駐日大使を歴任し、昭和天皇からは勲一等旭日大綬章を授与された人物である。戦後は重慶国民政府によって売国奴狩りに遭い、高等法院で死刑判決を受けた。

 死刑判決が宣告された後、獄中の?民誼は、実は自分が国にとって不可欠な国宝を長年保管していると供述し始めた。そして、贖罪としてその宝物を献上するので、減刑か再審を求めたという。その案件を蒋介石は、特務機関である軍事委員会調査統計局に預けた。尋問した幹部は、?民誼から渡された住所を訪ね、国宝を確認した。その国宝が孫文の肝臓だった。つまり、2度目の窃盗犯は?民誼だったのである。その後、肝臓切片とパラフィン包理標本、臨床記録なども、汪兆銘の同意を得て、上海の湯(とう)という医師に預けられた。湯医師はベルギー留学時代に癌について専門的に学んでおり、医学の研究に役立てることを考えたからだという。

 今度は蒋介石の手に渡った孫文の肝臓は、前出の王?が研究の過程で、かつての孫文の随身・范良や陵園管理?の長老らに聞き取りをしたところ、みな「肝臓は最後に焼却した」と語ったと「揚子晩報」の取材に答えている。また、切片などは1946年6月20日、蒋の命令で総理陵園管理委員会が保管することになった。

 一方、国宝を差し出した?民誼の処遇はというと、蒋介石は減刑命令を出すが、世論の紛糾や党長老の反対などを受けてとん挫。首都最高法院は再審請求を却下し、原審を支持。?民誼は1946年8月23日、銃殺刑に処された。

 それ以降の肝臓などの行方を記した文献は見つかっていないという。

 いずれにせよ、肝臓の行方について、孫文の意志を受け継ぎ蒋介石とも激しく対立した妻の宋慶齢のコメントは見つかっていない。まさか、こんな数奇な運命に辿ることになるとは夢にも思っていなかったはずである。

大江紀子(おおえ・のりこ)
チャイナウォッチャー。

デイリー新潮取材班編集

2021年5月3日 掲載

関連記事(外部サイト)

×