ロシア側が「丸亀製麺」撤退後も無断営業 メニューそのまんまの「パクリ証拠写真」

ロシア側が「丸亀製麺」撤退後も無断営業 メニューそのまんまの「パクリ証拠写真」

屋号が「マル」に変わっただけのモスクワの元「丸亀製麺」店舗

 ウクライナ侵攻を受け、ロシア国内で営業していた外国企業の撤退が相次いでいる。日本の外食チェーン「丸亀製麺」もその一つだ。だが、フランチャイズ契約をしていたロシア企業は、丸亀側に無断で従来どおりのスタイルのまま営業中だという。モスクワ在住の日本人に店内の様子をレポートしてもらった。

 ***


■「丸亀」→「マル」


 外食大手「トリドールホールディングス」傘下のうどんチェーン「丸亀製麺」は、ロシアのウクライナ侵攻を受け、3月上旬にロシア側のフランチャイズ企業と撤退について協議。全店閉店で合意し、同月末までにモスクワに展開していた7店舗を順次、閉店した。

 フランチャイズ契約が切れた以上、ロシア側はこれまでの商標は使えなくなり、類似のサービスやメニューも変更しなければならない。だが、4月9日の産経新聞によれば、実際に変更したのは屋号だけ。しかも「マルガメ」を「マル」と縮めただけで、サービスやメニューはまったく変わっていないというのだ。

「丸亀製麺はロシアで展開している唯一の日本外食チェーンでした。19年に『松屋』がロシア展開を目論み、モスクワに1号店を開店したものの、売上の不振でたった半年で撤退。一方、丸亀は13年から営業を開始し、モスクワで7店も拡大するに至った。人気の理由は、サービス内容の良さと安さです」

 こう語るのは、モスクワ在住の日本人ビジネスマンである。


■いつも通りの「ネギかけ放題」


 ロシアでは天かすやネギをセルフで好き放題盛れるようなサービスが珍しく、食事時になると満席になるほど好評だという。

「水やお茶の無料サービスもロシアにはない。だから日本と違って、みんな食後にお茶を2、3杯おかわりして、だらだらお喋りしながら過ごしています。日本人がハンバーガー屋でたむろし続けるようなイメージです」

 日本人コミュニティの中でも丸亀製麺は有名で、これまでも頻繁に利用していたという。だが、撤退したと聞いたものの、変わらず営業を継続しているのを見て驚いたと話す。ビジネスマンが送ってくれた店内写真には、壁に日本の縁日のような絵が大きく描かれており、端に「丸亀製麺」の文字も残されたままだった。

「メニュー表もそのまま使いっぱなしですね。釜揚げうどん160ルーブル(約250円)、かけうどん180ルーブル(約280円)、ロシアにしかないトムヤム海老うどん360ルーブル(約560円)も以前のまま。いつものように天かすとネギは入れ放題で、かけうどんにトッピングに二品つけても500ルーブル(770円)くらいでした」


■丸亀側は「合意内容と齟齬がある」


 このような営業実態は、商標権の無断使用にあたる可能性がある。「トリドールホールディングス」の広報は、

「名称および類似サービスを継続することは、弊社として認めたものではなく、閉店時に合意した内容と齟齬があるため、現在状況の是正を交渉中です」

 一方、日本人ビジネスマンはこう語る。

「確かにルール違反なのかもしれませんが、突然、戦争に巻き込まれて撤退されてしまった立場のロシア企業側もちょっとかわいそうな気もします。従業員に声をかけたら、『店がなくなっちゃうと思っていたんだけど、よくわからないまま営業を続けている』とホッとした様子でした。つゆは輸入しているようなので、果たして今後も同じ味を維持できるかどうか」

 プーチン大統領の暴走で混乱が続くロシア。一度失った国際社会の信用は、一朝一夕で取り戻せないだろう。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)