プーチン侵攻の背景に「大ロシア再興」という妄想 側近は愛国的な歴史修正主義者

 暴走を続けるプーチンは一体何を考えているのか。ロシアの外交・安全保障戦略に詳しい笹川平和財団主任研究員の畔蒜泰助氏に、プーチンの思想的背景について解説してもらった。

 ***

 プーチンとは何者なのかを考えるにあたって、彼を複数の「ペルソナ(人格)」で捉えるやり方があります。

 私が監訳した『プーチンの世界 「皇帝」になった工作員』(新潮社)は、まさにそうした方法で彼を分析しているのですが、今一番注目すべきは、「歴史家」の顔です。

 そもそも、彼は2000年代から徐々に“過去のロシア”との結びつきを強めてきました。

 象徴的なエピソードを一つ話すと、初代ロシア皇帝であるピョートル大帝をはじめ、歴代皇帝の胸像や肖像画を大統領執務室の控えの間に飾り出したのです。南下政策を推進し、ウクライナの大部分を併合したエカテリーナ2世の銅像も、そうしたコレクションのうちの一つに含まれています。

 また、ソ連時代は野ざらしだったロシア正教の教会も急速に修復、再建されるようになりました。


■プーチンが歴史に傾倒するようになったきっかけ


 もっとも近年、大統領が表舞台で「歴史」により深く傾注するようになったのは、欧州議会が19年9月にある決議を可決したことが大きなきっかけです。

 それによって、欧州は第2次世界大戦の起点を1939年9月のナチス・ドイツによる「ポーランド侵攻」ではなく、その前月に締結された「独ソ不可侵条約」だと解釈を変えたのです。この決議によって、ソ連は約2700万人もの犠牲を払ってナチス・ドイツを打倒し、欧州を救ったという歴史観が真っ向から否定されたわけです。

 無論、プーチンはこの歴史認識の変更に強く反発しました。彼は20年6月、アメリカの政治外交誌に「第2次世界大戦75年の本当の教訓」と題して、署名論文を掲載し、欧州議会の決議に正面切って異議を唱えたのです。さらに、昨年7月には大戦中のソ連とナチス・ドイツを同一視することを禁じる法律も発効。その同じ月には「ロシア人とウクライナ人との歴史的な一体性」なる論文も発表しています。

■歴史観を支える側近


 そうした歴史観を支えている側近の一人が、ウラジーミル・メディンスキーです。この人物は、プーチンが大統領に復帰した12年5月から文化大臣の座を占め、現在は大統領補佐官の任にあります。ウクライナ出身の歴史学者で作家という横顔も持っています。

 過去の著作では北方四島の占領を正当化する主張も行っており、愛国的な歴史修正主義のイデオローグ(理論的指導者)です。「歴史啓蒙に関する省庁間委員会」のトップでもあります。

 見逃せないのは、メディンスキーが、停戦交渉の代表を務めていることです。どれだけプーチンが今回の件で歴史問題を重視しているかが分かるでしょう。大統領にとって、今回の侵攻は単なる戦争ではありません。“歴史戦”“思想戦”でもあるのです。

 もはや、ロシア経済を立て直した「自由経済主義者」という在りし日の面持ちは、影も形もないと言わざるをえないでしょう。


■「ロシアの歴史を共有する地域はロシア」という極論


 むしろ、今日のプーチンの言動を理解するためには「ルースキー・ミール(ロシアの世界)」という独特の概念を知る必要があると、私は考えています。ロシア語を話す人々はロシア国内にとどまらず、彼らとのネットワークを重視し、必要があれば守らなければならないという世界観です。

 彼と側近らはこの考えをさらに発展させ、最近ではロシア語の話者だけではなく、たんに大ロシアの歴史を共有する人間が暮らす地域までもが“ロシア”に含まれると主張しています。

 プーチン大統領が戦争を始めるにあたって「ルースキー・ミール」という世界観が念頭にあったのは間違いないでしょう。それは、彼が東部ドンバス地方(ドネツク州、ルハンシク州)の支配にもこだわっている点からも明らかです。そこはかつて、帝政ロシアが治めていた地域ですから。

 大統領の行動は今後も第2次世界大戦と「ルースキー・ミール」という歴史観に縛られるでしょう。その意味では、毎年5月9日に軍事パレードが行われる対独戦勝記念日は重要な意味を持ってきます。この日までにドンバス地方に占領地域を広げ、勝利宣言を狙う。逆に戦況が思う通りに進まない場合、その日に間に合わせるために、化学兵器が使用されるシナリオも排除するべきではないでしょう。

「週刊新潮」2022年4月14日号 掲載

関連記事(外部サイト)