遺体に「かぎ十字」の焼き印…ロシアが「民間人虐殺」を繰り返す“明確”な理由

 ウクライナ北部、ブチャでの民間人大量虐殺に、避難民で溢れる駅へのミサイル攻撃。目を覆うばかりの出来事が日々起こっているが、我々はそれをどう「理解」すればいいのか。そして、ヒトラーと同様の妄想に取りつかれたプーチン大統領が迎える「末路」とは――。

 ***

「街の通りには遺体が、じゅうたんのように敷き詰められている」

 ウクライナ南東部の激戦地、マリウポリの市長はAP通信の取材に対して、そう惨状を訴えたという。見境のない殺りく行為を止めようとしないプーチン大統領は、ついに一線を越えたのか。

 4月11日、ウクライナ軍の精鋭部隊“アゾフ大隊”が通信アプリ「テレグラム」でこう発信したのだ。

〈マリウポリで約1時間前(現地時間11日夜)、ロシア軍が無人機を投入し、ウクライナの軍と民間人に対して正体不明の有害物質を使用した。被害者は呼吸困難などに陥っている〉

 ウクライナメディアはサリンが使われた可能性があると報じているが、そうだとすれば正気の沙汰ではない。なぜロシア軍はウクライナ兵だけではなく、民間人までをも躊躇なく殺りくするのか――。

■遺体に「かぎ十字」の焼き印が


〈レイプされ、殺された女性の拷問された遺体〉

 ウクライナの首都キーウ近郊、ロシア軍による大虐殺があったブチャで女性などへのレイプが横行していたことはすでに報じられているが、ウクライナの女性議員が自身のツイッターにアップした写真は衝撃的なものだった。その遺体の腹部には、ナチスを象徴する「かぎ十字」の焼き印が押されていたのだ。

 ロシアの独立系メディア「メドゥーサ」も次のようなブチャ住民の証言を紹介している。

〈彼らは私たちをひざまずかせ、ボディーチェックを始めました。私は若干のお金と時計を持っていました。他の人たちに対してと同じように、彼らは私の持ち物を全て持ち去りました。何もかも奪いました。彼らは何人かに目星をつけていました。身分証明書を調べて、ATO(ドンバス戦争)に参加したことのある人や、領土防衛軍に登録している人がいれば、すぐに射殺するんです。彼らは入れ墨もチェックしました。「ナチス」を探していたのです〉

 日本の報道機関でも、例えば読売新聞は、

〈露兵士「ナチスはどこだ」〉(4月8日付)

 との見出しを掲げ、

〈露軍兵は住民に、「我々はお前らをナチスから救いに来た」と呼びかけた〉

 などと伝えている。

■荒唐無稽な主張がロシア軍の一部に浸透


 女性や子供までをも無差別に殺害し、世界を慄然とさせたブチャの大虐殺。なぜロシア軍は人を人とも思わぬような行為に及ぶのか。その謎を読み解く上で重要なのが、「ナチス」というキーワードである。

 ロシアのプーチン大統領はここ数年、ウクライナ政権を「ネオナチ」と呼び続け、ウクライナへの侵攻についても「ナチ化を防ぐ」ためだと主張した。無論、ウクライナ及び同国を支援する西側諸国がかような論理を受け入れるはずもないのだが、驚かされるのは、この荒唐無稽な主張がロシア軍の一部に浸透している点。冒頭で触れた女性は狂信的なロシア兵になぜか“ナチス認定”され、「かぎ十字」の焼き印を押されたのだろう。


■侵攻前から住民殺害、略奪などを計画か


『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(岩波新書)の著者で現代史家の大木毅氏が語る。

「当初、私はこう考えていました。ロシア軍は元々もくろんでいた“無血進駐”がかなわず激戦になり、そのため大義名分として使われていた『ナチを倒す』というイデオロギーが前面に出てきて、民間人の大量殺害につながっている、と。しかし、キーウ近郊でロシア軍撤退後に住民が殺害、埋葬されている様子が明るみに出たことで、“これはもっとひどいことなのかもしれない”と感じました」

 すなわち、戦争が思うようにいかないからイデオロギーが前面に出てきたのではなく、

「侵攻する前から『ウクライナのネオナチを倒す』『ウクライナは許されない悪である』というイデオロギーを基に、住民殺害や強制移送、略奪などの全てが計画されていたのではないか、と考えるようになったのです。ロシア軍が大量の遺体を埋めるための資材を持ち込んでいるというニュースに触れ、そう考えるようになりました。最初、ロシア軍は損害はわずかだとみていたはずですから、自軍の死傷者のために大量埋葬用の資材を用意するわけがない」(同)

 では、何のためにそれらの資材を用意したのか。


■目的は国益や利害ではない?


「最初から住民を殺害して処理するために持っていったのでしょう。だとすれば、ロシアは国益や利害に基づいて動いているわけではなく、本気でウクライナのロシア化を考えているのではないか、と思うようになりました。具体的にはウクライナ人の殺害やシベリアなどへの強制連行、その後にロシア人の入植が行われる可能性があります」(同)

 ロシア軍は避難民で溢れるウクライナ東部の駅をミサイルで攻撃するなど、理解し難い殺りく行為を繰り返している。それを「正義」だと考えているのだとすれば、これほど恐ろしい話もあるまい。

「ウクライナ人は殺しても構わない、というのは、かつてソ連に攻め込んだナチス・ドイツが“スラブ人という劣った人種は殺しても構わない、むしろ殺した方がいい”と考えていたことに通じる話です」(同)


■ナチスとの共通点


 1941年から45年にかけてナチス・ドイツとソ連が戦った独ソ戦では、双方で民間人も含めて3千万人以上が亡くなった。

「今回の戦争は本質的なところで独ソ戦のようになってきた、と感じています」

 大木氏はそう語る。

「例えば、ナチスは『世界観』という言葉を多用しました。プーチン大統領にとって、ウクライナという国はロシアの一部であって、そこにナチスという敵がいたら、殺そうが強制連行しようが問題ではなく、むしろ正義。プーチン大統領の『世界観』からすれば、これはぴったり理屈に合っているわけです」

 ブチャでの大虐殺についてロシア側はウクライナの仕業だと主張しているが、

「ナチスも、ユダヤ人の虐殺が世界に知られて非難されるとまずいということで種々のプロパガンダを展開していました。今回の戦争では、虐殺が世界に知られたら大変な不利益が生じることが分かっているからウクライナのせいにする。ここだけは一般的合理性があります」(同)


■今さら総司令官を任命


 ロシアの目的は単なる併合ではなく、最初から「完全なロシア化」をもくろんでいたのではないか。そんな疑いが日に日に強まっている、と大木氏は指摘する。

「そうだとすると、今後はいくら非難されようが、占領した地域では残虐な行為でも何でもやるはずです。ABC兵器(核兵器、生物兵器、化学兵器)の中で、すでに化学兵器を使用したという報道もありますが、さらに大規模に使用してくる恐れもあるでしょう」

 首都キーウから撤退したロシア軍は今後、ドネツク州などの東部に戦力を集中させると見られている。そんなタイミングで報じられたのが、ウクライナでの軍事作戦を統括する総司令官が任命された、とのニュースである。

「通常の軍事作戦であれば、総司令官は必ず置かれるのですが、それが今までいなかったというのはにわかには信じられません。ウクライナ軍の抵抗をほとんど考慮していなかった、ということなのでしょう」

 と、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏。拓殖大学海外事情研究所教授で元時事通信モスクワ支局長の名越健郎氏もこう言う。

「今さら総司令官を置くというのは、これまでの作戦がうまくいっていないのを認めていることだと思います」


■5月9日までのロシア軍の目標は


 総司令官に任命された、と複数の米メディアに報じられたのは、ロシア軍の南部軍管区のトップだったドボルニコフ上級大将。サリンが使われた、との指摘も出ているシリア内戦で、介入したロシア軍の軍事作戦を指揮した人物だ。

 東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠氏は今後の節目として、ロシアの対独戦勝記念日である「5月9日」を挙げる。

「ナチスを倒した記念日である5月9日に勝利宣言ができれば国内的には最も良い。逆にその時点でボロ負けしていると非常にかっこ悪いわけです」

 とした上で今後のシナリオをこう分析する。

「5月9日までの見通しは大別すると二つあります。まず一つ目は、その日までに果たせたことをもって、目標達成、と主張する可能性。二つ目は、何らかの目標を達成しようとする可能性。例えば、ウクライナ東部を広範に占領することなどです」


■大量破壊兵器を使用する可能性は


 こうしたシナリオ通りにいかなかった場合、

「もう一つの可能性が出てきます。それが、大量破壊兵器を使うことです。毒ガスで都市ごと殺りくするとか、核兵器の限定使用による降伏要求、などです」(同)

 筑波学院大学の中村逸郎教授(ロシア政治)の話。

「シリアで無差別攻撃をしたドボルニコフを軍事作戦のトップにしたことで、ナチスと思われる人は民間人でも殺していい、というやり方は今後も加速していくでしょう。実態としてプーチンはヒトラーに近づいてきていると思います」

 ヒトラーは戦況が悪化する中で側近らに見放され、最後、自殺の道を選んだ。

「プーチンの場合、軍のクーデターに斃れる可能性もありますが、今後も残虐なやり方を続けることで兵士の士気が低下し、民意が離れて孤立を深めていくことも考えられます。最終的にはプーチンが自分で命を絶つしかない、ということになるかもしれません」(同)

 歴史は繰り返す。いくらテクノロジーが発展しようと、人間の愚かさはそう簡単には変わらない。

「週刊新潮」2022年4月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)