ロシア軍を苦しめるウクライナ軍“伝説のスナイパー” 劇的に変化した彼らの重要な役割とは

ロシア軍を苦しめるウクライナ軍“伝説のスナイパー” 劇的に変化した彼らの重要な役割とは

オレナ・ビロゼルスカの公式Facebookから

 ウクライナ侵攻の報道で、スナイパー(狙撃手)に関する記事が目立つ。それだけ関心が高いということなのだろう。

 ***

 各社がスナイパーについて配信した電子版の記事から、見出しだけをいくつかご紹介しよう。

◆元カナダ軍・ワリ狙撃手がウクライナに。"狙撃"について元米陸軍将校が解説(週プレNEWS:3月20日)

◆仲間に見捨てられた?ロシアの“黒豹”拘束 民間人含め約40人殺害の女性スナイパー(スポニチAnnex:4月2日)

◆【独自】伝説の女性スナイパー 自ら“死亡報道”否定…明かす本音「平和な世界好き」(テレ朝news:4月20日)

◆世界最高のスナイパー“奇跡の生還” 「抹殺」情報拡散も…ロシア軍と戦う決意(テレ朝news:4月25日)

 関心の高さについて、さる軍事ジャーナリストは「映画やコミックの状況を見ても、多くの人がスナイパーに興味を持っていたのは明らかでしょう」と言う。

「さいとう・たかを氏(1936〜2021)のコミック『ゴルゴ13』(リイド社)は、スナイパー人気を代表する作品の一つです。今年4月には何と204巻が発行されました。単一のコミックシリーズとしては世界最多の巻数であり、ギネス世界記録にも認定されています」


■狙撃兵の映画


 映画となると、もう枚挙に暇がない。そもそもスナイパーと言えば、軍隊に所属する「狙撃兵」と、警察の特殊部隊などに勤務する「狙撃手」が一般的だ。ウクライナ侵攻で注目を集めているのは、狙撃兵になる。

 狙撃兵を描いた映画も非常に多い。代表作のひとつとしては、2015年に公開された『アメリカン・スナイパー』[クリント・イーストウッド監督(91)/ワーナー・ブラザース]が挙げられるだろう。

 主人公は、イラク戦争に従軍した特殊部隊のスナイパー。実在した狙撃兵による自伝が原作となっているだけあり、内容はリアルだ。ヒット作となっただけでなく、批評家からも絶賛された。

 1998年の『プライベート・ライアン』[スティーヴン・スピルバーグ監督(75)/ドリームワークス、パラマウント]にも、射撃の際には祈りの言葉を口にするという、印象的な狙撃兵が登場する。

 2001年の『スターリングラード』[ジャン=ジャック・アノー監督(73)/パラマウント映画]の主人公はソ連の狙撃兵──こんな調子で紹介していたら、きりがない。


■スナイパーの“変化”


「日本でスナイパーへの関心が高まっている理由として、ウクライナの戦況報道も影響していると思います。ロシア軍は少将とか大佐といった指揮官クラスが相次いで戦死しており、注目を集めました。一部のメディアは『最前線に現れた指揮官を、ウクライナ軍のスナイパーが狙撃している可能性がある』と指摘しています」(同・軍事ジャーナリスト)

 ウクライナの戦場では、『ゴルゴ13』のデューク東郷のようなスナイパーがロシア軍の指揮官を次々に射殺している──思わず、こんな情景を想像してしまう。

 だが、先の軍事ジャーナリストは「完全に間違っているとは言いませんが、リアルな状況とは異なります」と言う。

「重要人物をターゲットにした“対人狙撃”がなくなったわけではありません。ただし、現代の戦争で、スナイパーはより重要な任務を帯びています。彼らは戦場の最前線で、“司令塔”としての役割が求められているのです」


■待ち伏せ攻撃


 スナイパーは、スポッター(観測手)とコンビを組む。スナイパーは前方の監視と狙撃に集中する。

 一方のスポッターは、スナイパーに標的の位置情報や風向きなどの気象情報を知らせ、射撃の指示を出し、更に周囲の安全を確保する重要な役割を担う。

 ある意味、スナイパーの上官とも言うことが可能で、階級もスポッターが上のケースが多い。

「最新型の対物ライフルだと、その射程距離は2〜3キロに達します。観測機器も発達しましたし、ドローンも活用すれば3キロ先の状況でも把握できます。通信機器の性能も向上しましたので、後方の司令部や周囲の自軍部隊と緊密な連絡が可能になりました。現代のスナイパーは“3キロの距離”を利用し、敵軍を撃破する先兵となるのです」(同・軍事ジャーナリスト)

 ウクライナにおける、具体的な状況を想定してみよう。ロシア軍の侵攻をキャッチし、待ち伏せが可能な場所が見つかれば、スナイパーの出番だ。

「この地点でロシア軍を撃破する“キルゾーン”を決めます。対戦車ミサイルや自爆型ドローンの照準をキルゾーンに合わせておくのです。スナイパーは3キロ離れた場所に、完全に偽装した姿で潜み、周囲に溶け込みます」(同・軍事ジャーナリスト)


■敵の出現


 冒頭で紹介した4本の記事のうち、2本はウクライナ軍とロシア軍の女性スナイパーについて報じたものだ。

 ウクライナ軍のスナイパーは、オレナ・ビロゼルスカさん。少なくとも10人を狙撃し、3度の叙勲を受けたという。

 記事の内容は、ロシアサイドが死亡情報を流したが、それはフェイクニュースだと判明した、というものだった。

「スナイパーは敵の出現を、長時間にわたって待ち続けます。その間、できるだけ動かないことが求められます。また、数キロ先を監視し、たとえ何の変化がなくとも、集中力を切らしてはいけません。実は、男性より女性のほうがスナイパーに向いているという調査結果もあるようです。女性スナイパーのほうが微動だにせず、辛抱強く待ち続けることが可能だというのです」(同・軍事ジャーナリスト)

 ひたすら待ち続けていると、遂にロシア軍の戦車部隊が出現した。いよいよスナイパーの出番だ。

「アメリカ軍が使う対物ライフルのバレットM82は、12・7x99mmNATO弾を使用します。直系が12・7ミリということですから、非常に大きな弾丸です。一般の兵隊が使う小銃の弾は5・56ミリですから、その凄さが分かるのではないでしょうか。ただ、これほど大口径の弾丸を使っても、戦車には効きません」(同・軍事ジャーナリスト)


■王立第22連隊


 スナイパーが狙うのは、例えば戦車の傍を走る軍用車両だ。

「フロントガラスを撃ち抜けば、戦車部隊は『敵襲だ』と急停止します。スナイパーは、ロシア軍の部隊がキルゾーンで止まることを狙って狙撃したのです。次の瞬間、ロシア軍の戦車部隊をめがけて、対戦車ミサイルや自爆型ドローンが降ってくるというわけです」(同・軍事ジャーナリスト)

 現代の戦争でスナイパーとスポッターが担うのは、「敵軍の発見と、敵軍の誘導」という重要な任務だ。

 距離3キロというアドバンテージを活かし、対物ライフルで敵軍の足を止め、キルゾーンに追いやるというわけだ。

「もちろん、スナイパーが敵軍の指揮官を見つければ、狙撃を検討するでしょう。対人狙撃がなくなったわけではありません。とはいえ、それよりも敵軍を誘導するという任務が重要視されています」(同・軍事ジャーナリスト)

 軍事ジャーナリスト氏が、戦場におけるスナイパーの役割が変わったことに気づいたのは、2011年から始まったシリア内戦だったという。

「カナダに王立第22連隊という、優秀なスナイパーで知られる部隊があります。隊員が長距離狙撃の世界記録を樹立したこともあり、その距離は3・5キロでした。この連隊が、スナイパーを司令塔とする新戦術を立案したのです。そのOBがシリアに義勇兵として渡り、対ISISの戦闘で使ったと言われています」


■一流の狙撃兵とデマの関係


 冒頭でご紹介した、

◆元カナダ軍・ワリ狙撃手がウクライナに。"狙撃"について元米陸軍将校が解説(週プレNEWS:3月20日)

◆世界最高のスナイパー“奇跡の生還” 「抹殺」情報拡散も…ロシア軍と戦う決意(テレ朝news:4月25日)

という2本の記事には、ワリという名前のスナイパーが登場する。彼こそ、王立第22連隊の名スナイパーだった。

「彼はシリア内戦にも義勇兵として参戦しました。そしてウクライナ侵攻にも駆け付けたのです。王立第22連隊の戦術を、まさにウクライナでも実行しているのでしょう。その戦果が大きかったことは、ロシアが嘘の戦死説を流したことでも明らかです。女性スナイパーのビロゼルスカさんも、ロシアメディアが死亡説を流しました」(同・軍事ジャーナリスト)

 スナイパーの世界では「戦死説が流布されたら一流」という考え方があるという。

 自軍の優秀なスナイパーは、兵士たちの誇りだ。「あのスナイパーがいる限り、我が軍は無敵だ」という安心感を生む。当然ながら士気は鼓舞される。

 だが、優秀なスナイパーが戦死したり、捕虜になったりすれば、前線の兵士は落胆する。それを狙って、敵軍がデマを流すという。


■縁の下の力持ち


「ウクライナ侵攻が始まる前、王立第22連隊はウクライナに駐在し、スナイパーを中心とした新戦術を教えました。ウクライナ軍は旧ソ連製のドラグノフSVD対人狙撃銃を使っていました。しかし、ドラグノフは設計が1964年と古く射程距離も短いため、新戦術の実行に支障が生じました。そこでウクライナ軍は、アメリカ製ライフルと同じ能力を持つ国産ライフルの製造に踏み切ったのです」(同・軍事ジャーナリスト)

 ウクライナは冷戦下の頃から軍需産業が盛んだった。激戦が報道されているハルキウには銃器の工場があり、ロシア製の性能を凌駕する国産ライフルの製造も開始していた。

「今のハルキウは激戦地ですから、銃器の工場も破壊されたかもしれません。ただ、ロシア軍の侵攻前に王立第22連隊から教育を受けたということは、今となっては非常に意味のあることだったと分かります」(同・軍事ジャーナリスト)

 ウクライナ軍がロシア軍に善戦した理由として、対戦車ミサイルや自爆型ドローンの活躍が挙げられている。だが、スナイパーも重要な役割を果たしていたのだ。

「ウクライナ軍や義勇兵のスナイパーが活躍しているからこそ、ミサイルやドローンがロシア軍に損害を与えているのです。ロシア軍の少将や大佐も、大半はドローンの爆発などで戦死したのであり、狙撃はレアケースなのではないでしょうか。ただ、その指揮を行ったのがスナイパーです。彼らはまさに、“縁の下の力持ち”だと言えます」(同・軍事ジャーナリスト)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)