ウクライナ軍に提供される榴弾砲「M777」、砲弾「エクスカリバー」の強烈過ぎる破壊力 兵器の装備でもロシア軍は惨敗

ウクライナ軍に提供される榴弾砲「M777」、砲弾「エクスカリバー」の強烈過ぎる破壊力 兵器の装備でもロシア軍は惨敗

M777(Lance Cpl. Jose D. Lujano, Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由で)

 ウクライナ軍はロシア軍の侵攻を必死に食い止めてきた。だが最近は、“反転攻勢”の可能性を報じる記事が増えている。代表的なものとして3紙の見出しを紹介しよう。

 ***

◆ウクライナ高官「5月末にも反転攻勢」 米欧軍事支援で(日本経済新聞電子版:5月2日)

◆ゼレンスキー氏、クリミア奪還目指す…米欧提供の武器そろう6月以降に反転攻勢(読売新聞オンライン:5月7日)

◆ウクライナ、東部ハリコフで反攻 ベラルーシが国境に部隊、陽動作戦の可能性(産経新聞電子版:5月11日)

 産経の記事はYAHOO!ニュースのトピックスにも転載された。担当記者が言う。

「日経と読売は、ゼレンスキー大統領の顧問が『欧米の武器供与で戦力が充実しつつあり、遅くとも6月半ばになれば反転攻勢に出られる』と発言したと伝えました。同じ文脈でゼレンスキー大統領も、2014年にロシアが併合した南部クリミアの奪還を命じました」

 いや、既に反攻は始まっている――そう報じたのが産経だ。記事の一部を紹介しよう。

《ウクライナ軍参謀本部は10日、東部ハリコフ州で新たに4集落の奪還に成功したと発表した》

《同国軍は6日にもハリコフ州の複数の集落を露軍から解放したとしており、反攻作戦の前進を示した》


■“善戦”と“反攻”の違い


 さる軍事ジャーナリストは、「これまでウクライナ軍は“善戦”していると評価されてきました。それには理由があります」と言う。

「ロシア軍は戦車部隊を筆頭に、文字通りの大軍で押し寄せてきました。ウクライナ軍は兵員も武器も足りません。そこで、少人数の部隊で待ち伏せし、ドローンや対戦車ミサイルで侵攻を食い止める戦術を採用しました。多大な戦果を挙げて世界を瞠目させましたが、ロシア軍を押し返すだけの力はありません。だから“善戦”という言葉が使われたのです」

 ウクライナ軍が耐え、ロシア軍の損害が明らかになっていくと、明らかに西側諸国の世論が変わった。アメリカに至っては外交戦略をも変更した。

「当初はロシアを刺激しないよう、アメリカは支援を手加減していました。しかし、ロシア軍の損害を見るに、相手を過大評価していたと気づいたのでしょう。今やプーチン大統領が核使用の可能性をちらつかせても、『単なる脅しだ』と判断しているようです。『ロシアを叩くチャンスだ』と積極支援に転じました」(同・軍事ジャーナリスト)


■平野部の戦車戦


 アメリカの政策転換を象徴するのが、「ウクライナ民主主義防衛・レンドリース(武器貸与)法」の成立だ。

「貸与法の成立で、武器供与の量が増えるだけでなく、迅速化も期待されます。この法律は第二次世界大戦でも成立し、連合国を勝利に導いた要因の一つとも言われました。ちなみに、この法律に従って当時のアメリカが援助したのは、ナチス・ドイツと戦うイギリスとソ連でした。それが今回、かつては支援したロシアを叩き潰すために使われるのですから、歴史の皮肉を感じさせます」(同・軍事ジャーナリスト)

 ウクライナ軍は東部戦線で本格的な反攻を行うと見られている。ゼレンスキー大統領は北東部にあるハルキウ州で、一部地域をロシア軍から奪還したと発表した(註1)。

「初期の攻防戦では、首都キーウ(キエフ)を中心とする市街地が戦場となりました。一方の東部は、広大な平野が多い地域です。ハルキウの近くにあるロシアのクルスクでは1943年、ソ連軍とドイツ軍の間で大規模な戦車戦が行われました。ウクライナ軍が東部で反攻を開始するためには、ロシア軍を圧倒するだけの火力が必要です」(同・軍事ジャーナリスト)


■性能の差


 今、世界の軍事関係者は「榴弾(りゅうだん)砲」に注目している。北大西洋条約機構(NATO)に加盟する各国が、ウクライナに続々と榴弾砲を送っているからだ。

「榴弾砲は、一般の人がイメージする“大砲”に最も近いかもしれません。戦車砲の射程距離は最大でも5キロですが、NATOの155ミリ榴弾砲なら40キロ先の目標を砲撃できます。敵の戦車の弾が届かない安全地帯から攻撃できるわけです。155ミリ榴弾砲は、最も威力の強い火砲の一つです。集中砲火を浴びせた時の破壊力は凄まじく、たとえ戦車といえどもひとたまりもありません」(同・軍事ジャーナリスト)

 注意すべきは、「榴弾砲はNATO軍の秘密兵器ではない」という点だ。起源は16世紀に遡るとされ、ごく一般的な兵器だと言える。

 ロシア軍も、もちろんウクライナ軍も、榴弾砲を持っている。ウクライナ軍は東西冷戦下では東側陣営に属していた。そのため両軍とも、同じ152ミリ榴弾砲を配備している。

「ロシア軍の152ミリ榴弾砲は、NATO軍の155ミリ榴弾砲と、ほぼ互角の性能を持っている……ことにはなっています。しかし様々な面で、NATO軍の155ミリ榴弾砲のほうが、高性能だと言えるでしょう。例えば重量の問題です」(同・軍事ジャーナリスト)


■高性能の砲弾


 ロシア軍が使う152ミリ榴弾砲「2A65」の重さは約7トン。ところがイギリスが開発した最新型の155ミリ榴弾砲「M777」は約3・1トンと重さが半分になった。

「M777が登場する前、アメリカ軍はM198を使っていましたが、こちらも重量は7・1トンありました。これだけの重さだと、ヘリコプターなら大型機でないと運べません。ところが、M777が半分の重さになったことで、一般的な汎用ヘリでの輸送が可能になったのです。更に、M198は11人の砲員が必要でしたが、M777は5人と省人化されました。1人でも兵士が貴重なウクライナ軍にとっては、まさに朗報でしょう」(同・軍事ジャーナリスト)

 重量と砲員の削減だけでもメリットは計り知れない。だが最大のポイントは、砲弾の性能だという。

「特筆すべきは、『エクスカリバー』という砲弾です。羽を持ち、外観はミサイルそっくりです。GPS誘導の機能を持っているので、目標との誤差は5メートルから20メートルと、まさにピンポイントの砲撃が可能なのです。おまけに飛距離も40キロから57キロまで飛ばせます。あらゆる面で、ロシアの榴弾砲を凌駕しているのです」(同・軍事ジャーナリスト)


■自走式榴弾砲も供与


 M777は、アメリカ、カナダ、オーストラリアからウクライナに運ばれており、その数は100門を越えたという。

「砲弾も14万発がウクライナに到着したと報じられています。全てがエクスカリバーかは不明ですが、M777で発射が可能な砲弾はNATO統一規格に準じていることも大きな利点です。NATO加盟国が砲弾を持っているので、複数の国がウクライナに供与することが可能です。一方、ロシアが使っている152ミリ榴弾砲の砲弾は、基本的に旧ソ連圏の国しか持っていません。具体的には、ベラルーシ、チェコ、スロバキアなどです」(同・軍事ジャーナリスト)

 更に「自走式」の榴弾砲も、フランスやドイツが供与を決めている。例えばフランスの「カエサル」は、大きなトラックの上に榴弾砲が搭載されている。

「ウクライナ軍の砲員も榴弾砲の扱いには慣れていますし、何より士気が極めて高いため、たちまちM777の操作方法を習得してしまったようです。一方の自走式榴弾砲は、さすがにすぐには使えせん。それなりの期間、訓練を受ける必要があります。この“時間差”が、東部戦線の作戦に影響しているように見えます」(同・軍事ジャーナリスト)


■参謀総長を砲撃?


 現在、ウクライナには、NATO加盟国から送られた榴弾砲が次々に届き、「まるで榴弾砲の“見本市”みたいになっている」(同・軍事ジャーナリスト)という。

 これほどまでに榴弾砲が集まっているのは、ウクライナ軍とNATO軍の司令部が密接な連絡を取り合っている可能性があるからだ。

「戦車、ドローン、そして自走式榴弾砲といった火力が充実するまで、東部戦線で持ちこたえる必要があります。そのための作戦を、ウクライナ軍とNATO軍で共同して立案したのではないでしょうか。具体的には、ロシア軍の榴弾砲が届かない“安全地帯”から、M777で激しい砲撃を加えていると考えられます」(同・軍事ジャーナリスト)

 ここで思い浮かぶのが、時事通信が5月3日に配信した「ロシア軍トップの負傷確認できず 東部戦線で士気低下、補給に難―米高官」の記事だ。

《米国防総省高官は2日、ロシア軍制服組トップのゲラシモフ参謀総長がウクライナ東部ドンバス地方に滞在していたと明らかにした。ただ、ゲラシモフ氏が同地で攻撃を受けて負傷したとする一部報道については「確認する立場にない」と述べるにとどめた》

《高官は「ゲラシモフ氏は(前線を)視察し、戦況の評価を行った可能性が高い」などとの見方を示した。ウクライナ紙キーウ(キエフ)・ポストはこれに先立ち、ゲラシモフ氏が4月29日にウクライナ東部イジュームを訪問し、そこで奇襲砲撃を受けて負傷したと伝えていた》


■東部戦線の戦術


 M777とエクスカリバーの性能は、前に説明した通りだ。記事にある《奇襲砲撃》が、M777の長距離砲撃を意味しているとすれば合点がいく。

「特に重要視している目標は、ロシア軍の兵站(へいたん)でしょう。東部戦線でもロシア軍の輸送能力は充分ではなく、部隊には必要な物資が届いていないと言われています。それでも、何とか最前線に届いた貴重な弾薬、食料、医療品といった物資の集積場をM777で砲撃することで、ロシア軍を干上がらせようとしているのではないでしょうか」(同・軍事ジャーナリスト)

 もちろんチャンスがあれば、戦車も砲撃する。こうしてロシア軍の侵攻を何とか食い止め、NATO諸国の武器が揃うのを待つ──。

「続々と送られてくる武器がウクライナ軍に行き渡り、自走式榴弾砲の訓練が終わるのが《遅くとも6月半ば》。準備が整えば、一気に東部戦線で反攻の狼煙を上げる。大統領顧問の発言を読み解けば、こんな感じになるのではないでしょうか」(同・軍事ジャーナリスト)

 反攻はまず、前方に展開するロシア軍の榴弾砲を砲撃。損害を与えたことが確認できたら、戦車と歩兵が協力しながら前進する──東部戦線では、このような戦術が採用される可能性があるという。


■“改造戦車”の実力


「ウクライナ軍が使っている戦車は、ロシア製の『T-72』です。兵士が使い慣れていることもありますし、ロシア軍のT-72を相当に鹵獲(ろかく)したので、これも使えば戦力アップになります。その結果、反攻しようとするウクライナ軍も、押し戻そうとするロシア軍も、今回の侵攻で評価がガタ落ちしたT-72を中心に戦うという奇妙な状況になりそうなのです」(同・軍事ジャーナリスト)

 とはいえ、同じT-72であっても、やはりウクライナ軍のものとロシア軍のものでは、性能が違う可能性があるという。

「ウクライナ軍は、自軍のT-72が壊れたり、ロシア軍のものを鹵獲したりすると、チェコやポーランドに修理を引き受けてもらいます。両国とも東側諸国でしたから、今でもT-72を使っています。ところが、西側の部品を使うなど自分たちで改良し、T-72の性能を上げているのです。修理してウクライナ軍に戻す時も、同じような改造をする可能性があります」(同・軍事ジャーナリスト)

 繰り返しになるが、ウクライナ軍は圧倒的に兵員の数が足りない。だが、兵士の士気は高く、武器や装備の質は高い。


■鍵を握るオデーサ


 一方のロシア軍は、兵員や戦車の数なら圧倒的に多い。だが、兵士の士気は低く、武器や装備の質は低い。輸送の問題も解決できず、最前線は物資の不足に苦しんでいる。

 こんな両軍が、遅くとも6月半ばには東部戦線で激突するわけだ。勝敗の行方を世界中が注視しているのも当然だと言える。

「ロシア軍はキーウ侵攻でも撃退されましたが、今回の東部戦線でも充分な戦果を挙げられていません。マリウポリも完全には陥落していないとも見られています。こうした状況から考えると、もしウクライナ軍が本格的な反攻を開始すると、ロシア軍が耐えきれなくなる可能性もあると思います」(同・軍事ジャーナリスト)

 鍵を握るのは、南部の要衝、港湾都市のオデーサ(オデッサ)だという。

 AFP・時事は5月11日、「オデーサに複数のミサイル攻撃 ウクライナ南・東部で戦闘続く」と報じた。既にオデーサは戦闘状態にある。

「ロシア軍がオデーサの陥落に成功すれば、重要な港湾都市を手に入れることになります。プーチン大統領にとっては、“戦果”を誇ることができます。一方、ウクライナにとってオデーサを失うことは、黒海へのルートを絶たれ、“内陸国”になってしまうことを意味します。対ロシアとの戦争という観点だけでなく、戦後の経済復興という点からも絶対に容認できません」(同・軍事ジャーナリスト)


■停戦交渉


 ロシア軍は数が頼みだ。本来、両面作戦は戦力が分散するというデメリットが多い。だが、東部戦線とオデーサの両方に進軍すると、ウクライナ軍を二分させることができるというメリットがある。

「ゼレンスキー大統領も南部クリミアの奪還を掲げるなど、東部と南部の両面作戦に意欲を見せています。今後の戦況がどうなるのか、なかなか予測は困難ですが、ウクライナ軍のやるべきことははっきりしています。とにかく、優秀な装備でロシア軍に徹底的な損害を与えること。ロシア国内の厭戦気分を高め、停戦交渉の糸口を探ることが、第一目標になるのではないでしょうか」(同・軍事ジャーナリスト)

 日露戦争(1904〜1905)でも、日本は日本海海戦で決定的な勝利を収め、アメリカの仲介でポーツマス条約を結ぶことに成功した。ウクライナでも同じことが起きれば、ひとまず世界が安堵するのは間違いない。

註1:ゼレンスキー氏「ハルキウを奪還した」マリウポリ製鉄所でも抗戦(FNNプライムオンライン:5月11日)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)