核ミサイルを発射すれば「ベルリンまで106秒」 ロシアの“脅し”…核が使用される条件とは?

「核ミサイルを発射すれば、ベルリンまで106秒」。ロシアのテレビでは女性キャスターが平然とそんな“脅し”を口にしているというから不気味である。戦況が膠着(こうちゃく)する中で対独戦勝記念日を迎えたプーチン大統領。追い詰められた独裁者は、核使用に踏み切るのか。

※この記事にはショッキングな描写が含まれています。

 ***

 5月9日、第2次世界大戦の対独戦勝記念日を迎えたロシア・モスクワの赤の広場では大規模な軍事パレードが行われた。その日を前に、ウクライナ東部での攻撃を激化させたロシア軍の侵攻を、いまだ士気の高いウクライナ軍が必死に防いでいる――。こうした現状は新聞やテレビを見ていれば把握できるが、そこに今回の戦争のリアルな“手触り”はない。それよりは、次のようなニュースの背景にこそ、悲劇の実相が隠れているのではないか。

〈ロシア強制収容所、マリウポリ周辺に設置か 米大使、住民連行を懸念〉

 5月3日、産経新聞のデジタル版はそんな見出しの記事を配信した。

〈米国のカーペンター駐欧州安保協力機構(OSCE)大使は2日、国務省で記者会見し、ウクライナ南東部マリウポリ周辺にロシアが強制収容所を少なくとも四つ設置し、ロシア軍が制圧した他の地域にも複数あるとの見方を示した〉

■ナチスの絶滅政策を思わせる「選別収容所」


 この記事で〈強制収容所〉となっている部分は外紙などでは“filtration camps”と報じられており、より正確に訳すなら「選別収容所」となる。

「ナチス・ドイツの場合、強制収容所の入り口で即時殺害か、強制労働に使うかの“選別”が行われました」

 そう語るのは、『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(岩波新書)の著者で現代史家の大木毅氏である。

「今、ウクライナでも『選別収容所』ができ、ロシアにとって危険な人間はその場で殺害し、そうでない人間は重労働などをさせて使おうということであれば、いよいよナチスに近づいてきたという印象があります。だんだんとエスカレートし、システマティックになっていったナチスの絶滅政策を連想させます」


■拷問で足の指を全て…


 人間が人間を強制的に収容、選別して殺害する。そんなおぞましい事態がこの現代に再び出来しようとは、誰が想像できただろうか。

「ナチスの時もそうでしたが、国家を統合して戦争に向かわせるためには大義名分が必要です。そこに行けば土地が与えられるといった収奪的理由ではなく、自分たちを脅かす恐ろしい敵、それがナチ化したウクライナ人だ、というようなレトリックが非常によく効くのです」(同)

 選別収容所では何が行われているのか。4月25日、英BBCニュースが紹介したのは、マリウポリ郊外に設営された収容所に一時収監された人物の証言である。

〈高齢者は、マットレスや毛布もなしに、廊下に寝ていたとOlenaは言う。何千人もの人々に対してトイレが一つ、シンクが一つしかなかった。赤痢がすぐに広がり始めた。「身体を洗って清潔にすることなど不可能で、臭いもものすごくひどかった」〉

 BBCは4月29日にも収容所での拷問について報じている。その生還者、〈ニキータ〉さんはロシア軍による拷問で足の指を全て失ったという。

〈ニキータさんの指の関節には最近できた傷がある。ロシア人たちがレンチで指の関節を締めつけ、皮膚が裂けるまで回したためにできたものだ〉

■21本のバラ


 以下は、ウクライナ軍が盗聴して公開した「ロシア兵と母親の会話」。それが伝えるのは、拷問の凄絶さだ。

息子「FSB(ロシア連邦保安庁)の職員が捕虜を拷問した。リトルローズって知ってる?」

母「いいえ」

息子「男性の体に21本のバラを生やすんだ。20本の指とペニスだよ。ごめんね」

母「いいわよ」

息子「バラの花が開くのを見たことある?」

母「あるわ」

息子「(それと)同じだよ。肉がついた皮膚を切りとる。全ての指を切る。そして、あとでそこ(ペニス)をやるの。これを男の体の21本のバラっていうんだ」

 このやり取りをツイッター上で紹介した人物は、最後にこう記している。

〈これは、確立された国家的に組織されたシステムなのだ。一人や二人のサディストの「過剰な」行為ではない。チェチェンからシリアまでの今までの多くの拷問キャンプと同様に、FSBの秘密警察によって組織されているのだ〉

 大木氏が言う。

「これは私自身深く反省するところではあるのですが、非戦闘員の大量殺りくなどの残虐行為はシリアでも行われていたことなのです。ウクライナで行われていることが許せない、というのなら、シリアで悪事を働いた時に声を上げるべきだったと思います」


■殺りく行為をロシア国民はどう考えているのか


 同胞であるロシア兵がウクライナの地で繰り広げている殺りく行為について、ロシア国民はどう考えているのか。5月8日、東京・渋谷で行われた反戦デモに参加した、日本滞在歴10年弱の49歳のロシア人男性に聞くと、

「80代の私の父親はモスクワにおり、スカイプを使ってやり取りができています。ただ、父はロシアがウクライナで“何か”をやっている、といった認識しかなく、戦争になっていることは理解していません。朝から晩までテレビから流れてくるプロパガンダに触れているので仕方ないことかもしれません」

 やはりデモに参加した30歳のロシア人女性は次のように話す。

「モスクワにいる私の家族は皆戦争に反対しています。ただ、その立場を表明すると捕まってしまうので、家の台所などでひそひそ小声で話すしかないのです。どこで誰が聞いているか分かりませんから……」


■ロシアから388万人が国外に“逃亡”


 現在、ロシアではウクライナ侵攻を批判すると最長で15年の禁錮刑に処される可能性がある。ロシアの独立系メディアが報じたFSBの統計によると、今年1月から3月に約388万人がロシアから国外に出たという。ロシア国民の“絶望”を伝えて余りある数字ではないか。

 そんなロシア国内の、気になる“変化”。それは、国営テレビなどで「核兵器」に関する過激な発言が公然と行われるようになったことである。例えば4月末、ロシアの国外向けテレビネットワーク「RT」編集長で保守の論客として知られるマルガリータ・シモニヤン氏は出演したテレビ番組でこう述べている。

〈核攻撃で全てが終わることは信じられないが、他の結果よりも起こる可能性が高いと私には思われる。一方では恐ろしいことだが、他方ではそういうものだと理解している〉

 また、別の番組では女性キャスターがこう発言した。

〈核ミサイルをカリーニングラード(バルト海沿岸のリトアニアとポーランドに挟まれたロシアの飛び地)から発射すれば、ベルリンまで106秒、パリまで200秒、ロンドンまで202秒よ〉

 筑波学院大学の中村逸郎教授(ロシア政治)の話。

「テレビなどで核使用に言及することには、軍事大国ロシアの面目を保つ目的があるのだと思います。そして軍事大国としてのアイデンティティーを失わないために、抑止力として核を保有するだけではなく、実際に使用してくる可能性はあると思います」


■エスカレーション抑止


 核兵器は、戦略核と非戦略核に大別され、非戦略核とは、射程が短い戦術核や低出力核兵器を指す。

「戦略核というのは、ロシアからであればアメリカのワシントンやニューヨークまで届くほど射程距離が長く、威力が大きなものを指します。大きさがメガトン級のものもありますので、これが撃たれた時点で、世界が終わってしまうというレベルの兵器です。米ロは互いに、相手が撃ったら報復することになっているので、使わないことを前提にお互いを抑止し合う、そういう文脈にある核兵器です」(軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏)

 無論、プーチンが使う可能性があるのは非戦略核の方である。

「小型核といえど、小さいもので5キロトン未満、大きいものだと数十キロトンから100キロトン以上のものまであります。広島に落とされた原子爆弾が15キロトンだったことを考えると、小型核でもそれなりに威力が大きいことが分かります。その意味で、小型核でも使用には、政治的に大きなハードルがあることは間違いありません」(同)

 当然ながら核を使用するためには説得力のある「理屈」が必要、というわけである。その「理屈」として持ち出される可能性があるのが、「エスカレーション抑止」と呼ばれる概念だ。


■「今すぐに核を使うという感じではない」


 防衛研究所主任研究官の山添博史氏が語る。

「ロシア軍の公式文書や規則には載っていませんが、その前提の上で考え方を説明すると、先にロシアが核兵器を使うことで相手側に援軍などを呼べなくして抗戦を諦めさせる、というもの。今回で言えば、NATOの直接介入を防ぐ、ということは目的になり得ます」

 先の黒井氏はこう話す。

「私が一番注目しているのはプーチンの言葉です。彼の言葉は非常に計算されていて、全てが次に何をやるか、その自己正当化の布石になっています。それを見ている限り、今すぐに核を使うという感じではない。もう少し脅しの程度が上がってきたら、というところではないでしょうか。ただ、アメリカがやり返してこないと踏めば、核使用に踏み切る可能性はあります」

 渋谷での反戦デモに参加していた26歳のロシア人女性に、核使用の可能性が指摘されていることについて問うと、しばらく絶句。そして、言葉を絞り出した。

「……そんな可能性は考えたくもないです」

 デモ参加者の30歳のロシア人女性(前出)は、

「核兵器を使用するなんて映画の中だけの話だと思っていましたが、その可能性がテレビで指摘されるようになったということはとても恐ろしいです」

 49歳のロシア人男性(前出)は、次の点を強調したいという。

「これはロシア対ウクライナの戦争ではない。プーチン対ウクライナ、専制主義対民主主義の戦いです」

 その過程で核が使用されるのか否か。残念ながら、見通しは混沌としている。

「週刊新潮」2022年5月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)