辞任するジョンソン英首相と痴漢議員の関係 若い男性のお尻をギュで問題に

辞任するジョンソン英首相と痴漢議員の関係 若い男性のお尻をギュで問題に

ボリス・ジョンソン首相

 主要閣僚や政府高官50人がドミノ辞任した影響で、7月7日、イギリスのボリス・ジョンソン首相(58)は与党・保守党の党首を辞任、次の党首が決まり首相も交代すると発表した。首相を辞任に追い込んだ大きな原因として、保守党のクリス・ピンチャー院内副幹事長(52)の性的スキャンダルがある。6月29日、会員制クラブで男性2人に痴漢行為を働いたのだ。

 ***

 ジョンソン首相は、今年に入ってから不祥事で支持率低下に苦しんでいた。

 2019年7月末に首相に就任したジョンソン氏は、EUからの離脱が最大の争点になっていた同年12月の総選挙で与党・保守党を圧勝させた。2020年1月、EU離脱を実現させ、評価された。

 ところが今年1月、新型コロナによるロックダウン中に首相官邸で首相のバースデーパーティーなど複数のパーティーを開いていたことが発覚。下院議会で野党党首から首相としての資質が問われ辞任を迫られた。

 4月、パーティーを行ったことは新型コロナ対策の規則違反になるとし、警察当局から罰金の通知がきたことを明らかにし、謝罪した。


■お尻をギュッと


 5月に行われた地方選挙で保守党は大敗。それでも6月6日、下院議会での党首信任投票では、賛成211人、反対148人となり、反対票が過半数に達しなかったため、続投することになった。

 もっとも、ほっとしたのも束の間、6月29日、ピンチャー議員が保守党の会員制クラブ「カールトン・クラブ」で泥酔した挙げ句、2人の男性客を襲い、痴漢行為を働いたのだ。この責任をとって30日、ピンチャー議員は院内副幹事長を辞任した。

 ピンチャー議員は2017年、ボート競技の元オリンピック選手で保守派活動家のアレックス・ストーリー氏に性的関係を迫り、問題になったことがある。

「ストーリー氏は政治家を目指していました。そこでピンチャー議員は『僕といい関係になってくれたら、政治家にしてあげる』と言ったのです」

 と解説するのは、元国連職員でロンドン在住の著述家・谷本真由美氏。

「その後彼は、ピンチャー議員から性的関係を迫られたとみんなに言いふらしたので、ピンチャー議員がゲイであることがみんなに知られてしまったのです」

 ピンチャー氏は2010年初当選し、ジョンソン政権では外務省やレベリング・アップ(地域活性化)担当相の政務官を務め、今年2月に院内副幹事長に就任していた。

「ピンチャー議員は奥さんがいるのに、若い男性が好きなんです。男性のお尻をギュッと握るセクハラ行為をこれまで何度も行っています」


■ピンチャー議員と友人


 6月29日に再び問題を起こしたピンチャー議員。これでジョンソン首相の任命責任が問われることに。

 首相官邸の報道官は当初、「ジョンソン首相はピンチャー議員のセクハラ行動について認識してなかった」と説明した。ところがその後、3年前にセクハラの被害者から苦情が寄せられた際、ジョンソン首相も報告を受けていたことが明らかになった。すると、7月5日、ジョンソン首相は「ピンチャー議員を任命したのはミスだった」と謝罪したのだ。

「イギリスでは“偽証”は致命的です。これで閣僚や政府高官がジョンソン首相に愛想をつかし、次々と辞めて行ったのです。閣僚や高官が50人以上辞めるなんて、前代未聞のことです。ジョンソン首相は、EU離脱を実現させたことで評価されました。しかし彼の実績はそれだけ。コロナの最中に友人を集めてパーティー開いたり、セクハラ議員を要職に起用したりして、化けの皮が剥がれた感じでしたね」

 ジョンソン首相は、そんな問題のある人物をなぜ副幹事長に任命したのか。

「ジョンソン首相とピンチャー議員は元々仲がいいんですよ。友人の関係だそうです。ジョンソン首相は自分の周りを友達でかためるところがある。問題があっても親しいから起用したということです」

 批判された首相官邸での開いたパーティーも、自分の友人ばかり招いていたという。

「ジョンソン首相は、自分の誕生パーティーも首相官邸で開いていますが、そこには一般人の友人も招いているのです。国民から顰蹙を買うのも当然です。そもそも、政治家に向いてなかったのかもしれません」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)