故・シラク仏大統領「日本との出会いがあったからこそ当選できた」と発言

■玄人顔負けの美術品の目利き


 9月26日に亡くなった元フランス大統領のジャック・シラク氏は日本文化の愛好家で知られたが、日本との出会いがあったからこそ大統領になれた。それほど日本との絆は深かった。

 日本文化への造詣の深さで知られるシラク氏だが、正確には日本、朝鮮、中国、インドなどの歴史と文化を包含した東洋文明全体への敬意と愛着があった。その中で、日本との交流の中で育まれた太い人間関係もあって、日本文化への愛情はひときわ大きかった。

 同氏が東洋文明への興味をもったのは中学生時代だ。凱旋門に近いパリのギメ美術館で仏像に魅せられ、学校が終わると毎日のように通った。美術館の警備員と親しくなり、彼に頼まれて近くのカフェに使い走りをし、エスプレッソのカップを届ける代わりに、ただで美術館への出入りが認められるようになる。警備員はそんなシラク氏を、美術館に足しげく通う東洋美術に詳しい亡命ロシア人に引き合わせた。

 ロシア革命でフランスに亡命したこの帝政ロシアの元外交官は当時60代。自宅アパートでシラク氏にサンスクリットやロシア語を教え、その合間にインドや中国、日本などの東洋美術の素晴らしさを話してくれた。

「ロシア語とサンスクリットは全くものにならなかったが、東洋文明について学んだことは私の血となり肉となった」とシラク氏は語っている。シラク氏が専門家も舌を巻く玄人顔負けの美術品の目利きとなるのは、この時の経験が基礎となっている。

 その中で日本との出会いがあった。シラク氏の来日回数は50回を超えているが、60年代に初来日したとき奈良を訪れ、法隆寺で百済観音と対面した。「ひと目見て私は衝撃を受け、日本にたちまち魅了された」と語っている。この百済観音をフランスに持ってくるのがシラク氏の長年の夢となる。

 これを実現したのが大統領だった1997年だった。カウンターパートは朋友の橋本龍太郎首相。この年の「フランスにおける日本年」の目玉企画としてフランスで展示したいという大統領に、橋本首相もフランス政府の要望に応えるよう関係者に強く要請した。こうして門外不出の百済観音のルーブル美術館での展示が実現した。

 シラク氏は日本の政治家や財界人によく「万葉集は世界で三指に入る詩集の最高傑作だ。日本は誇るべき世界文学をもっている」と述べている。また相撲を「精神性の極めて高い伝統競技」と絶賛し、その入れ込みようは並みでなかった。2000年7月の名古屋場所から、大相撲の優勝力士に贈る「フランス大統領杯」を新設した。この新設式をとり行うため、九州・沖縄サミット出席前にわざわざ名古屋場所に足を運んだ。この「フランス大統領杯」は現在も「日仏友好杯」として続いている。


■大統領当選の原動力になった箱根滞在


 シラク氏が大統領になるにあたっては日本が大きな力となった。大統領選の2年前の93年、当時パリ市長だったシラク氏率いる保守・共和国連合(RPR)は総選挙で勝利した。氏は腹心のバラデュール氏を首相に送り込み、社会党のミッテラン大統領とコアビタシオン(保革共存政権)を組ませた。党と政府と首都を押さえ、シラク氏は盤石の布石を打ったと思われた。その矢先、バラデュール氏が大統領選出馬を表明したのだ。

 さらにシラク氏が目をかけてきた党の若手ホープで、首相府スポークスマンのサルコジ氏(後の大統領)も「私は首相の側につく」とシラク氏と決別する。相次ぐ側近の裏切りにシラク氏は孤立し、支持率も低迷した。大統領の座は遠のいたように見えた。失意にあったシラク氏に立ち直りのきっかけを与えたのが日本だった。大統領選まで1年を切った94年初夏、シラク氏は休暇をとって単身来日して、「東京から2時間のところの、山の中腹にある旅館」にこもった。同氏が常宿にしている箱根の老舗旅館である。

 後にシラク氏は12年の大統領ポストを終える前、フランスのジャーナリストとの7カ月にわたるインタビューの中で、この時のことを詳しく語っている。それを踏まえ、ジャーナリストはこう書いている。

「メディア政治の裏切りと腐臭を遠く離れ、シラク氏はいつものお気に入りである畳の上に直に横になり、障子や日本風呂を愛(め)で、懐石料理に舌鼓を打った。青空の下、近くにある彫刻美術館にも足を運んだ」

 この滞在がもった意味について、ベルナデット夫人もインタビューでこう述べている。

「修道院のように世俗から隔絶したあの日本の日々が、夫の大統領当選の原動力になりました。滞在中、夫は一人考え、書きものをして過ごしました。フランスのように周囲の目を意識する必要もなく、孤独の重さをズシリと受け止めたはずです。あそこから夫は立ち上がりました」

 日本から戻ったシラク氏は、パリ中心の見た目に華やかな集会や演説会を止め、地方を丹念に回り、人々と地道に交わる運動に切り替えた。そして大統領選まであと2カ月という95年2月、世論調査で初めてトップに立ち、そのまま大統領選になだれ込んで勝利を手にした。シラク氏は「あの地方回りが奏功した」と振り返るが、日本滞在が自分を客観視し、運動戦術を転換するきっかけとなったのである。


■橋本龍太郎首相とウマが合った


 シラク氏が大統領だった95年から07年までの12年間、日本の首相は村山富市首相から安倍晋三首相(第1次政権)まで6人を数えるが、訪仏した各首相に対して大統領は毎回、工夫を凝らしたもてなしを演出した。6人の首相の中でもっともウマが合ったのが橋本首相だった。2人の出会いはシラク氏が大統領に当選した直後の95年6月、日本と欧州連合(EU)の首脳会議のため、村山富市首相と通産相だった橋本氏ら主要閣僚が訪仏した時だった。

 吟醸酒や純米酒など日本酒も用意されたエリゼ宮での昼食会では蒙古襲来が話題となった(シラク大統領はワインが余り好きでなく、日本酒の愛好家でもあった)。日本の歴史と文化に詳しい大統領が、フランス側出席者に源義経は平泉で亡くなったのではなく、モンゴルに逃れ、チンギス・ハンになったという伝説があると話したのがきっかけだった。

「なぜ元は日本を屈服させられなかったかご存知ですか」と大統領。

「カミカゼが吹いたからです」と橋本氏。

「それは第1回のときで、私が言っているのは2回目の1281年のことです。あのとき、日本は元の兵力に上陸を許しましたが、それを再び押し返しました。自力で国を守ったのです」と大統領。

 年号までスラスラ出てくる大統領に日本側は押されっぱなしで、「橋本氏一人が頑張っていました」と居合わせた松浦晃一郎・駐仏大使は語っている。このとき、シラク、橋本両氏が互いにウマが合うと感じたことは想像に難くない。

 2人に共通しているのは読書家で、文化の造詣が深く、知的好奇心を刺激する会話を楽しむことだった。日本では理屈っぽいと受け止められた橋本氏は、論理を重視するフランス人と波長があった。その率直な物言いも好感を持たれた。

 橋本氏は首相になると96年にシラク大統領を国賓として日本に招いた。先に触れたようにシラク大統領の希望に応え、97年の百済観音のフランス展示を支援した。この返礼で、大統領は99年に、「日本におけるフランス年」の目玉として、門外不出のルーブル美術館所蔵の「民衆を導く自由の女神」を、同美術館の反対を押し切って東京国立博物館に貸し出した。

 橋本氏は首相を辞任後、日仏賢人会議、日仏友好議連会長、また日仏対話フォーラムの共同議長をシラク大統領と共に務めた。03年6月、パリで日仏賢人会議と日仏友好議連の会議が開かれた折、シラク大統領は橋本氏と2人だけの昼食会をもった。


■サントリーが買収し育ててきた赤ワイン


 その時のメニューである。

 サーモンのカルパッチョ、キャビア、サラダの取り合わせ
 鶏のササミ、ジロール茸と共に
 ポテトのサラダ
 チーズ
 パイナップルのシャーベット

 ボーヌ第1級 クロ・デ・ムーシュ 90年
 シャトー・ラグランジュ 88年
 シャンパン ブリュノ・パイヤール 90年

 昼だから軽めだ。サーモンに合わせた白の〈クロ・デ・ムーシュ〉はブルゴーニュ地方の2番手。赤の〈シャトー・ラグランジュ〉はボルドー地方メドックの第3級。当時、エリゼ宮が現職の首相に供するレベルのワインである。

 ただ赤ワインはただのワインではない。日本のサントリーが83年に買収し、育ててきた一本だ。欧米企業以外の外資の買収を仏政府が認めた最初の事例で、買収までには「日本企業がフランス文化を侵略」といった批判記事が仏紙を飾った。しかしサントリーは買収後、地道にテコ入れし、買収前は「第3級のレベルに届かない」と言われていたこのワインは、逆に「第2級相当の実力をもつ」とまで言われるようになった。

 この昼食会はサントリーの買収から20年。大統領は日本の企業が所有するワイナリーの20周年を橋本氏と共に祝おうと考えたのだろう。恐らく昼食会でこのワインに言及したことだろう。

 米主導のイラク戦争が5月に終わったばかりの時だった。シラク大統領は日本の国会議員を前に、米国の単独行動主義を盛んに批判した。黙って聞いていた橋本氏がちゃちゃを入れた。「でもその米国を生んだのはフランスでしょう。文句言いなさんな」。米国の対英独立戦争をフランスが支援し、米独立に大きな貢献をした史実を引き合いに皮肉ったのだ。シラク大統領は苦笑いするしかなかった。こうした橋本氏の機知にとんだ突っ込みを大統領も好んだ。橋本氏が06年に亡くなったときは、「広く文化に精通し、国際情勢に対する秀でた知識と豊富な経験の持ち主だった」と、その死を悼む大統領声明を出している。

西川恵

2019年10月2日 掲載

関連記事(外部サイト)