日本人が知らない親日国は南米「ボリビア」 ドイツやオランダよりも尊敬される理由

南米「ボリビア」は日本人が知らない意外な親日国 日本のオフロード車の信頼高く

記事まとめ

  • 日本のことが好きな国・地域のトップは、台湾やタイ、フィリピン、ベトナムが同率1位
  • 南米のボリビアも大の親日国で、「ボリビア人にとって、日本は特別な国」と識者は語る
  • ボリビアは地形に変化が富んでいるため、日本のオフロード車が信頼されているそう

日本人が知らない親日国は南米「ボリビア」 ドイツやオランダよりも尊敬される理由

 電通が実施した「ジャパンブランド調査2018」によると、日本のことが好きな国・地域のトップは、台湾、タイ、フィリピン、ベトナムが同率で1位だった。5位はマレーシア、6位は香港、7位はインドとシンガポール。実は、親日国ランキングには一度も登場したことのない、大の親日国がある。南米のボリビアだ。なぜこの国が親日国になったのか。

 ***

 南アメリカ大陸のほぼ中央に位置するボリビアは、日本の面積の約3倍の国土を有し、人口は1080万人(2015年)。うち日系人が約1万人強住んでいる。観光地で有名なのは、チチカカ湖、絶景で知られるウユニ塩湖、キューバ革命の指導者、チェ・ゲバラが戦士した村イゲラなどがある。標高3000〜4000メートルに多くの町がある天空の国で、6000メートル級の高峰が14座もある。事実上の首都となるラパスは標高3650メートルで、世界最高所の首都という。

「親日国といえば、一般的に台湾やトルコが有名です。南米について言えば、アルゼンチンやチリ以外の国は親日国になっています」

 と語るのは、10月に、『世界のニュースを日本人は何も知らない』(ワニブックス|PLUS|新書)を出版した谷本真由美氏。同氏は、17歳から旧ソ連、モンゴルアジア、南米など40カ国以上を旅し、『地球の歩き方』などに投稿。米国留学後、ローマの国連食糧農業機関(FAO)で情報通信官として勤務した後、現在ロンドンを拠点にITコンサルタントと著述業を行っている。『世界のニュース〜』では、日本人の知るべき世界の危険地帯や、自国が世界からどう評価されているかを紹介している。

「19世紀から20世紀にかけて、南米諸国には30万人以上の日本人が移民として渡りました。日本人の移民は主に沖縄や九州、広島など、西日本で農業に従事している人たちで、ジャングルを切り開いて畑を耕すという過酷な重労働を強いられました。賃金も安かったそうですが、他の国の移民のように暴動を起こすこともなく、みな真面目に辛抱強く働き続けた。現地の人たちは、地道に働く日本人に好意を持っています」(同)

 日本人移民は当初、19世紀末にメキシコやペルーへ渡った。ペルーでは、サトウキビ農園の過酷な労働で多くの死者が出たため、首都リマで商業に転じるか、或いはアンデスを越え、ボリビアの奥アマゾンでゴム園労働者となったという。20世紀初頭からは、ブラジルへの日本人移民が急増した。

「日本からの移民は、子どもに高等教育を受けさせ、医者、歯医者、弁護士、税理士など専門職に就いた人が多くいます。メキシコやブラジル、ボリビアのラパスには、そういう日系人が沢山います。彼らはウソをつかないということで、現地の人は全幅の信頼を寄せています。日系人に仕事を任せれば、間違いないというわけですね。そのためか、私が昔、メキシコを旅したとき、レストランで食事をしていると、『ハポネ?』と店の人から言われました。ハポネはスペイン語で日本という意味です。日本人だと答えると、『食事代はいらない。日本には色々世話になったから』というんです。南米では、日本人だとわかると、現地の人が気軽に話しかけてくることが多いですね」(同)

■車が動かないと生死にかかわる


 南米では、アルゼンチンやチリはヨーロッパ志向が強く、親日国ではないそうだ。その一方、とりわけ日本に親しみを持っているのが、ボリビアだという。

「ボリビア人にとって、日本は特別な国です。ボリビアに渡った移民で親しまれているのは、日本以外ではドイツとオランダです。ドイツは第二次世界大戦後、ナチスの残党がボリビアへ逃げてきて、現地で学校を作りました。彼らは教育レベルが高く、エンジニアも多かったので、ボリビア人にきちんとした教育を受けさせたのです。オランダは電気機器メーカーのフィリップス社があるように機械に強く、ボリビアの治水工事を行ったため、信頼されています。そんな中、日本はボリビア人にとって、なくてはならない存在となっているのです」(同)

 谷本氏が勤務した国連機関には、ボリビア人の友人がいたというが、

「ボリビアは標高が高く、山岳地帯や高原地帯もあり、また、亜熱帯気候の地帯もあって地形は変化に富んでいます。ちょっと郊外に出れば道がなく、バスや電車は発達していません。主な移動手段は車となります。ボリビア人の友人によると、過酷な地形を車で移動するときは、ガソリンスタンドが少ないため車にガソリンタンクをいくつも積み込むそうです。ボリビアは治安が悪く、強盗被害が多発しています。そのため移動中に車が故障すると、命にかかわるそうです。強盗に出くわしたら逃げられないからです。強盗の被害を防ぐため、自宅にドーベルマンを飼っている家庭が多いそうですし、警備員はショットガンを携行しています。こういう環境の中で、ボリビア人を守っているのが、日本のオフロード車やトラックです。なかでも、トヨタのランドクルーザーは、ボリビアで世界一の信頼があると言われています」(同)

 オフロード車では、ベンツのゲレンデワーゲンやランンドローバーも悪路走破性の面では定評があるが、

「日本車と比べると、ベンツやランドローバーは価格が高いし、また、カスタマーサービスがかなり劣るようです。日本車の場合、車が故障すると、すぐに対応してくれるし、エンジンなどに少しでも不具合が疑われる箇所があれば、すぐに日本の本社に報告が上がり、細かく分析・検証するそうです。必要であれば、現地での修理もきちんとします。ところが、他の国となると、故障しても現地の人と連携すべきところを怠ったりして、トラブルが発生することも珍しくありません。車が日常生活において重要な役割を担うボリビアでは、エンジンのテストを何度も細かく行い、極めて信頼性の高い製品に仕立て上げる日本人は、賞賛に値する存在なんです。そして故障して、窮地に立った際に素晴らしいサービスを提供してくれれば、その国の大ファンになってしまうのは自然の成り行きと言えますね」(同)

 放牧で車での移動距離が大きい南米のウルグアイやパラグアイでも、日本のオフロード車が大活躍しているという。また、綿花が主な輸出品だったパラグアイでは、日本人移民が大豆や小麦の輪作に成功し、現在、輸出の7割が大豆となって経済発展に大きく貢献したという。ここでも日本人は感謝されているそうだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月1日 掲載

関連記事(外部サイト)