カナダが大麻を解禁してから1年 政府の目論見は外れ、意外に流行らない複雑事情

カナダが大麻を解禁してから1年 政府の目論見は外れ、意外に流行らない複雑事情

カナダが大麻を解禁してから1年(※写真はイメージ)

 販売店の前には100人以上の行列ができ、各店とも売り切れが続出……。昨年10月にカナダで娯楽用の大麻が解禁された当初は、まさに“ハイになって”のお祭り騒ぎが展開されていた。が、それから1年が経ち、状況はダウナーな様子だ。

 ***

 ピエール瀧や元KAT-TUN田口淳之介、沢尻エリカといった芸能人が薬物で逮捕されるたび、“薬物毎の危険度”が取り沙汰される。その際、「タバコやアルコールより危険度が低い」とまことしやかに囁かれ、一部から解禁論が上がる筆頭が大麻だ。

 そもそもカナダで娯楽用大麻が解禁された背景には“毒をもって毒を制する”狙いがあった。というのも、カナダにおける大麻は以前から違法薬物ではあったものの、実際はわりと身近な存在だったそう。現地で行われるコンサートに足を運べば、どこからともなく大麻の煙のにおいがただよってくる……というように、大目に見られていたという。

「むしろ、タバコのほうが敵視されている印象です。解禁の狙いには、ブラックマーケットに出回る質の悪い大麻が消費されるのならば、合法化して税収化してしまおうという目論見がありました」

 と解説するのは、カナダ在住のライター・関陽子氏である。また、大麻以上に危険なドラッグに手を出させないための、ある種の“妥協点”をつくる意図もあったようだ。

 ところがである。

「『グローバル・ニュース』の報道によれば、大麻販売の世界的企業『キャノピー・グロース』や、カナダから生産認可を受けている『オーロラ・カンナビス』といった大麻関連企業7社の株価は、ここ1年で平均して25%が下落。投資家はアテが外れた格好です。業界ではリストラも行われ、労働者は4%減ったといいます」

 背景にあるのは、需要と供給の問題だ。カナダ政府がHPで公開している「Cannabis Demand and Supply(大麻の需要と供給)」によれば、解禁された18年10月の時点で、乾燥大麻の在庫数は18,481キロで、原材料用の大麻の在庫は96,822キロ、売上高は6,346キロだった。

 ところが、データの最新時点である今年8月の数字は、在庫数は60,872キロ、原材料は328,187とおよそ3・5倍に増えたのに対し、売上高は12,917キロと2倍程度しか増えていない。売り上げが大して伸びていないにも関わらず、商品の在庫が日に日に増えていく……といった状況なのだ。


■合法化で魅力が失われた?


 供給の面では、「店が少ない」というシンプルな事情があると関氏は指摘する。

「大麻の販売を正規で行っている店舗の数と、人口を州ごとに比較したデータがあります。解禁から今夏までに33%売り上げが増加したアルバータ州には301の店舗があるのですが、これは人口1万4000人あたり1店舗という数。ところが、カナダで人口がもっとも多いオンタリオ州は、人口60万人に対して1店舗と店が少なく、店舗を増やす計画を発表しています。次いで人口の多いケベック州も同様で、こちらは販売価格を下げる施策を打ち出しています」

 店が少ないのには、そもそも正規のルートで買おうという人が少ないためかもしれない。依然としてブラックマーケットは存在し続けていて、こちらで買えば安価なのだ。正規品の価格には“大麻税”が含まれているが、ブラックマーケットでの購入にはそれがない。先の『グローバル・ニュース』では、正規販売は1グラム当たり10ドルであるのに対し、ブラックマーケットでは5〜6ドルで購入できるという例が紹介されている。

 政府が管理する大麻製品を購入するユーザー2名に対して、ブラックマーケットで調達するユーザーは3名という調査もある。ブラックマーケットのほうが1・5倍、盛況のようだ。

 カナダ統計局が発表した2019年上半期の大麻の入手先アンケート(複数回答可)の回答は、正規販売が48%、イリーガルが42%、友人・家族からが37%、そして栽培8%、その他が4%という結果だった。1世帯4株までは栽培も認められているというが、「当初から、どうやって4株だけかチェックするんだ?と話題になっていました。案の定、ヘビーユーザーは自分で育てているみたいですね」と関氏はいう。

「結局のところ、合法化以前から大麻を吸っていた人は吸い続けていて、そちらは安く、違法に入手して使っている。前々からの馴染みのルートもあるでしょう。一方で、合法化されたことで大麻を吸ってみようという新規の客は、政府が目論んでいたより少なかったということ。おそらく“違法なものを隠れてコソコソ吸う”ことが、大麻の魅力のひとつだったのではないでしょうか。それが堂々と“やって良し”となると、萎えてしまうのでは……」

 合法化で「スリル」や「悪いことをやる格好良さ」が失われてしまった、というわけである。ならば、日本で解禁してしまってもいいのでは――という話では決してない。11月14日付「デイリーメール・オンライン」は“娯楽用大麻が合法化されている米国の11州は、他州と比べて大麻の使用障害に陥っているティーンエイジャーが25%多い”とも報じている。うかつに手を出すのは、ダメ。ゼッタイ。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月30日 掲載

関連記事(外部サイト)