ヘンリー王子夫妻「王族離脱騒動」から眞子さま・小室圭さんを連想せずにいられない

ヘンリー王子とメーガン妃が"高位王族"から引退 眞子さまが“刺激”を受ける可能性も

記事まとめ

  • ヘンリー王子が「高位王族」から退くと表明し、経済的な独立を目指すという
  • 今回のケースは眞子さまの"皇籍離脱"や小室圭さんの生い立ちなど示唆に富んでいるよう
  • 眞子さまがヘンリー王子から“刺激”を受けられないとも限らないとの見方もある

ヘンリー王子夫妻「王族離脱騒動」から眞子さま・小室圭さんを連想せずにいられない

ヘンリー王子夫妻「王族離脱騒動」から眞子さま・小室圭さんを連想せずにいられない

眞子さまと小室圭さん

 新年早々、英国から驚くべきニュースである。王位継承順位6位のヘンリー王子とメーガン妃が「高位王族」から退くと表明した。今後は公務をセーブしながら経済的な独立を目指すというのだが、思い浮かぶのは、近未来が懸念される我が国のカップルである。

 渦中の王子夫妻は8日に突如、インスタグラムで次のように表明したのだった。

〈新たな役割を切り開くため、変わることにした〉

〈英国と北米で時間のバランスを取ろうと思う〉

 英国王室に詳しいジャーナリストの林雪絵氏が言う。

「二人の結婚は2018年5月。その半年前に婚約を発表しましたが、米国出身の女優だったメーガン妃については、母親がアフリカ系、王子より3歳年上、そして再婚だなどと散々論(あげつら)われてきました。また、それと前後して彼女の家族との不和も次々と暴かれていった。異母姉は“暴露本を出す”と敵意を露わにし、父親もパパラッチと組んで大金を手にし、結婚式をドタキャンするなど話題には事欠きませんでした」

 昨年5月には長男アーチーちゃんが誕生。が、その直前、夫妻はケンジントン宮殿からロンドン郊外へと転居する。新居の改装におよそ4億円かかったことも、槍玉に挙げられてきた。

「昨年秋には、大衆紙の報道にさらされるヘンリー王子が『(しつこいメディアの取材が)母の人生をだめにした。でも、妻の人生まではそうさせない』などと口にしたと報じられました。独身時代から追い回されてきたことに業を煮やし、今回の決断に繋がったのではとみられています」(同)

 が、こうした一方的な“宣言”については、

「英王室では1936年、離婚歴のある米国人女性と結婚するため1年足らずでエドワード8世が退位した『王冠をかけた恋』が知られており、それに匹敵する衝撃で受け止められています。事前にエリザベス女王やチャールズ皇太子に相談がなかったと言われ、夫妻の思惑通りにことが運ぶかどうかは不透明です」(同)

 さる13日には、事態を打開すべく女王が別荘にヘンリー王子を招き、チャールズ皇太子や兄のウィリアム王子も出席して“緊急会談”が開かれた。女王は王子夫妻の願いを全面的に支持するとの声明を発表したのだが、現地在住ジャーナリストいわく、

「現在、ヘンリー王子夫妻の年収はおよそ3億円とみられ、その95%がチャールズ皇太子の所有する広大な『コーンウォール公領』の収益で、残り5%が国民の税金『王室助成金』で賄われています。夫妻はこの助成金だけ放棄する代わりに、自ら収入を得るべく、爵位にちなんだ『サセックスロイヤル』ブランドで100以上の商標登録を行っています。ですが、その一方で“王室から退くのなら財政支援は止める”とのチャールズ皇太子の意向も報じられているのです」

 ここで否応なく脳裏をかすめるのが、結婚に関する行事が2年延期となった秋篠宮家の長女・眞子さまと、米国留学中の小室圭さんのカップルである。


■「一時金」を辞退されても


 今回の英国のケースと男女が逆とはいえ、小室さんの生い立ちや家族のトラブル、そして眞子さまの“皇籍離脱”など、実に示唆に富んでいる。全国紙デスクが言う。

「一昨年2月に結婚延期が決まった最大の理由は、小室さんの母・佳代さんが元婚約者との間に400万円を超す金銭トラブルを抱えていたことでした。その後、小室さんは説明を果たさないまま渡米。留学生活は来年夏まで続く見通しです」

 秋篠宮さまが“多くの人が喜んでくれる状況にならなければ納采の儀は行えない”と述べられたのは一昨年11月。が、状況は一向に好転せず、来月には延期からちょうど2年を迎える。

「小室さんにはもはや、母親の金銭トラブルを円満解決する考えはないように見えます。それでもお二人の気持ちが変わらないのであれば、納采の儀を経ない道を探るしかない。例えば、先に眞子さまが皇籍を離脱され、一般人となったのちに入籍するという手段も考えられます」(同)

 皇室典範では、15歳以上の内親王は皇室会議を経て、自らの意思で皇籍を離脱できると定められており、あるいは眞子さまがヘンリー王子から“刺激”を受けられないとも限らない。その際、本来ご成婚で支払われるはずの「一時金」を自らご辞退なされば、国民も“祝福”へと転じるのでは、といった見方もある。

 が、眼前の400万円すらクリアできないほど金銭的にシビアな小室母子が、果たしてこうしたお考えに賛同するのだろうか――。

 そんな小室家の“経済観念”は、以下のエピソードに凝縮されている。かつて小室母子と親交のあった飲食店主の男性が言うには、

「18年前、圭君のお父さんが自殺し、まもなく実家のお祖父さんも後を追うように自ら命を絶ちました。その時、佳代さんは私に『夫の実家と関係が悪くなり、生活が大変なのに取り合ってくれない。夫に入るはずだった祖父の遺産を圭が貰えるよう、私の代わりに先方と交渉してくれないか』と頼んできました。で、委任状を持って交渉に出向いたら、拍子抜けするほど和やかに話が進んだ。佳代さんを敵視する様子など、初めから全くなかったのです」

 結果、母子には相応の遺産が入ったというのだが、その後しばらくして、

「彼女は、私に紙幣の入った封筒を突き付けて『この件からもう手を引いてほしい』と言ってきた。こちらは好意で引き受けたわけで、カネなんて欲しくない。馬鹿にされたと思って封筒を突き返して、それから一切、交流がありません。大体、同情を引こうとしたのか、当時『夫が死んで住む家がない』とこぼしていたのに、実はマンションを買っていたというのだからおかしい。お金にはこだわり、私のように使える人間は使う。それは変わってないと思います」(同)

 皇室ジャーナリストの山下晋司氏は、

「かりに眞子内親王殿下が一時金辞退のお気持ちを表明されたとしても、それはお二人の間で相談されている事柄のはずで、小室さんも当然、納得の上でしょう」

 としながら、

「そのことと実際の支出額は別問題です。いかに内親王殿下が固辞されても、金額は皇室経済会議が決める事項。上限額の1億5250万円を支出することに疑問は出るかもしれませんが、一方で1円だけお渡しして民間に嫁がせてよいのかという声も、当然上がるでしょう」

 たとえ1億円以下に減額されても、それは小室さんも織り込み済み。自らの“金銭観”に見合った結末となる可能性は、なお残されているのだ。

「週刊新潮」2020年1月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)