ケント・ギルバート氏が世界一と絶賛する日本の食文化 海外セレブにラーメンが大人気

 テレビでもお馴染みの弁護士でタレントのケント・ギルバート氏(67)は1971年に来日して以来、50年近く日本に住み続けている。今や親日派として知られる彼が先日、『私が日本に住み続ける15の理由』(白秋社)を出版した。タイトルの通り15の項目を挙げて日本を絶賛しているが、そのうちの一つ「間違いなく世界一の食があるから」について聞いた。

 ***

 外国人に人気の日本食と言えば、まず筆頭に挙げられるのは寿司、天婦羅といったところだろう。しかし、2019年のテニスのウィンブルドン大会の会場で、売店の食事のメニューにある日本のカツカレーが、イギリス名物のフィッシュ&チップスを抑えて一番人気になったという。

「小麦粉を入れた日本のカレーは、明治時代にイギリスから伝わったものです。ただし、日本ではその後、カレーは独自の進化を遂げています」

 と語るのは、ケント氏である。

「50年前に来日した頃は、お金もなかったので、毎日のようにカレーを食べていました。福神漬けを山のように盛って食べましたよ。イギリスのウィリアム王子は、日本食が好きなことで知られています。中でも、カレーがお好みなのだそうです。ウィリアム王子が次に来日されたときは、『カレーハウスCoCo壱番屋』のカツカレーをぜひ召し上がっていただきたい。あまりの美味しさにきっと驚かれるはずです」

 外国人は生魚が苦手とも言われる。ケント氏は、初めて寿司を食べた時、抵抗はなかったのだろうか。

「生魚ということで、多少不安がありました。でも食べてみると美味しかった。欧米のSUSHIとはまるで別物ですね。SUSHIは裏巻き寿司が主流で、外側から白ゴマ、酢飯、海苔、具の順になるように巻いたものです。具はカニ風味カマボコやアボカド、キュウリを使います。クリームチーズを使う店もあります。日本人には気持ちが悪いと思われるかもしれませんが……」

 かつて、日本の寿司職人のドキュメンタリー番組を見たという。

「職人の仕事は、新鮮なネタを仕入れて寿司を握るだけではありません。何日のあいだ冷蔵庫で寝かせると最も美味しくなるのか、どう切れば食感が良くなるのか、常に研究を続けています。高級店はカウンター越しで寿司を提供しますが、寿司を客の皿に置くとき、どの角度で置くと最も美しく見えるか、そこまで研究しているのです。さすが日本の職人だと思いました」

■海外セレブに愛されるラーメン


 味だけでなく、見た目にもこだわる日本の料理人は、海外のセレブからも高く評価されている。

「喜劇王チャールズ・チャップリンは、東京の日本橋にあった天婦羅屋『花長』がお気に入りで、海老の天婦羅を36尾も食べたという逸話が残っています。ジョン・レノンは鰻重が大好物で、神楽坂の『たつみや』に来店しました。ミュージシャンのエリック・クラプトンは、来日のたびに原宿のトンカツ屋『福よし』に必ず行くそうです。ただし注文するのはチキンカツ。先述のウィンブルドンのカツカレーのカツもチキンです。イギリスのカツは鶏肉を使うのです」

 ケント氏も、トンカツには目がないという。

「私は、東京の目黒に事務所を置いているのですが、目黒の一押しのトンカツ屋は『かつ壱』です。この店のトンカツは大きくて肉厚。海外から来た知人を何人もこの店に連れて行きましたが、みな『デリシャス』『トレビアン』と感動します。『かつ壱』は、私にとって三つ星レストラン以上の存在。ここで食べるたびに、日本に住んでいて良かったと実感します」

 海外のセレブが、来日のたびに舌鼓を打っているのがラーメンだという。

「アメリカのロックバンド『エアロスミス』のスティーブン・タイラー氏は、来日のたびに訪れるラーメン店が都内にあるそうです。同じミュージシャン『ボン・ジョビ』のジョン・ボン・ジョビ氏は、東京の代々木に行きつけのラーメン店があります。元サッカー選手のデビッド・ベッカム氏は大のラーメン通で、東京・音羽にある高級ラーメン店『MENSHO』を訪問、熟成和牛をのせたラーメンを食べて絶賛しています。ベッカム氏は寿司も好きで、2018年に来日した時は、外苑前の『海味』、築地の『大和寿司』(現在豊洲市場へ移転)をハシゴしました。彼は日本酒も好きで、季節に合わせて冷やと燗を選ぶほど日本通です」

 日本のラーメンは、他のアジアの国とはまったく違うという。

「ラーメン好きのアメリカ人にとっては、味はもちろんのこと、ひとつの丼の中に主食(麺)とおかず(具)とスープが入っているのが魅力だそうです。また、他のアジアの麺料理より見栄えが美しく、辛くない。さっぱりしているから、食べやすくて欧米人に人気なのです。私は味噌ラーメンが好きなのですが、気分によっては醤油などのさっぱりしたもの、あるいはとんこつラーメンのようにこってりしたものを食べます。店によって味も見栄えも違うから飽きません。日本でちゃんと作られたラーメンだったら、海外ではどれも大人気になるでしょうね」

 東京は日本料理だけでなく、世界各国の料理が味わえる。

「先日、日本に1軒しかないという東京・京橋にあるクロアチア料理店に行ってきました。メインは、牛の塊を赤ワインで煮込んだ料理で、やわらかくて美味です。クロアチア料理は魚介料理も多く、マグロのカツレツもあります。東京では、日本料理だけでなく、ほとんどの国の料理が食べられます。目黒を歩けば、トンカツ屋やラーメン店、蕎麦屋、定食屋、ステーキ店、カレー店、そしてイタリアで食べるより美味しいイタリアン、中国で食べるより美味な中華料理店、沖縄料理店、お好み焼き店……。食べていて飽きません。こんな国、他にありませんよ。東京が世界の都市のランキングでいつもトップクラスなのは、世界一の食があるからです。私は年に何度かアメリカに帰国しますが、すぐに日本の食事が恋しくなってしまいます」

 日本人は幸せ者である。

週刊新潮WEB取材班

2020年2月4日 掲載

関連記事(外部サイト)