新型コロナで大忙し! ママの日常から見た韓国の現在

韓国で新型コロナウイルスの新規感染者数が631人に至った2020年12月6日、政府の強力な感染拡散防止策として、社会的距離保持(Social Distancing)2.5段階が発効された。

社会的距離保持2.5段階とは、日本のソーシャルディスタンスの概念と似てはいるが、そのルールは微妙に異なる。5人以上の私的な集会の禁止、カフェで1時間以上の滞留禁止、夜9時以降の営業制限など、公私ともに一般市民の日常を大きく制限する措置となっている。

継続的な集団感染発生の恐れによって、学校や職場ともに登校や出勤を最小限に抑えることになり、生活や人間関係の範囲がマイホーム内に狭まってしまった。

▲韓国政府の距離保持段階別措置(2段階 vs. 2.5段階) 出典:韓国疾病管理本部

全世界でCOVID-19が拡散し、それにより外部での活動は減り、行動範囲は狭まって、仕事・学習・余暇を家で行う「ステイホーム」トレンドが、世界中で否応なく起きた。

そのなかで役割が拡張されたものがある。それは「母の役割」だ。韓国も例に漏れず、まったく同じである。韓国のママたちは家庭のなかで毎日、家族の健康診断や食事の準備、日用品の補給にとどまらず、子どもの学習管理や社会的交流も続けなければならない。

まさにスーパーウーマンとして生きながら、わずかに残ったプライベートな時間のなかで楽しさを見つけようしている「ニューノーマル」の時代。ママたちの生活の様子から、韓国の人々はこの逆境にどのように適応し、対応しているのかレポートしてみようと思う。

▲韓国ママたちの生活をレポート イメージ:PIXTA

■モーニングルーティンになった自己診断アプリの実行

韓国のママたちは子どもの学期中、起床したら韓国教育部が提供する自己診断アプリを使用する。

発熱の有無、新型コロナの疑いがある症状の有無、在宅隔離者との接触有無などをチェックして、子どもが新型コロナの感染から安全であることを証明してから一日が始めるのだ。

小学生と中学生の娘がいる私は、2人のアカウントをそれぞれ登録して同じ動作を2回繰り返す。子どもたちが登校する日は少し急がねばならない。子どもが健康な状態であることを知らせなければ、登校ができないのだ。

もし、うっかり忘れた場合は、授業直前までアプリからのプッシュ通知が連続で鳴ったり、学校や担任から自己診断完了を促すメッセージが次々と飛んでくる。

オンライン授業の日でも自己診断は必須だ。中学生である長女のクラスは、オンライン授業の前に自己診断完了有無で出席チェックをする。子どもが朝寝坊でうっかり忘れることがあるので、私が代理で行うことも多い。

■ステイホームで無限ループする食事の準備

朝早くに起床。朝食は家族と食卓を囲み、食事後は各自のスペースにすみやかに戻って授業あるいは仕事にとりかかる……。

と、書いてはみたものの、これはまったくの理想で現実とは違う。授業直前ぎりぎりで子どもを起こしたら、顔も洗えずにパジャマ姿のままでフードジップアップを着て、オンライン授業にアクセスする。

こんな状況だから、朝食は簡単にルームサービスの形で差し入れをする。

オンライン授業は一方向の動画教育もあるが、中学生はZoomなどのWeb会議システムを利用した双方向授業の割合が7割程度。双方向授業の際は、部屋の背景と音が入りこむため、邪魔にならないように食事トレーをこっそり置いて出る。

子どもは休みの時間に食べたり、一方向の動画教育の際に食べる。昼食もたいして変わらない。

学校のスケジュール表のランチ時間に合わせて、あらかじめ用意した食事を食卓で食べる日もあるが、普通は授業中に終えられなかった宿題があったり、次の授業の準備をしなければならない場合が多いため、ランチもルームサービスを頼まれる。

遅い朝食と決められているランチ時間との間隔が非常に短いため、韓国のママは朝ごはんを作って、すぐ昼ごはんを作る日常を「振り向くとごはん」というジョークで表現する。

高い教育熱で知られる韓国では、ほとんどの子どもが学校のほかに英語や数学などの学習塾を通っている。

しかし新型コロナの流行以来、塾もオンライン授業を取り入れ、放課後の塾の授業まで家で受けることになった。塾までの移動時間が節約できるのは良いのだが、お金を払う分の学習効果があるのか、いまいち不明だ。

こんな状況だから、塾の授業がある日は晩ごはん、おやつまで部屋に差し入れることが多かった。

IT業界で働く夫も、会社の在宅勤務方針によって部屋でリモートワーク。

リモートワークの問題は、仕事と休憩の切り分けがあいまいになること。頻繁なテレビ会議やビジネスチャットによってパソコンの前を離れることができないため、夫の食事までルームサービス。

知り合いの会社は、チームワークを高めるためにZoomを利用したオンライン飲み会をよく行うようで、そこで食べる“つまみ”は会社の経費になるらしく、経費に応じた金額のお酒やおつまみを披露するのだという。独身の従業員はコンビニで簡単に買ってきたり、出前で料理を用意したりするが、既婚の人は家庭料理を自慢したりするのだとか。

やれやれ、主婦にどれだけ負担のかかることか。

このように遠隔や在宅の日常化によって毎日、家族全員の一日三食分やおやつを用意しなければならない無限ループで、韓国ママはかつてないほど長くキッチンでの時間を過ごしている。

そのため、新型コロナによる不景気のなかでも、生活必需品でないキッチン小型家電の販売が急増したという。特に油を使わずに揚げ物が作れるエアフライヤーの売り上げは、前年より3倍以上も増えた。そのほかにもホームカフェやホームベーキングのブームで、家庭用のエスプレッソマシーンやベーキング用の機器などの販売も増加したという。

▲韓国家庭の必需品になったエアーフライヤー

■夜明け配送・ロケット配送で簡単に購入できる食材

外食が減って自宅での一日三食やおやつ、そして飲み会までステイホームになったことから、主婦にとって食事の支度に関する負担は倍以上に増えた。

学校給食の大事さをしみじみと感じる今日この頃である。食材の消費も以前よりずっと増えたが、人が大勢いる大手スーパーマーケットに行く代わりに、前日に注文すると翌日の夜明けにドアの前まで届けてくれる「新鮮食品の夜明け配送サービス」を愛用するようになった。

世界最高のスピードを誇るという韓国の流通・物流システムは、新型コロナの流行以来、このサービスで頂点を極めた。Kurly,Cupangなどで代表される企業は、厳選された販売業者からの良質な食材料を、冷蔵・冷凍を問わず梱包状態で翌日の夜明けにドアの前まで届けてくれる。

そのおかげで朝食には新鮮な材料を使うことができる。ほかにも、オンライン注文してから2〜3時間後、遅くとも当日内に商品が届けられるロケット配送サービスもよく利用するので、外出を控えても物資の調達という面では全く不便を感じない。

▲韓国流通業界における熾烈な配送競争

また、新型コロナで輸出先がなくなり困っている地域農家を助けるために、自治体が販売する良質のジャガイモやアスパラガスなどを入手したりもした。

特に日本などへ輸出されていた、江原道(カンウォンド)産の最上品アスパラガスの味や品質が、ネットで大きな話題になっていた。しかし、手ごろな価格であったことやネットの口コミにより、各自治体のゲリラ販売サイトで農産物を注文することは、人気音楽グループBTS(防弾少年団)のコンサートチケットの予約よりもさらに熾烈だった。

このような競争に加わる自信がない場合は、自分が住んでいる地域の区役所や市役所で開かれる、農畜産物のドライブスルー販売を利用することもできる。感染の恐れもなく、中間流通マージンをなくして小売商店よりずっと安く、優れた商品を購買できるということから、短時間での完売記録を続けていた。

さらに、地域教育庁から送られた食材パッケージも役に立った。

オンライン授業の拡大によって学校給食が減ったのだが、この給食用食材の需要がなくなり困っている企業や、食費の増加で悩んでいる家庭を助けるため、全国の各教育庁は各学生の家庭へオーガニック食材で構成されたパッケージを1〜2回届けたり、農畜産物共同組合モールで現金のように使えるポイントを支給したりした。

▲京畿道(キョンギド)教育庁から届けた給食材料パッケージ

■?非対面デリバリーで安心できる買い物と外食生活

みんなが家の中にいる時間が長くなっただけに、食材料はもちろんのこと、さまざまな日用品の消耗量も増加した。そのためネットショッピング業界は前例のない好況を迎えているが、これには韓国の独特な配送文化も追い風になったと思う。

大団地アパートなど共同住宅生活が一般的な韓国では、かなり前からネットショッピングで注文する際、配送要請欄に「ドア置き(置き配)」を記入する人が多い。

プライバシー保護や、不在時に代わりに受け取る人がいない理由でドア置きが好まれたが、商品の紛失や盗難率が少なかったため配送業者と消費者間の相互信頼を基にしたドア置きが一般化したのだ。新型コロナが流行してから、このアンタクト(Untact=非接触)デリバリーは当然のルールになっている。

この「ドア置き」文化の拡散は、料理の出前においても同様だった。

韓国では料理の出前マーケットは「配達の民族」「ヨギヨ」「Cupang Eats」の3強の構図だが、注文オプションに「ドアの前に置いてからベルを押してください」とか「ベルは押さずにドア置きしたあとSMSでお知らせください」など、いろいろなオプションで受け取り方法を選択できるため、安全かつ便利な料理出前サービスがおおいに盛り上がった。

出前料理までドア置きが普通になったことで、家でオンライン授業を受けている子どものために、職場で働いているワーキングマザーが安心してランチを出前で注文してあげることも可能になった。さらに出前を利用するとキャッシュバック〔2万ウォン以上の注文を4回すると1万ウォンキャッシュバック〕されるなど、政府も出前利用をサポートした。

しかし、このドア置きサービスの人気の裏では、配達・配送業に携わる働き手の労働環境の悪化という社会問題が浮上している。そのため家の中で便利さを感じながらも、同時に罪悪感に似たような負担も感じる。こんなことから配達勤労者に感謝の気持ちを表現する美談もネットで話題になったりした。

■QRチェックインと体温計測の義務化

限定的ではあるが外食や買い物、映画鑑賞などの外出活動もたまにはする。

今では、訪れる先での体温計測や本人認証は当然の光景になった。距離保持2.5段階が発効してから、お店の入口に置かれた機器の前で熱を測り、スマホでQRコード認証をしてから店内に入ることができる。

本人認証のためのQRコードは、ネットポータルやモバイルメッセンジャーにアクセスして簡単に発行できる。スマホを持っていなかったり使用が苦手なデジタルデバイド層のために、手書きで名簿を作成したり、ARS認証方法を案内する。

このように出入りする客の認証や体温チェックが必須となっているため、感染者が発生した場合でも、移動経路や感染経路の把握は難しくない。自分が属した区域内で感染者が発生したら、自治体からの災害SMSで感染者の訪問先などが公開されるため、感染者と移動経路が重なった場合は、新型コロナ診断用の診療所に行けば無料で検査が受けられる。

政府の2.5段階措置によって、原則的にはカフェでの着席及び屋内での飲酒が禁止されているが、自営業者たちの経営難を勘案して、段階的に1時間以内の滞在を許可したり、営業時間を夜10時まで延長するなど徐々に緩和措置が行われ、以前よりはいくらか状況はゆるくなってきている。

しかし、感染の恐れや時間制限による心理的プレッシャーによって、多くの人は店内での利用よりはテイクアウトやドライブスルーを好む。非対面を好むトレンドによって、ドライブスルー店舗であるスターバックスDTは、2020年での年間利用件数が5割以上増えたという。

■5人以上の集まり禁止で変化した距離感と自由

政府の5人以上での集会禁止措置は、予想よりさらに大きな変化をもたらした。家族でも、住民票上の同居人でない場合は、5人以上が集まるのは禁じられるなど、さまざまな関係から距離感が生じ始めた。

もちろん技術が進んだおかげで、テレビ電話や動画会議サービスで家族と顔を合わせることもできるが、直接対面ではないため両親や兄弟はもちろん、親戚との距離感が大きくなった。感染者数が集中している首都圏の住民は、他地域への移動を控えるよう勧告されている状況なので、私は地方に住む両親にほぼ1年間会えていない。

韓国は伝統的に儒教思想を重んじる文化であり、特に親を敬い、先祖を供養することを重視する。

例年であれば、お正月(旧暦)や秋夕(お盆休み)には両親がいる故郷に帰省し、皆が集まってご祖先様の霊を祀るのが一般的だが、ここでも嫁の労働は半端なものではない。しかし、今年はお正月(今年は2月12日)にも自治体や教育庁から移動を控えるよう勧告メッセージが繰り返して送られたり、長距離移動の際、必ず寄る高速道路のサービスエリアの食堂まで封鎖するなど、政府からの勧告が強かったため、去年の秋夕休みに引き続き帰省を諦めることになった。

1年近く会えない両親のことを考えると、親不孝を感じ心苦しい面もあるが、半強制的な政府措置をいいことに、適度な距離を置いて初めて感じる心理的自由があることも否定できない。

もちろん、それにも関わらずルールを破り、決められた人数以上で集まる人たちはいる。しかし集合禁止に違反すると、一人当たり10万ウォン以下の罰金を課すという政府の指針があり、これに対し普段から騒音などで仲が悪かった近隣住民が、違反した隣人を告発するなど世知辛い場面もあった。

家族のみならず、さまざまな関係において距離が生じることが不可避となってから、家にいる時間が多い専業主婦は、さらに孤立感を募らせる。コロナブルーに苛まれる主婦の割合が高いのは、どの国でもニュースでよく耳にすることだろう。しかし、サポートしてあげなければいけない家族がいるからこそ、この憂鬱さを健康かつ賢明に解消しようとする動きが私の周りでは活発だ。

物理的な外での交流は減ったが、ZoomやTeamsなどのWeb会議サービスを利用して、知人たちとオンライン飲み会や同人サークル活動を続けたり、布マスクづくりや編み物などが流行っている。文化活動への渇きは、NetflixやWATCHAのような映画配信や映画レビューサービスで癒したり、外部の人との接触を最小限にして楽しめる車中泊旅行に家族と行ったりもしていた。

一方、外での活動減少によって消費が減った分の余裕資金は、最近Kospi(韓国総合株価指数)3000時代を迎え、活気を帯びた株式に投資するなど財テクに使ったりもする。

これまでとは違って、本来は不必要で義務的な関係や活動にエネルギーを注ぐよりも、もっと自由で充実した自分だけの時間が過ごせることを考えると、このような制限された状況も必ずしも悪いことではない。

▲子どもたちへの責任は誰にあるのだろうか イメージ:PIXTA

■ワクチンと治療薬でママたちは自由になれるだろうか

失われた1年と呼ばれる2020年を経て2021年を迎えた今、韓国ではワクチン接種が始まり、さらに治療薬の製品化も視野に入るなか、人々には日常へ復帰できるのではないかという期待と、ワクチンの副作用や変異ウイルスの新しい拡散に対する不安が入り混じている。

2月26日からワクチン接種が始まった韓国では、7月までに老人介護施設の入所者及び従事者や、医療関係者など高リスク群の1千万人が優先接種され、11月までには全国民の接種が目指されている。疾病管理本部が事前に実施したアンケート調査では、この1次優先接種対象者の94%が接種に同意したことから、1次接種時期に約34万人に対する接種が完了されると予想されている。

▲韓国のコロナワクチン接種の優先順位 出典:韓国疾病管理本部より作成

韓国では、これまで5つのワクチン企業から約5,600万人分のワクチンを確保できたと知られており、接種の意向をもつ国民はワクチンを無料で接種できる。

▲国内コロナ19ワクチンの接種スケジュール 出典:連合ニュースより作成

一方で治療薬の製品化も加速している。現在、韓国の新型コロナ治療薬は13社が開発中であるが、そのうち4つは新薬候補物質を基にし、7つはすでに許可された医薬品を新型コロナ治療薬として用途を変更する方式で開発されている。臨床段階での対象者を順調に確保できるかが課題となるが、年内の製品化は問題ないと言われている。

ワクチンと治療薬が普及する今年は、2020年とは違う1年になるだろう。みんなが苦労した強制的距離保持は、社会・経済・関係を麻痺させ、集団的憂鬱をもたらした。

マスクを外すことはできないとしても日常が少しずつ戻ってきたら、これまで心理的に抑えていた反動で、毎日に活気が戻ってきそうだとは思う。しかし、接種したあとの症状が予測できないため不安は残る。ワクチン接種の拡大にはホッとしながらも、いざ自分自身と子どもの接種となると、簡単に決められないのである。

この春、子どもの学校の始業にあたって、これまでずっと我慢を重ねてきたママたちの息苦しさは家庭内で爆発寸前だ。なぜなら2月の正月休みが終わってから、社会的距離保持措置は首都圏は2段階、そのほかの地域は1.5段階に緩和されたものの、学校ごとに発表された学習日程表によると、登校人数は1/3遵守を原則とされた。

これが何を意味するか。ママにとっては、この春からも去年と全く変わらない日常が続くと予想されたのだ。そのため、親たちの間では登校拡大の要求は激しい。教育庁のみならず、青瓦台にも登校拡大要請が多く寄せられている。   

オンライン授業の延長による子どもの学習能率の低下の恐れは言うまでもなく、社会性を発達させる機会を奪われた子どもたちへの責任は誰にあるのだろうか。

家族構成員の社会的な欠乏を埋めるために、2021年も韓国のママたちは個人を犠牲したスーパーヒーローの役割の担わねばならない。そこには憂鬱さすら感じる余裕のないバーンアウト寸前の状況がある。それでも、ワクチンや治療薬の順調な供給のニュースを聞き、この危機状況の出口になるのではないかと一縷の望みを抱いている。

いつか、あれは一生に一度の危機だったけれど、これまで完璧でなかった自分を内的にも外的にも成長させるチャンスだったのだと、振り返って笑える日が来ますように。

韓国だけでなく、世界中で精一杯に奮闘しているママたちに、少しでも自由な春が来ますように。何事も起らない無事な日常が続くように願いながら、ママはただただ一日を生きていくのだ。 

それでも春は来るから。

Do remember, They Cannot cancel the spring?? -David Hockney-

ユンミ パク
20年前の日本での短い留学をきっかけに日本の社会・文化に大きな関心を持って生きている平凡な韓国の専業主婦。15年間勤めていた戦略系コンサルティング会社で日本の大手企業と様々なプロジェクトを進めた経験から日韓両国の似て非なる文化を常に興味をもって観察・分析する習慣が今でも残っている。今はソウルから15キロ離れた京畿道で中学生と小学生の娘と夫と暮らしている。

関連記事(外部サイト)

×