新疆ウイグル自治区にあるウルムチほど不思議で面白い町を私は知らない

中国・新疆ウイグル自治区において行われている現在進行形の人権侵害。徹底した監視・宗教弾圧・ウイグル語教育の禁止・強制避妊・中絶強要――それだけではなく収容所における強制労働・拷問・集団レイプ・移植用臓器摘出など、同地に住むウイグル人に対する中国政府の民族浄化政策は、苛烈を極めている。

これを受けて欧米諸国がいち早く対中制裁を発動するなか、一向に動きを見せない日本政府。一連の煮え切らない動きに対し、在日ウイグル人が声を上げた。

日本のみなさん「国があり、そして主権国家の国民として生まれる幸せ」、あるいは「国がないことがどういうことか」を考えてみてください。ウイグルの歴史が、“侵略を安易に許す側”も侵略者同様に“平和の破壊者”であり、“罪人”であることを悟らせてくれることを願っています。

ウルムチ出身のウイグル人ムカイダイス(Muqeddes)氏が語る、自身の半生と、中国政府による不当なウイグル支配の実態。

■ウルムチの比較的裕福な家庭で生まれて

1970年代後半のある年の秋の日、中央アジアの大都会ウルムチ市に住むウイグル人家族の長女として、私はこの世に生を受けた。父は石油系の工業エンジニア、母は大学の哲学の講師として働くウイグル人の知識人一家であった。

私の家は、ウルムチの中心地である紅山地区の一等地に位置し「国家エネルギー省新疆管理局」の看板が頑丈な鉄の大門の両側に立ち、高い壁に囲まれた広くて立派な敷地のなかにあった。ここで働く人々は、自治区のなかでは一目置かれる存在であった。

名前からもわかるように、ここはウルムチにありながら自治区政府ではなく、北京の中央政府直轄の国営企業である。自治区で中央政府直轄型の企業は、生産建設兵団と軍そして石油などの資源が関係する所だけだった。

完全武装した無表情の護衛が24時間体制で守る大きな鉄の門を潜ると、広々と整備された大きな道路があり、その両側に5階建ての「弁公大楼」と呼ばれる黄色の建物が整然と並んでいる。そのなかの一室が父の事務室だった。

さらに奥に進むと、かなり大きめな新鮮な肉や野菜・果物の売店がいくつも並び、職員のための漢民族食堂やウイグル人食堂などもある市場、郵便局や病院そして文化センターがあった。

管理局の敷地を出ることなく、用事や買い物ができる仕組みだ。市場の近くの噴水と花園をさらに奥に進むと、ここで働く人々の居住地になっている低層のマンション群が建てられていた。

1980年代、中国の全ての企業はオフィスビルとそこで働く人々の住居施設が同じところにあるスタイルであった。

私が2歳を過ぎる夏まで、父と母は中国の文化大革命のときの「基礎から革命を経験すべき」との政策に従って、ウルムチ近郊のウェイフリヤン石炭鉱山で、父は鉱山の安全構造を管理し、母は鉱山の小学校で働いていたが、1980年の初めに、それぞれのウルムチ市内にある元の職場に復帰していた。そのときに父の職場から、この家を与えられたというが、私の記憶にはこの家しかない。

▲ウルムチ市の外観 写真:PIXTA

■異なる民族の子どもたちと遊んだ幼少期

家を与えられると同時に、文化大革命のときに4分の1しか支払われてなかった10年分の給料の差額が支払われたため、私は比較的裕福な家庭に育った。家には、親が石炭鉱山で働いていた時代から私の面倒を見てくれている乳母のウイグル人中年女性と、母の遠い親戚のアワグリお姉さんがいた。

アワグリお姉さんは家事や料理を手伝ってくれていた。母は毎月のように彼女の実家にお金を送り、農家である彼女の実家を現金収入で支えていた。母は彼女の手に職をつけてあげたいと裁縫の学校にも通わせていた。乳母もアワグリお姉さんも、とても優しい笑顔の絶えない人だった。

アワグリお姉さんは裁縫学校の実習作品として、美しいワンピースやコート、帽子などを私のために作ってくれた。生地を選ぶために、母とアワグリお姉さんに連れられてウルムチの大バザールまでよく行ったものだ。大バザールは人であふれかえって、活気と生命力に満ちていた。

アワグリお姉さんは、いつも「ここでは鶏のミルク以外なんでも買える」と大げさな表現で、その品物の豊富さを褒めていた。

父は当時のウイグル人のなかでは珍しくないが、漢民族にとっては珍しい学歴の持ち主で、ソ連の大学に留学して学位と資格を取っていた。

当時の中国の李鵬首相も、同じくエンジニアとしての資格をモスクワで取っており、このことが評価された父は、ウイグル人では珍しく局長クラスの幹部だったため、北京からこの管理局に直接派遣された漢民族の幹部と同様に一番良いマンションを与えられていた。当時のウルムチでは、このエネルギー管理局の住居マンションは、みんなの憧れの的であったと思う。

旧ソ連の建築を模倣して建てられたこの建物は、美しくて快適だった。床暖房に冬には温水と、夏にはウルムチの冷たい雪解け水が循環していて、季節問わずに快適だった。部屋数も多かった。家には、父がロシア留学時代に買ってきた、いくつかの美しい絵と、母が好きで育てていたゴムの木が植えられた大きな植木鉢が置いてあり、私はその雰囲気が大好きだった。

私はよく管理局の庭の花園で遊んでいた。乳母は遊ぶ私を見守っていた。いつ見ても彼女が私から目を離していないことが印象的だった。その優しい眼差しを今でも思い出す。

同じ年頃の漢民族の子どもが3人、それにカザフ人・タタール人・モンゴル人の子どもたちと一緒に遊んだ。みんな自分の母国語で相手に話しかけていた。またそれがごく自然のことであった。

ウルムチ生まれの人の特徴は、おそらく自分の母国語以外の言語と人種に対して、ごく自然に接することができることだろう。政治的な打算があった時代でも、子どもたちが違う人種、異なる言語と当たり前に接することができる、即ち今で言う国際感覚を生まれながら自然に身につけたことは、ウルムチ生まれの14の「民族」の特権で特徴だったように思う。

管理局のなかだけでなく、当時のウルムチを歩くだけで、少なくとも4〜5種類の言語と異なる顔が目と耳に入ったものだ。日常のなかで、さまざまな言語と違う顔に出会いながら、それを当たり前に生きる人々が住むウルムチほど、不思議で面白い町を私はまだ知らない。

▲新疆国際大バザール 出典:ウィキメディア・コモンズ

■同じウイグルでも南北で異なる文化

父はウイグルの北にあるイリの出身だった。イリはロシアに近い国境の町であるため、ロシアおよび西洋世界の影響を受けやすい町として知られる。ウイグルで一番開放的で文明的な町とも言われている。

父はイリで小中高一貫の名門校に通い、高校卒業してから当時のイリのウイグル人エリートたちと同じようにソ連に留学し、モスクワの工業大学で鉱山学部で学んだ。そして卒業と同時にウルムチに戻り、今度は中国の西安にある工業大学でさらに2年間勉強した。

そのおかげで、中国語とロシア語が堪能だった。そして、中国共産党によって指名され、今の職場で働くことになったらしい。

母はウイグルの南にある無花果(いちじく)で有名な町、アトゥシで生まれた。そこは歴史が非常に古く、ウイグルの近代史において有名人が多く出る場所でもあった。母はこの地で代々と続いてきた鍛冶屋一族の令嬢であったという。

地元の高校を卒業した母は、ウルムチにある新疆大学の哲学科に進んだ。私は父の実家をさほど知らないが、母の実家の鍛冶屋は私の成長に大きな影響を与えている。西安の大学を終えウルムチに戻った父は、新疆大学に講演に行き、そこで新疆大学の学生だった母と知り合い、2人は結婚したそうだ。

▲新疆大学南キャンパス図書館 出典:ウィキメディア・コモンズ

?父の出身地であるウイグル最北端のイリが、ウイグルでもっとも西洋文化の影響を受けた開かれた町であるのに対し、母の育ったアトゥシは、正反対の最南でウイグル色が最も濃い、比較的西洋文明に抵抗感がある敬虔なイスラーム教徒の町である。

ウイグルは昔から縦の交流関係が盛んであると言われていて、ウイグルの人々は北と南で互いの文化に対して憧れを抱いている。それは不思議なことに今も昔と全く変わらない。

互いの良いところを勉強し、生活を豊かにすることに徹している素敵な関係であり、その関係は奥深く面白いものだ。北と南の互いの良い文化を吸い込む関係は、ウイグル人社会の発展の一因であることは言うまでもない。

これは今に始まったことではない。歴史的にもそうであったことを、私は中央アジア学者の間野英二先生の著書『中央アジアの歴史』を読んで知った。父と母の結婚にも、このような北と南のウイグル人の「互いへの憧れ」的なものが大きかったのではないかと私は推測している。

■共産党員でもあり敬虔なムスリムでもあった両親

ウイグルには豊富な地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)がたくさん埋蔵されている。中国最大の地下資源の宝庫としても知られているが、父はこの地下資源を探すエンジニアとして働いていた。家を空けることも多く、地方に長期間行くこともしばしばあった。仕事が大好きな様子だった。

母は新疆大学の哲学部を卒業し、そのまま大学に残って講師として働いていた。哲学と言っても、ほとんどマルクスとレーニンの教えを極めることを専門としたようであった。

当時の中国で哲学と言えば、おそらくマルクスとエンゲルスやレーニンを習うのが王道とされた。他の西洋哲学は影も形もなく、あったとしてもブルジョワの腐った思想の産物と否定されていた。家には、マルクスやエンゲルスとレーニンのウイグル語に訳された全集を始め、毛沢東全集や語録などが並べられていた。母も中国語を話すことができ、中国の本も何不自由なく読んでいた。

父と母は共産党員だったが、家では共産党と政治の話を、少なくとも私の目の前ではしたことがなかった。しかし、彼らは敬虔なムスリムであったことは確かである。私が家のなかで食べ物をこぼすと、父は丁寧にそれを掃除しながら、私にこう言った。

「食べ物を粗末にすることは、アッラーが最も望まれないことだ。一滴も一粒も粗末にしてはならぬ」

父は、金曜日の朝やイスラームの祝日などに近くのジャーミー(モスク)に行って、集団礼拝に参加していた。毎年のラマダンもきっちりこなした。母は毎週金曜日に、先祖を供養する食べ物を作った。イスラームの教えは、もはや彼らの価値観や思想の一部になっていて、母と父の血と思想のなかに、ムスリムとしての本質的な優しさや正義のようなものが常にあるのを私は感じていた。

「新疆ウイグル自治区」という特殊な環境のなかでは、彼らは共産党員であることを形式として受け止め、多くは考えないようにしていたと思う。また、あの時代はそのようなことが許される社会的雰囲気があった。中国がまだそれを許さないほどの力と経済力を携えていなかったからである。

※本記事は、ムカイダイス:著『在日ウイグル人が明かす ウイグル・ジェノサイド』(ハート出版:刊)より一部を抜粋編集したものです。

関連記事(外部サイト)

×