水源豊かなウイグルの土地に入植してきた漢民族によって奪われた伝統

ウルムチ出身のウイグル人、ムカイダイス氏が幼少期に過ごしていたギュルトペ・マハッラ。そこでは漢民族を見たことさえなかったのだが、中学一年生の夏休みに行ったときには状況が一変していたという。母の実家である鍛冶屋が、何百年もの職人の歴史に幕を閉じることになった理由に迫る。

■鍛冶屋一族の祖父が語ってくれた物語

私の母の実家は、ウイグルの南の無花果(イチジク)で有名なアトゥシにあり、その町で17代続いているとも言われる老舗の鍛冶屋だった。私が小学校を卒業するまでの夏の間、私はウルムチを離れ、祖父母の家で過ごすことが多かった。

祖父は村の小学校の校長も務めていたため、家に本がたくさんあった。祖父母の家は伝統のウイグル彫り(木や建物自体に鎌倉彫のような美しい彫り)を施して作られた美しい大きな屋敷だった。

▲クズルス自治州の中のアルトュシュ市の位置 出典:ウィキメディア・コモンズ

馬が大好きな祖父は、馬小屋のなかで何頭かの駿馬を飼育していた。私は怖くて馬に近づくことはできなかったが、馬小屋の外に椅子を置いてもらって、座ったまま馬を眺めているのが好きだった。

家には広い果樹園が隣接していて、無花果をはじめ、石榴(ザクロ)や杏、葡萄などが作られていた。ここは迷宮のような家だった。その原因は家の大きさと造りの入り組んだ複雑さだけでない。そこには昔からの不思議なものがたくさん置いてあって、それにまつわる物語が大変面白かった。

私が一番好きな物語は、美しい模様がぎっしり刻まれた、開かずの鉄の箱にまつわる物語だった。その箱は、家業の鍛冶屋と職人の守り神として大切に保管されていた。

祖父によれば、祖先は遥か遠くから、鉄をいっぱい入れた袋を馬に載せて、パミール高原と氷山を越えて、この地にやってきた。祖先のエズーズ氏は、鉄を知り尽くした匠であり、邪悪な鬼も切り倒せる、鉄の剣を作る技術とともに、剣術に優れた英雄でもあったとのことだ。

彼はある夜、人間を襲った鬼を退治し、鬼の自慢の美しい髪の毛を切り落とし、肌身離さずに持ち歩いた。鬼は髪を返してくれと頼んだが応じず、この地域の鍛冶屋一族やそのゆかりの人間を決して傷つけないと誓約書を書かせてから、鬼に髪の毛を返した。この地域にいる限り、悪事は起こらず、皆が守られるということだ。その誓約書が箱の中に入っているという。

話が真実か否かはわからないが、幼かった私は、そのあとから鬼が出そうな暗いところが、全く怖くなくなったことだけは確かである。私の母の実家にまつわるこの話を、今でも時々思い出す。

■日本に来て感じたペルシアとのつながり

興味深いのは、私の祖先が鉄を持って、遥か遠くから中央アジアのオアシスにやってきたことである。遥か遠くというのは、おそらくペルシアではないかと推測する。

私は日本に来てから初めてペルシア人に会い、その文化を知った。彼らに「あなたは
イラン人か」と聞かれるたびに、私の祖先とペルシアのつながりについて確信を持てるようにはなったが、その経緯については全く手がかりがない状態である。

この鍛冶屋一族が住む集落は「ギュルトペ・マハッラ」と呼ばれていた。ギュルトペを日本語に訳すと「花の丘」という意味になる。

つい最近、たまたま読んだ日本の経済学者・関岡正弘先生の『マネー文明の経済学』という本で、この名前が世界最古の貿易文書を出土していた、トルコの地名(キュルテペ)と似ていることがわかった。この2つの似た地名に、何か関連性があるかどうかはわからないが、気になるところではある。

その名の通り、ギュルトペ・マハッラは小高い丘の上の集落であり、人々は丘のほぼ真ん中を通る大きな通りの両側に家を構えていた。集落のあらゆるところに水路があり、水路が作られるときには、両側に白楊木(どろのき)の苗が植えられる決まりがある。

▲白楊木(ギンドロ) イメージ:PIXTA

ウイグル人の家に入るときには、その水路に架けられた家々固有の綺麗な橋を渡るが、どんな家も果樹園が隣接している。これは、夏場に取れた杏やリンゴ、無花果などをドライにして、長くて厳しい冬を過ごすためのビタミン補給源にするためだ。

私が小さいときに、鍛冶屋たちは美しい鉄のベッドや鉄の窓の防犯柵を作っていた。ベッドの花形の飾りの作り方は、まず砂を湿らせ、その砂の中に型を埋め込む。そして砂の上から穴を空け、溶けた真っ赤な鉄を流し込むのだ。このようなやり方は、ウイグル独特なものかどうかはわからないが、大変不思議であったことは覚えている。

■漢民族が入植し状況が一変したマハッラ

私がギュルトペ・マハッラで過ごしていた期間は、ここに漢民族は一人もいなかった。マハッラの人も、漢民族を見たことさえなかった人がほとんどだった。

しかし、私が中学一年生の夏休みに行ったときには状況が一変していた。ギュルトペ・マハッラの町長が、なんと河南省から来た漢民族に代わっていたのだ。彼の親族と側近を含め20人の漢民族が、役場の近くに住むようになっていた。

母の実家である鍛冶屋は、2010年に何百年もの職人の歴史に幕を閉じ、今はもうない。後継ぎがいないのが一因と表面的に言われているが、ウイグルが中国に組み込まれ、その制度の犠牲になった最も鮮明な悲劇的な例でもある。

一族が盛んだった時期は、ウイグル人の家庭では農業用の馬と交通用の馬を何頭か所有していた。馬は蹄鉄を打って初めて使いものになると言われるほど、馬の蹄鉄とその修理は鍛冶屋一族の主な仕事であった。

▲馬の蹄鉄 イメージ:PIXTA

しかし、1990年代からウイグル人が所有する馬の数は劇的に減ったのである。その原因は、馬に与える餌としてのウマゴヤシ畑に使う水が圧倒的に足りなくなった現状から始まっていた。

1990年代後半からウイグルの南の村で慢性的に水不足が発生し、農作物や果樹園用の水、そして飲み水までもが不足した。たくさんのウマゴヤシ畑が枯れ、馬に与える餌がなくなり、たくさんの人々が馬を飼うのを辞めざるを得なくなった。村人の間では、水の奪い合いで争いが起きて、昔のような団結した平和な暮らしがなくなっていた。

マハッラの外れに大量の漢民族が住み込み、マハッラの人々の畑が強制的に彼らに与えられた。マハッラの外れに住む一家が襲われ、奥さんがレイプされ殺され、旦那が殺される事件までもが起きた。政府が生産建設兵団の牢屋から逃げた3人の悪質な漢民族の写真を、マハッラに貼ったばかりのころではあったが、犯人は未だわかっていない。

私はその後、上海の大学に入った。大学生のときに、漢民族のクラスメートの女の子たちを連れて村に行った。しかし、かつての女は家事と刺繍に励み、男は鍛冶屋で火花を散らかして真っ赤な鉄を好きな形に打っていた賑やかな雰囲気はなく、すべてが色あせ、すべてが古びて寂れていた。

日本に来てから、ウイグルに置かれた「生産建設兵団」の位置を地図で見たときに、すべてが明らかになった。水源と土地が良い場所には、すべて生産建設兵団が置かれていた。

また全国から犯罪者や娼婦、そして退役軍人が生産建設兵団の母体として入植されていることを知ったとき、あの一家殺しの残虐な事件だけではなく、ウイグルで起きたさまざまな衝突の本質が見えてきたのだった。

▲新疆生産建設兵団第8師団150団12連部 出典:ウィキメディア・コモンズ

※本記事は、ムカイダイス:著『在日ウイグル人が明かす ウイグル・ジェノサイド』(ハート出版:刊)より一部を抜粋編集したものです。

関連記事(外部サイト)

×