ロシア革命からつながるアメリカ民主党の社会主義化路線に迫る

国際社会の基本的な構造はロシア革命から始まっていた。バイデンが大統領になったらアメリカの政策がどう変わるかといった議論に意味はなく、注目すべきは副大統領のカマラ・ハリスである。元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と前ロンドン支局長の岡部伸氏が、近現代史やインテリジェンスを交え真実の世界の姿を炙り出す。

※本記事は、馬渕睦夫×岡部伸:著『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■ロシアにいるユダヤ人解放のために起こされた革命

馬渕 ロシア革命を理解するうえで「グローバリズム」とともに避けて通れないのが「ユダヤ」との関わりです。

ロシア革命を金銭面で支援した国際金融資本家というのはユダヤ系の人たちなのですが、現地のロシアで実際に革命を推進していたのも同じユダヤ系の人たちでした。トロツキーはユダヤ系ですし、レーニンも母がユダヤ人の血を引いています。

岡部 彼らに投資したシフもユダヤ人ですね。

馬渕 そうです。加えて、革命前にニューヨークに亡命していたトロツキーは、アメリカ在住のユダヤ人を多く引き連れ、アメリカ政府のパスポートを使ってロシアに入国して革命に従事しています。

▲レフ・トロツキー 出典:ウィキメディア・コモンズ?

「ロシア革命」と呼ばれていますが、その実態はまさに「ユダヤ革命」です。

教科書で説明されているような、皇帝の圧政に苦しむロシア国民が蜂起して帝政を転覆させた、というだけの単純な話ではありません。国外に亡命していたユダヤ人が、イギリスのシティやアメリカ・ニューヨークのユダヤ系国際金融資本家たちの支援を受けて、ロシアの少数民族であるユダヤ人を解放するために起こした革命なんです。

その事実は、当時のイギリスやヨーロッパ諸国ではほぼ常識で、たとえばフランス系イギリス人の歴史学者ヒレア・べロック(1870〜1953)は、1922年発刊の著書『The Jews』〔邦題『ユダヤ人 なぜ、摩擦が生まれるのか』渡部昇一:監修+中山理:翻訳/祥伝社〕のなかで、すでにロシア革命がユダヤ革命だと指摘しています。

ロシア革命では、レーニン率いるボルシェビキが当時の帝政ロシア、すなわちロマノフ王朝を武力で倒したケレンスキー臨時政府から、暴力で政権の座を奪取したわけですが、新しく誕生した革命政権の指導部の8割はユダヤ系で占められていました。

そして革命政権は、それまでのロマノフ王朝が保有していた莫大な財産の多くを自分たちのスポンサー、つまりユダヤ系の国際金融資本家たちに"利益還元"します。ロシア革命への"投資"は成功したというわけですね。

当時トロツキーらが手に入れたのはロマノフ王朝の財産だけではありません。トロツキーが革命後にまず行ったのは、共産主義の私有財産禁止の思想をもとにして、ロシアの民衆が保有していた金、つまりゴールドを没収するということでした。これらは革命家たちの借金返済に充てられました。

▲ロマノフ家の皇帝・皇族(1892年) 出典:ウィキメディア・コモンズ

?このロシア革命のあらましを聞けば「自分たちの利益のためなら国なんてどうでもいい」というグローバリズムの考え方、グローバリストたちのビジネスの全体像が感覚としても理解できるのではないでしょうか。

今日の国際社会の基本的な構造は、このロシア革命から始まっているわけです。

■?民主党の思い描く構想の主役はカマラ・ハリス

馬渕 東西冷戦の時代、アメリカはソ連で人権侵害を受けていた自由主義者たちの亡命を支援したとされていますが、実はそれも表向きの説明にすぎません。当時アメリカに亡命してきた自由主義者というのは、ロシア革命の革命家たちの末裔、つまりユダヤ系の人たちでした。

ようするに、スターリン以降、徐々にソ連の権力がユダヤ系からロシア人の手に移ってきたため、ユダヤ系革命家の末裔たちが弾圧されるようになって、ソ連から逃げ出すようになったというわけです。

こうした話をメディアは絶対にしません。だから我々は単純に「ソ連の共産主義体制のなかで自由を求める人々がいる」と洗脳されてきたのです。その革命家の末裔たちが結局、アメリカでネオコンになって、民主党に巣食っているという事実も知らずにね。

民主党の話をすると「民主党はどういう政党か?」と問われれば「ネオコンが最初に巣食った政党」だということです。もちろん、それがすべてだと言うつもりはありませんが。

ネオコンたちは一時共和党に流れましたが、今また民主党に戻ってきています。だから今は民主党が、特に民主党の左派がアメリカを乗っ取ろうとしているわけです。

今回の大統領選挙との絡みでいえば、まさに副大統領となったカマラ・ハリスが民主党の左派を象徴する存在ですね。まあ彼女もディープ・ステートに使われているだけなんですが。バイデンにいたっては、完全に神輿に担がれただけの存在です。

岡部 おっしゃる通り、民主党はカマラ・ハリスをはじめ、極左勢力に侵食されていると言われています。

▲カマラ・ハリス 出典:ウィキメディア・コモンズ

馬渕 日本だと、新聞でもテレビでもネットでも、保守系の人も含めてみんなが「バイデンが大統領になったらアメリカの政策がどう変わるか」なんて議論していますが、そんなものはまったく意味がありません。

バイデンはもうすぐ首を切られる運命にあるわけですからね。今回の選挙の"飾り"にすぎなかったので、バイデンが大統領になっても、容赦なくハリスに変えられる。理由はいくらでも出てくるでしょう。私は、バイデンさんは病気か何かですぐ辞めると思います。すでにそういう状況にある。

岡部 それが民主党の思い描いている戦略ですね。ハリスは、日本でいうと、辻元清美議員(立憲民主党)のような存在と言われています。カリフォルニア州オークランドで、父親はジャマイカ出身、母親はインド出身の移民の子として生まれました。

しかし、父親はスタンフォード大学の経済学者、母親は高名な乳がん研究者で、有色人種ながらエリートの家柄です。

黒人のハーバードと言われるハワード大学を卒業後、カリフォルニア大の法科大学院を卒業し、法科博士号を取得。地方検事から、カリフォルニア州検事総長まで務めた後、カリフォルニア選出の上院議員に当選したのが2016年です。

検事出身なので非常に弁が立ち、野心家で自己主張が強く、国民皆保険制度や大麻の合法化、不法移民への永住権授与まで支持しています。政治主義は極左に近く、中国共産党やロシアに関与しているという噂もあります。

馬渕 そうなると、極左勢力が米国政府を牛耳ることになり、社会主義化路線に一直線に突っ走るでしょう。

ようするに、民主党は今や完全にネオコンに乗っ取られている、ひいてはディープ・ステートに乗っ取られているということですね。そういう人たちがいわば民主党左派という形で今、民主党の実権を握っています。だから、民主党のなかでも良心的な一部の人は、不正選挙騒動でトランプを支持していたわけです。

今回の不正選挙は、やっぱりアメリカのデモクラシーに対する挑戦だということです。

関連記事(外部サイト)