東郷平八郎とイチョウが結んだ日本とイギリスの縁

日本政府がイギリスとの間で、自衛隊とイギリス軍の相互運用を円滑にする動きを見せている。これには中国を牽制する狙いがあると思われるが、そのつながりに関わっているのが、歴史の教科書でもお馴染みの東郷平八郎元帥だ。元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と前ロンドン支局長の岡部伸氏が、東郷平八郎とイギリスの関係を語る。

※本記事は、馬渕睦夫×岡部伸:著『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■東郷平八郎の写真で日英4大臣が意気投合

岡部 歴史に関連する話でいうと、東郷平八郎元帥(1847〜1934)は、今でもイギリス人から「東洋のネルソン」として敬愛されています。

▲元帥海軍大将・東ク平八カ 出典:ウィキメディア・コモンズ

ロシアのバルチック艦隊に完全勝利した、という実績もさることながら、国家存亡の危機を救うために生命を賭して戦ったリーダーだったことや、敵兵救助に最善を尽くし、降伏した敵将を紳士的に扱っていたことなどが、イギリス人にも好まれているんだと思います。日本の武士道とイギリスの騎士道で、相通じるところがあるんでしょうね。

馬渕 東郷さんはイギリスに留学していましたよね。

岡部 はい。明治初期に約7年間、イギリスに官費留学しています。その縁から、今でも東郷元帥を顕彰するイギリス人が少なからずいるわけです。

2017年12月、ロンドン郊外のグリニッジの国立海事博物館で開かれた、第3回日英外務・防衛閣僚会合(2プラス2)で、当時イギリスのジョンソン外相、ウィリアムソン国防相、日本の河野太郎外相、小野寺五典防衛相の4大臣が同博物館に所蔵されていた東郷元帥の肖像写真を一緒に見ながら談笑して、意気投合したというエピソードもあります。

▲国立海事博物館 出典:PIXTA

ちなみに、その肖像写真というのは、観戦武官(第三国の戦争を観戦するために派遣される軍人)として戦艦「朝日」に乗り込み、日本海海戦を目撃したイギリス海軍の駐日海軍武官ウィリアム・ペケナム提督(1861〜1933)が保管していたものです。

日本海海戦の約半年前の1905年1月に撮られた写真で、旅順〔中国遼寧省大連市。日露戦争当時、ロシア軍の難攻不落の要塞があった軍港都市〕陥落直後の祝宴に東郷元帥を招いた際に、東郷元帥が出席の返信に同封した写真を、ペケナム提督が日記に添付し、同博物館が所蔵していました。

先ほどの話ともつながるのですが、東郷元帥の写真で打ち解けた閣僚会合の翌日、小野寺防衛相(当時)がポーツマス港を訪れ、完成直後の空母「クイーン・エリザベス」を外国閣僚として初めて見学して、アジア派遣の際に海自の「いずも」と共同演習を実施することを提案しました。この日本のラブコールに4年ごしにイギリス側が応じようとしています。

▲東郷平八郎の肖像写真と直筆の手紙 ?岡部伸

▲駐日海軍武官ウィリアム・ペケナム提督の日記 ?岡部伸

■イチョウ「帰郷」プロジェクト

岡部 東郷さんに関する話題をもうひとついいでしょうか。これは私自身も多少関わった話なんですけども。

馬渕 ええ、もちろんです。どうぞ。

岡部 明治初期の日本政府は、当時世界一の造船技術を持っていたイギリスに、軍艦の建造を依頼しました。この時に造られたのが、コルベット艦の「金剛」「比叡」「扶桑」という3隻です。この3隻はアジアでは唯一の近代的装甲艦で、黎明期の日本海軍のシンボルとして知られています。

3隻のうち「比叡」は、ウェールズのペンブロークという、英海軍工廠(軍直属の軍需工場)のあった街で造られました。これに船の建造を監督する艤装員として関わっていたのが、当時イギリスに官費留学中だった東郷元帥でした。

1877年6月に比叡が完成し、ペンブロークで進水式が盛大に行われると、日本政府を代表して当時駐英特命全権公使だった上野景範が、感謝のしるしとしてイチョウの苗木を地元に寄贈しました。このイチョウが当時、東郷元帥が滞在していた英海軍士官宿舎の裏庭に植えられたんですね。

その翌年1878年、東郷元帥が比叡を回航して帰国し、27年後の1905年に日本海海戦でバルチック艦隊を撃破する歴史的勝利を収めると、ペンブロークでは「我が町こそ日本海軍発祥の地なり」と盛り上がり、市民たちがこのイチョウを「東郷ゆかりのイチョウ」と語り継いでいくようになりました。

そのイチョウが100年以上経った今では、20メートル近い大木に成長したので、2017年ごろから地元の郷土史家デービッド・ジェームズさんが中心となり「日英友好のシンボル」として、日本の東郷ゆかりの地に里帰りさせようという「帰郷」プロジェクトをボランティアで立ち上げたんです。

馬渕 心あたたまるお話ですね。東郷さんが彼らに慕われていることがよくわかります。

▲大木に成長した東郷ゆかりのイチョウ ?岡部伸

■日英の草の根に広がった「善意の輪」

岡部 当時、私はロンドンでその話をたまたま耳にして、ペンブロークまで訪問して地元ウェールズの人たちの熱い思いを、2018年10月に産経新聞の国際面で小さく報じました。すると、いろいろな形で協力を申し出てくれる人たちが出てきたんですね。

▲初代「比叡」進水式の様子を伝える地元新聞と記念写真 ?岡部伸

イチョウの受け入れの申し出も、東京・原宿の東郷神社を皮切りに、旧海軍鎮守府があった広島県呉市、京都府舞鶴市、長崎県佐世保市、神奈川県横須賀市の旧軍港4市が次々に名乗りを上げてくれました。さらに他にも、東郷元帥の生誕地・鹿児島市や、私邸跡が東郷公園になっている東京都千代田区の区議や市民からも移植の希望をいただきました。

ちなみに、苗木を日本に輸入するには、植物防疫所で病害虫の侵入を防ぐための厳しい検疫をパスしなければならない、という頭の痛い問題に加え、高額な輸送費の難題もあったんですが、日本側の関係者の方々もいろいろと協力してくれたおかげで、なんとかクリアできました。

特に輸送費の問題は、ボランティアの人たちが手弁当でプロジェクトを進めていたこともあり、本当に深刻でした。日本への輸送費用の工面がつかず、計画が一時暗礁に乗り上げたんですが、産経新聞の報道で「帰郷」プロジェクトを知った日本郵船と、その関連会社の方々が手を差し伸べてくれました。

実は、第一次世界大戦末期の1918年に、ウェールズ沖でドイツ潜水艦に撃沈され、乗組員と乗客合わせて210人が犠牲になった日本郵船の貨客船「平野丸」の慰霊碑を、ジェームズさんが地元の教会に再建してくれたという恩義もあったからでした。

まさに日英の草の根に広がった「善意の輪」です。こうして東郷ゆかりのイチョウの苗木15株が2019年12月24日、広島市植物公園に届けられました。そして、苗木を日本の土壌に慣らしたうえで、その1株がまず2020年7月1日、呉市の旧東郷家住宅離れの庭に移植されたんですね。

この日、イチョウの植樹式には、イギリスの大使館に勤務するイギリス海軍駐在武官のサイモン・ステイリー氏も、わざわざ呉まで足を運んでくださいました。「イチョウの木は本当に生命力がある。数千年樹齢があると言われている。イチョウの木のように日英関係をさらに強くしていきたい」という内容のスピーチを、たどたどしい日本語でがんばって話されていたのが心に残っています。

さらに同年11月22日、鹿児島日英協会(島津公保会長)の尽力で、東郷元帥の出身地、鹿児島の銅像がある多賀山公園にもイチョウの苗木が移植されました。さらに舞鶴市や佐世保市、横須賀市でも植樹される予定です。

私自身がこういう経験をしたこともあって、今、本当にイギリス側から日英関係を広げていこうという動きが、非常に高まっていると実感しています。

▲挨拶する英国海軍サイモン・ステイリー大佐 ?岡部伸

関連記事(外部サイト)