政権奪還したタリバンを知るためのアフガン近代略史

アメリカ軍の撤退によりアフガニスタンではタリバンが政権を奪還することとなった。タリバン政権は2001年に一度崩壊しているが、現在まで、どのように勢力を維持していたのか。また、そもそもタリバンとはどのような存在なのか。国際政治学者の高橋和夫氏がアフガニスタンの近代史をもとに解説する。

■90年代初頭までの共産政権時代とソ連

1990年代にアフガニスタンを支配していたタリバン政権は、2001年にアメリカ軍の攻撃を受けて崩壊した。ところが、20年後の2021年8月に突如としてよみがえり権力を奪取した。いかにしてタリバンは生き返り、権力を再び奪ったのだろうか。

まず指摘したいのは、この問いは前提を間違えている。タリバンは生き返ったのではない。と言うのは、タリバンは決して死んでいなかったからだ。

それでは2001年の政権崩壊後、タリバンはどこに隠れていたのだろうか。そして、そもそもタリバンとは何者なのだろうか。

アフガニスタンの人々は、1970年代から戦い続けてきた。1978年にソ連留学から帰国した青年将校たちがクーデターで権力を握り、共産政権を樹立した。そして社会主義的な手法での近代化を始めた。女性の解放や土地改革など進歩的な政策を実施しようとした。

しかし、これに反対する広範な抵抗運動が起こった。共産政権は危機に直面した。この政権を助けるために1979年にソ連軍が介入した。無神論の国・ソ連からの軍隊に、イスラム教徒の国のアフガニスタンが占領された。アフガニスタンのイスラム教徒を救おうと、世界各地からムジャヘディーン(イスラムの聖戦士)がはせ参じた。平たく言えばボランティアだった。

ムジャヘディーンの兵士達(1987年) 出典:ウィキメディア・コモンズ

聖戦士たちはパキスタンを拠点にアフガニスタンに出撃し、アフガニスタンのムジャヘディーンと共にソ連軍と戦った。この聖戦士たちに武器と訓練を与えたのは、アメリカのCIA(中央情報局)とパキスタン軍のISIとして知られる諜報部だった。冷戦期でソ連と対立していたアメリカは“ゲリラ”、つまりムジャヘディーンを使ってアフガニスタンを「ソ連のベトナム」にした。

10年後の1989年、ソ連軍は結局アフガニスタンから撤退。そしてソ連自体が1991年に崩壊した。またアフガニスタンの共産政権も、翌1992年に崩壊した。

■イスラム神学校の学生が決起したのがタリバン

今度は勝利を得た各勢力の間で内戦が始まり、アフガニスタンは安定しなかった。この状況を見たアフガニスタン南部のイスラム神学校に学ぶ学生たちが、1994年に決起した。現地の言葉で神学生はターレブと呼ばれる。その複数形がターレバーン。日本のメディアが「タリバン」として言及する人たちである。

参考までに付言すると、アフガニスタンはパシュトゥーン人・タジク人・ハザラ人・ウズベク人などからなる多民族国家である。主として南部に生活するパシュトゥーン人が最大の民族である。つまりタリバンは、パシュトゥーン人を主体とする組織である。

タリバンは勇敢に戦って治安を回復し、多くの国民の支持を得て1996年に首都カブールに入った。タリバンを支援したのが、先ほど紹介したISIだった。パキスタンは、アフガニスタンに自らの影響力の及ぶ政権を確立した。

▲アフガニスタンとパキスタン 出典:PIXTA

■タリバンとアルカイダの同盟関係

タリバンは、パシュトゥーン人の住むアフガニスタン南部では簡単に勝利を収めたが、少数民族の住む北部の戦闘では苦戦した。苦しい局面でタリバンを助けたのは、アルカーイダ(アルカイダ)だった。

アルカーイダを構成したのは、1980年代にソ連との戦闘に参加し若者たちだった。主としてアラブ諸国出身のイスラム急進派の組織である。指導者はオサマ・ビンラーディンだった。アルカーイダの部隊が北部での戦闘では、突撃部隊として突破口を開いてタリバンを助けた。

▲オサマ・ビンラーディン 出典:ウィキメディア・コモンズ

戦闘を通じて、タリバンとアルカーイダの血染の同盟関係が成立した。しかも、両者の指導層の子息が婚姻を通じて血縁関係を結んだ。そのアルカーイダが、2001年9月11日にアメリカで同時多発テロを引き起こした。

アメリカは、タリバンにビンラーディンなどの引き渡しを求めた。客人を保護するというパシュトゥーン人の伝統から見ても、またタリバンとアルカーイダの血縁と同盟関係から判断しても、タリバンには要求の受け入れは困難だった。アメリカの要求をタリバンが拒絶すると、アメリカは軍事力でタリバン政権を打倒した。

■イラク戦争がタリバン再起の契機となる

2001年10月にアメリカ軍は攻撃を始め、同年末までにタリバン政権を崩壊させた。またアルカーイダに大きな損害を与えた。そしてアフガニスタンでは、アメリカなどの支援を受けた新たな政権が樹立された。これが、この8月に崩壊したアフガニスタン政府である。

タリバンもアルカーイダも大きな打撃を受けたが、滅亡したわけではなかった。指導部はパキスタンに逃れ、同国軍部の保護を受けた。そして再起の機会を待っていた。

その機会は2年後にやってきた。2003年にアメリカがイラクのフセイン政権との戦争を始めたため、その軍事力の主力をイラクに移してしまったからだ。

▲フセイン肖像画 出典:PIXTA

その隙にタリバンは、南部の国境地帯を中心に徐々に影響力を復活させた。アフガニスタン政府の腐敗や不人気がタリバンの復活を助けた。アフガニスタン政府軍とタリバンの内戦が始まり、出口の見えない戦いが続いた。

2017年、アメリカ第一主義を掲げたトランプが大統領に就任した頃には、アメリカ国民はアフガニスタンでの長い戦争を耐えられない程の負担に感じ始めていた。トランプはタリバンとの交渉でアメリカ軍の撤退を約束した。

そして2021年トランプの次に大統領となったバイデンは、その路線を引き継いだ。そしてアメリカ同時多発テロの20周年の今年、9月11日までにアメリカ軍の全面撤退を発表した。

それに呼応するかのように、8月に入ってタリバンが軍事攻勢を開始。アフガニスタン政府軍は大した抵抗も見せずに総崩れとなり政府が崩壊したのだ。

<緊急寄稿>アフガンからの軍撤退に見え隠れするアメリカの「対中政策」 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/2327 )

関連記事(外部サイト)