アメリカ大統領執務室の「チャーチルの胸像」から見える米英関係

8月17日、アフガニスタン情勢を巡る問題について、アメリカのバイデン大統領と、イギリスのジョンソン首相は電話で会談し、G7によるオンライン会議を今月中にも行うことで合意したことが報じられました。一見歩調が合っているように見える両国の代表。しかし、浅からぬ因縁があると、元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と前ロンドン支局長の岡部伸氏が語る。

※本記事は、馬渕睦夫×岡部伸:著『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■ジョンソンとバイデンの因縁はオバマ政権時代から

馬渕 トランプ・安倍時代なら、ファイブ・アイズに日本が入ってシックス・アイズになるか、あるいは台湾が入ってセブン・アイズになって、いわゆる「自由で開かれたインド太平洋構想」の要になるというのが理想的なシナリオだったと思います。

しかし、ディープ・ステート政権とも言えるバイデン政権ができてしまった以上、それがすんなりいくかどうかは大いに疑問ですね。今後の米中関係がどうなるかによっては、大きくシナリオが違ってくるかもしれません。

岡部 そうですね。おっしゃる通りです。たしかに、対中姿勢に不安を抱えるバイデン政権では心もとないところがあります。

馬渕 そういう不安要素がまだありますよね。それから、先ほどの岡部さんの分析そのものには同意するんですが、ジョンソン政権の立ち位置というのはいったいどうなっているのでしょうか?

というのも、ジョンソン首相はバイデンに祝辞を送った、最も早いうちのひとりでした。ジョンソンさんは今、いったい何を考えているのでしょうか?

▲ボリス・ジョンソン 出典:ウィキメディア・コモンズ 

?岡部 まず大前提からお話しすると、率直に言って、米英関係は一般論としてバイデン政権になると悪化すると言われています。ジョンソンとバイデンの因縁は、オバマ政権時代にまで遡ります。

オバマは大統領就任後まもなく、それまでホワイトハウスの大統領執務室に置かれていたウィンストン・チャーチル(1874〜1965)の胸像を部屋から撤去したんですよ。それに対して当時ロンドン市長だったジョンソンが、オバマのイギリス訪問時に「あいつはケニアの血が入っているから、大英帝国にコンプレックスを感じているんだろう」と口にしました。有名なジョンソンの“舌禍事”のひとつです。

馬渕 たしか、ジョンソン首相はチャーチルのことを尊敬していましたよね。

岡部 はい。自分でチャーチルの評伝を書くほど崇拝しています(『チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力』 石塚雅彦・小林恭子訳、プレジデント社、2016年)。

▲ウィンストン・チャーチル 出典:ウィキメディア・コモンズ

でも、そんなこと言われたら、当然オバマだって怒りますよね。これでオバマ政権とジョンソンは非常に険悪な関係になってしまいました。

そして、皆さんご存じの通り、当時の副大統領がバイデンです。

こうした過去の因縁もあるので、バイデン政権のアメリカとジョンソン政権のイギリスでは非常に相性が悪い。

バイデン政権で米英関係が悪化するだろうと思われるもうひとつの理由は、バイデンはアイルランド出身なので、ブレグジットではどちらかというとEU残留派、つまりジョンソン首相の離脱には反対の立場だったということです。

これまではトランプもEU離脱派だったので、ジョンソンとは馬が合っていました。トランプもチャーチルの胸像を大統領執務室に戻すほど、チャーチルを崇拝するという個人的な共通点もありました。でも、それがバイデンに代わると、これまでの特別な米英関係に陰りが出てくるのではないかと言われています。さっそくバイデンは、チャーチルの胸像を再び、大統領執務室から撤去してしまいました。

▲大統領執務室の「チャーチルの胸像」はどこに? イメージ:PIXTA

しかし、私の見たところ、大統領や首相が代わろうとも、米英関係の基本的な根幹の部分は変わらないと思います。首脳間の相性が悪くとも、米英のDNAに染み込んだ「特別の関係」は強固だからです。ジョンソンはバイデンとの関係を修復していけるのかを、今後しっかり注目していかなければならないと思います。

■現実主義者・ジョンソン首相の思惑

岡部 それから、本題の「ジョンソン自身が今何を考えているか」という話ですね。やはり彼は現実主義なんですよ。EU離脱派は「鉄の女」と言われた保守党の宰相、マーガレット・サッチャー以来の保守党の本流にあたります。

つまり、EU懐疑やEU離脱が保守本流で、サッ チャーの影響が色濃く反映した伝統的な考えかたです。なぜならEU離脱は、一時の国民感情が盛り上がった偶発的なものではなく、英国民が広く共通して長期間、欧州に対して抱いていた不満に根ざした構造的問題であるためです。

▲マーガレット・サッチャー アメリカのロナルド・レーガンとともに(1981年) 出典:ウィキメディア・コモンズ

これまでジョンソンは、離脱派を中心とする保守本流に支えられながら、残留派の一部からも支持を集めていました。そこは彼の強い指導力という要素が大きいと思います。前任のテリーザ・メイ首相に指導力がなかったわけではありませんが、メイ前首相はややもすると、いろいろな人の意見を聞きすぎる「優等生」として。あらゆる人の意見を取り入れようとして決断できずに、結果として、離脱・残留の双方から反発を買って自滅したところがありましたから。混乱回避に、保守本流として離脱をやり遂げたジョンソン首相の突破力は評価していいと考えています。?

馬渕 同感です。ジョンソンの離脱実現へ向けた強引な手法を見ていて、イギリス人は妥協がうまい国民性がありますから、案外最後は収まると思いました。?

岡部 ジョンソンは、保守本流の離脱派の考えを推し進めながら、トランプやプーチン、トルコのエルドアン大統領などと同じように、パワー・ポリティクス(権力政治)の時代に強い指導者を目指して、イギリスを立て直そうとしています。 ?

EUから離脱して欧州という枠からイギリスを解放し、世界各国との連携によって国を活性化させていく「グローバル・ブリテン(世界の英国)」構想を掲げたわけです。 ?

そんなジョンソンですから、米英関係というのはイギリス外交政策にとって「一丁目一番地」 であることは十分よく理解しています。だからこそ、関係が深かったトランプ前大統領の落選が確定すると、個人的な好き嫌いを抜きに現実主義として、真っ先にバイデン大統領と電話会談に臨んだのだと思います。しかし、バイデン政権のアメリカと特別良好な関係が維持できるかどうかは、イギリス国内で疑問が持たれています。 ?

EU離脱後、アジア太平洋に目を向け、日本との関係を深化させながら、西側の仲間を増やしていきたいのがジョンソンの本音だと思います。EUから完全離脱したうえで、シーパワー(海洋国家)に立ち戻って、一からやり直そうとしているのでしょう。

▲現実主義者・ジョンソン首相の思惑とは? 出典:PIXTA

関連記事(外部サイト)