超大国と言われていたロシア。その実像と国民性に迫る

2021年の12月で、ロシア連邦の建国から30年となります。つまり、ソ連が崩壊してから30年ということです。東西冷戦の象徴として描かれるアメリカとソ連。しかし、アメリカと比較するには、ソ連・ロシアは“ハリボテ”であると元駐ウクライナ大使・馬渕睦夫氏と、産経新聞社の前ロンドン支局長・岡部伸氏は語ります。

※本記事は、馬渕睦夫×岡部伸:著『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■住んでみてわかる「ロシアの実像」

馬渕 私は北方領土交渉には直接関わっていないし、ロシアスクールでもなくて英語研修組です。たまたまソ連時代のモスクワに勤務しただけですけど、1979年夏から1981年秋まで住んでみたら、ソ連が超大国でないのはすぐわかりました。

結局のところ、ソ連は東西冷戦を仕組んだ勢力によって超大国に仕立てられ、アメリカと対峙させられたというわけです。

岡部 私もロシアに住んで“ハリボテ”であることがすぐわかりました。馬渕さんが一番はっきりと感じたのはいつでしたか?

馬渕 キューバ危機です。ケネディが本当に拳を振り上げたら、ニキータ・フルシチョフ(スターリン死後のソ連の最高指導者。1894〜1971年)が尻をまくって逃げちゃった、というのがキューバ危機の真相ですね。

▲フルシチョフとジョン・F・ケネディ(1961年・ウィーンにて) 出典:ウィキメディア・コモンズ

当時のケネディ大統領は、ソ連がアメリカ向けミサイル基地を建設したキューバを海上封鎖しましたが、ミサイルを積んだソ連艦船は、海上封鎖を突破することはせずに引き返しました。ソ連がハリボテだということを白日のもとにさらしたのです。だから、ケネディは東西冷戦を仕組んだ勢力に暗殺されたとも言えます。

▲キューバ海上封鎖宣言に署名するケネディ大統領 出典:ウィキメディア・コモンズ

実はそのことを、ソ連の外務大臣を1957年以降、28年間の長きわたり務めたアンドレイ・グロムイコ(1909〜1989年)が書き残しているんです[『グロムイコ回想録 ソ連外交秘史』読売新聞社/1989年]。

キューバ危機後、ソ連との関係改善を考えていたケネディは、グロムイコに対し「米ソ関係改善を望まない勢力」としてユダヤ・ロビーを挙げたそうです。ケネディ暗殺の報に接したグロムイコは、回顧録のなかで「理由は不明だが、この時の会話が思い出された」と暗にユダヤ・ロビーが暗殺したことをほのめかしています。

▲キューバ港からミサイルを運び出すソ連の貨物船(アメリカ空軍の偵察機が撮影/1962年11月) 出典:ウィキメディア・コモンズ

私がグロムイコの回顧録を読んだのは、外務省勤務が終わってからですが、ソ連がハリボテだという印象が確信に変わりました。

そうやって仕立てられた東西冷戦という“擬制の世界支配体制”が、そのまま今日まで続いているわけです。だから、北方領土問題も彼ら勢力にとっては、日露が仲良くなるのを防ぐための道具なのですね。

産経新聞も含めて4島返還で世論が固まっていますから、反発を受けるかもしれませんが、北方領土問題は歯舞色丹2島で決着していいと思います。いいと言うか、そもそも日ソ共同宣言には2島でしか書いていませんからね。だから、まずはそれで平和条約を結んで、何年後かに国際情勢の変化の結果、ロシアが「国後・択捉も全部返す」って言ってくるのを待てばいいわけです。

ロシアはいずれ存亡の危機に直面する可能性がありますからね。彼らは広大なシベリアを守るだけで手一杯で、ちょっとでも隙を見せたら中国が入ってきてしまいます。それに、人口も減っている。プラス高齢化ですしね。

プーチンにとって、ロシアという国家をいかに守るかで本当に眠れない夜が続いているはずですよ。かといって、欧米と組んだらまたユダヤ資本がくっついてくるし、そう考えると日本しかないわけですよ。プーチンとロシアが頼る先は。

■まことしやかにささやかれるプーチンの噂とは?

岡部 プーチンが出てきた頃、ロシアにいました(1996年〜2000年まで産経新聞モスクワ支局長)。彼は当時から「灰色の枢機卿」と言われました(笑)。KGBの長官で、サンクトペテルブルグからきていたものですからね。

エリツィンが後継者を探していたのです。エリツィン政権の第一副首相だったボリス・ネムツォフは最初の候補で、他に何人も候補になりましたが、結局最後に残ったのがプーチンでした〔ネムツォフはその後、反プーチン政権派の野党指導者となるが2015年に暗殺〕。

▲ウラジーミル・プーチン 出典:www.kremlin.ru(ウィキメディア・コモンズ)

なぜ、最終的に彼に決めたかというと、当時、クレムリン周辺でささやかれたのが、エリツィンの次女のタチアナ・ユマシェワら、エリツィンファミリーがプーチンの弱みを握ったという話でした。なんだと思います?

馬渕 さあ、なんですか。

岡部 当時、まことしやかに言われたのが「プーチンはゲイだ」という噂です。エリツィン家がその証拠写真を握ったというのですよ。

なぜ、それがプーチンを後継者にする決め手になるかというと、ロシアでは権力者は退任して絶対権力を失うと、寝首をかかれるんです。韓国などのように、革命か暗殺か。平和裏に権力移譲されることが少ないからです。

だから、これは半分事実だと思っています。あれだけ用意周到なエリツィン家が、すっぱりプーチンに譲ったのは、相当な“弱み”を握ったと思われます。「裏切ったら、この写真出すぞ」と言って後継者にしたのだと思います(笑)。

何しろ、ロシア語で不都合な情報を意味する「コンプロマット」(中傷情報)と呼ばれる攻撃は、旧ソ連で政敵やジャーナリスト、高級官僚らを追い落とす手法として繰り返し利用されてきたためです。

情報の主流は男女の情事で、KGB〔ソ連国家保安委員会:ソ連の情報機関・秘密警察〕は本物か捏造かを問わずにスキャンダルを探すのが日常でした。

KGBの後継のFSB(連邦保安庁)長官だったプーチン自身、1999年3月、当時のエリツィン大統領と対立し、エリツィン家と側近の汚職捜査に乗り出したユーリ・スクラトフ検事総長とみられる男性が、サウナで裸になって女性と戯れるビデオ映像を撮影して、ロシア内外のテレビ局に持ち込んで放映し、失脚させています。

最高権力者だったエリツィンが、情報機関を総動員してプーチンの恥部を探し出すことは、いとも簡単だったと思います。

馬渕 なるほど、ありうる話かもしれませんね。まあ、この手の話は人の興味を引くだけに、すぐ尾ひれがついて独り歩きする側面もあるので、岡部さんのおっしゃった通り、話半分くらいが真実に近いのかもしれませんね。

■絶対的な独裁者が好まれるロシア人の国民性

??2020年7月のロシア憲法改正で、プーチンが事実上の終身大統領になった件については、どう分析されますか。

岡部 本人よりも取り巻き連中のほうが望んだようです。今のロシアは、プーチン体制が強固でまとまっているからこそ、軍産複合体にしろ、情報機関にしろ、金融資本家にしろ、財閥にしろ、プーチン大統領の独裁的な体制を維持することで利権を享受できる面があります。

むしろ、その体制を変えると、新たな勢力争いが起きかねません。だから現状維持が望ましい。それであらゆる勢力を沈静化させておくことができます。もちろんプーチン自身も続投できれば、それに越したことはないわけです。

今度の改正で12年間は安泰となりますから、プーチンとしてはその間にじっくり時間をかけて、弱みを握らなくても寝首をかきにこない後継者を作るつもりじゃないですかね。

馬渕 私は独立後のウクライナに勤務した経験があるからわかりますけど、ウクライナを含めて、共産主義体制を経験した国では、野党の政治的保障がないわけですよ。ということは、権力を握らないとダメなんです。権力を失ったらもう命がない。

そういう意味では、我々が慣れ親しんでいる民主主義国家とは政治法則が違うのです。ウクライナもロシアも、我々が思っている民主主義国家にはならないし、なれない。民主国家になると、いろんな人がいろんなことを言いすぎて、国はまとまらないでしょう?

我々は自分たちの価値観で、強権政治的な体制じゃないほうがいいと当たり前のように言いますが、ロシア人の目からしたら、必ずしもそうじゃないのです。プーチンみたいな強い人がいてくれるから自分たちは安心できるんだ、と思っている。

岡部 そう、まさにそうです! ツァーリ(絶対君主)、強い独裁者を好む国民性です。

イワン雷帝〔イワン4世:初めて「ツァーリ」の称号を公式に用いたロシア皇帝。恐怖政治で大貴族の力を抑え、領土を拡大した。1530〜1584年〕しかり、スターリンしかりです。

▲イワン雷帝 出典:PIXTA

馬渕 岡部さんはご存知ですけど、ソボールノスチ精神というロシア人の考えかたがあります。ソボールノスチとは、ロシア宗教哲学の基本概念のひとつで、全一性、精神的一体感のことです。

この場合は、独裁者と自分を一体化することで、安全や安心を得るということなのだけど、そういう心情が市民のなかにある。だから、いくら我々がプーチンは独裁的だと批難しても、ロシア人にはなんの意味も持たないですよ。

岡部 国民がそういう強い人物を求めていますからね。ロシアの国民性なのでしょう。

関連記事(外部サイト)