世界の寄付ランキング第2位のミャンマーで暮らしてわかったこと

皆さんは「ミャンマー」という国を、どの程度知っていますか?

若い人だと、アイドルグループ『乃木坂46』のエースである齋藤飛鳥さんが、ミャンマーと日本のハーフなので、国名だけは耳馴染みがあるかもしれません。そして、40代以上の人には「ミャンマーの前身はビルマ」と言えば、ピンとくるのではないでしょうか。

国名に関しては、多くの日本人が知っている国ですが、では「どんな国なの?」と質問されたら、ほとんどの人が答えに窮するのではないかと思います。

そんなミャンマーで、5年前から事業を展開している坂上五郎氏に、日本人はあまり知らないミャンマーの市民生活を聞いてみました。

▲一般市民が生活するエリアの1枚。昭和の日本のような雰囲気が漂っている

■軍事政権国家だが争いを好まない温厚な民族性

ミャンマーは現在、表向きは民主主義国家ということになっていますが、日本人が考えている民主主義とは少し違っています。かりそめの民主主義というか、軍が認める範囲の民主主義で、箱庭の中で軍監視のもとに民主主義が行われている、といった感じでしょうか。

2021年の初めに軍事クーデターが起きましたが、それまでも実質的には軍事政権国家だったのです。

軍事政権国家と聞くと、好戦的な民族なのかと思われるかもしれませんが、ミャンマー人はとにかく穏やかな性格で、喧嘩などもってのほか、人前で怒ったりすることもなく、いつもニコニコしています

女性も奥ゆかしい人が多くて、今も婚前交渉はほとんどしないそうです。結婚前に同棲するなんてことも聞いたことはありません。

▲ミャンマーの民族衣装ロンジー。男性もロングスカートのような履き物を着用するのが特徴的

そんな戦いを好まない民族性だからなのでしょうか、ミャンマーの人たちはスポーツにあまり興味を持っていません。

今年行われた東京オリンピックも、ほとんどの人が見てなかったと思います。「東京オリンピック、見た?」と聞くと「オリンピックってなに?」という答えが返ってくるくらいです。

ミャンマーで、誰もが知っているスポーツと言ったら「サッカー」くらいじゃないでしょうか。それくらい「戦い」というものには無縁なのです。

一方で、プライドが高くて、自分が悪いことをしても絶対に謝りません。

仕事でミスをしたことを人前で注意すると辞めてしまったりするので、社員の扱いは大変だったりします。

■貧富の差は激しいが痩せ細っている人は少ない?

市民生活の水準は、はっきり言って貧しいです。そして、ものすごい格差社会。

首都ネピドーや大都市ヤンゴンなどには近代的な建物があって、栄えているように見えますが、それも半径5キロくらいで、少し離れると、それこそフィリピンのスラム街のような光景が広がっています。

富裕層は、イギリス統治時代の名残のあるヨーロッパ風建築の家屋に住んでいるのですが、一般市民はバラック小屋みたいなところにしか住めないのです。

▲ヤンゴン市内の線路沿いにある民家。トタンを組み合わせただけで、今にも崩れてしまいそう

また、インフラも整っていなくて、停電はしょっちゅう起こりますし、道も舗装されていますが、ちょっと郊外に行けば土の道ばかり。仮にセメントで舗装されていても、穴ぼこだらけだったりします。

ガスも各家庭でプロパンを購入しないといけないので、家で調理はほとんどしません。ですから、基本的に食事は屋台で買って食べているようです。

ミャンマー人も日本人と同様、主食はお米になります。ミャンマー人はとにかくお米が大好物。そして、それと同じくらい油で浸したお肉が大好きで、米と肉があれば他は何もいらない、というほどです。

肉を油に浸すのは、肉が腐らないようにするための工夫だったのですが、いつしかミャンマー人は、油のほうがすごく好きになったようで、とにかくなんでも油に浸します。

肉だけでなく、魚や海老などの魚介類も油に浸すので、何を食べても結局は同じ味に…。そんな無類の油好きゆえ、発展途上国の人々に見られる“がりがりに痩せ細った体”の人はほとんどいません。

肥満体の人も多く、高血圧やガンになりやすいのでしょう、平均寿命は低いのではないかと思われます。高齢の人をあまり見たことがないのです。〔注:WHOが発表した2021年版の世界保健統計によると、日本は男女平均84.3歳で世界1位、ミャンマーは69.1歳で世界125位〕

▲ミャンマーの一般的な料理。とにかくすべてが油っこい

■貧しくても困っている人は放っておけない

ミャンマーの有名な観光地というと「シュエダゴン・パゴダ」や「アーナンダ寺院」といった仏教関連の施設が挙げられますが、ほぼすべてのミャンマー人が敬虔な仏教徒です。

▲夜はライトアップされていて、とても幻想的な雰囲気を醸し出している「シュエダゴン・パゴダ」

「現世で徳を積むことで来世も人間に生まれ変われる」というような輪廻転生の教えを信じているので、みな熱心に修行しています。出家している人も珍しくありません。

かくいう私も2年目に出家しました。日本で「出家」というと、“大変な修行を長い期間しないとできない”といったイメージを持たれている方が多いと思いますが、ミャンマーでは数日、寺院で修行すれば出家できるので、ハードルは全然高くありません。仏教はミャンマー市民の生活に本当に深く根づいています。

今でこそ、映画館やショッピングモールなどができて、休日になると人が集まっていますが、ミャンマー人の休日の過ごしかたの定番といえば、お寺や仏塔へ行くことなのです。

平日でも、時間があれば寺院へ立ち寄る人も多いですし、先に挙げた有名観光地の「シュエダゴン・パゴダ」は、デートコースの定番になっていたりします。

▲毎年12月にピンウーリンという公園で開かれている花の博覧会。このようなイベントや寺院への参拝などで休日を過ごしている

そして、仏教の教えを忠実に守る民族性ゆえ、ミャンマーは世界でも有数の寄付国家なのです。寄付金額はアメリカに及びませんが、所得に対しての割合なのか詳しくはわかりませんが、世界一になったこともあったと思います。〔注:イギリスの慈善団体が調査した世界寄附指数によると、2019年10月の調査結果ではアメリカに次いでミャンマーが総合第2位[Japan Heartホームページより]〕

寺院とかに寄付することはもちろん、道端で困っている人にお金を出してあげる。「寄付」の項目ではミャンマーが第1位。洪水や災害があったら支援金を寄付する。自分も貧しいけれど、困っている人がいたら手を差し伸べるのです。

ただ、これにはミャンマーの税金制度がしっかり確立されていない、という側面があると私は思っています。ほとんどの人が税金を納めていませんから。税金代わりに寄付をしてるんじゃないのかなと思ってしまうんです。これはあくまで私見なので、あしからず。

■「住む」よりも「訪れる」がオススメ

民主化されてからは、外資系企業がミャンマー進出を始めて、私の会社の周りにもネスレやプルデンシャルがあります。飲食系だとロッテリアとかケンタッキーとか。コカ・コーラは現地の代理店が販売しています。

ただ、正直に言って外国人が住むにはちょっと厳しい国です。先にも言ったように、かりそめの民主主義ですから、行動はすべて軍部に監視されており、国内も自由に行き来できません。

できたとしても、その行動は必ずトレースさているんです。というのも、宿に泊まるときは必ず身分証明証を提示しなければならないからです。もちろん、その情報は軍部に逐一いっています。

それから、家賃がとにかく高いんです。2LDKで月40万円しますからね。〔注:東京都千代田区の相場が30万円[CHINTAI調べ]〕

ミャンマーで土地を持っている人というのは、ごく限られたひと握りの富裕層で、一般市民は地主から土地を借り、家を建てて暮らしています。

外国人は、その地主が経営するアパートやマンションに入居することになるわけですが、とにかく値段設定が強気なんです。というのも、別に入居してもしなくても、地主は全然困らないからです。

日本だと、固定資産税とかがあるので入居してくれないと困りますが、ミャンマーでは税金がかかりませんし、土地は死ぬほど持っていてお金もあるので、一室空こうがどうでもいい。

一方で、外国人が住めるところの選択肢というのはほとんどなくて、そのほとんどが強気の地主ばかりですから「その金額がのめないなら別に住まなくていいよ」となります。なので、そういった値段で住まざるを得ないのです。

なぜ、居住地の選択肢がほとんどないかというと、まず理由の1つに停電問題にあります。ミャンマーでは停電が頻繁に起こりますが、私たち外国人には馴染みがありませんから、生活していくうえでとんでもないストレスになります。ですから、自家発電システムがあったり、発電機が常備されていたりする場所を選ぶ必要が出てきます。

そしてもう1つ、治安の問題ですね。周辺国のタイなどに比べると物騒ではありませんが、空き巣などの窃盗事件はありますから、セキュリティのしっかりしている所でないと安心して生活できません。ですので、おのずと居住地の選択肢は限られてくる、というわけです。

▲外国人向けのコンドミニアムの室内。家具や家電などは備え付けで、インターネットも引かれている

このように、住むにはかなり大変な国ですけど、観光で訪れるにはいい国だと思います。ミャンマー人はみんなニコニコしてますし、一年中暖かくて時間も穏やかに流れている感じがしますから、心身ともに癒されるのではないでしょうか。

ただ、食事には少し気をつけないといけません、油でお腹やられてしまいますから(笑)。

▲ミャンマーのロッテリア。一番人気なのは意外にも「ごはんセット」

関連記事(外部サイト)