「ワクチンを打ちにいくと逮捕される?」ミャンマーのコロナ禍事情

仏教の教えを忠実に守る民族性ゆえ、世界でも有数の寄付国家であるミャンマー。表向きは民主主義国家ということになっていますが、実質的には軍事政権国家で、貧富の差も激しく、市民の生活水準も貧しいと言われています。

2021年2月に軍事クーデターもあったミャンマーで、5年前から事業を展開している坂上五郎氏に、コロナ禍でのミャンマーの様子について聞いてみました。

▲街中の街頭ビジョンに映し出されているのはピコ太郎の手洗い動画。手洗い啓蒙活動にひと役買っていた

■外出禁止の“要請”で始まったコロナ対策

世界で新型コロナウイルスが流行し始めた頃、ミャンマーには全然入ってきませんでした。対岸の火事的な感じだったんですが、しばらくして外国で感染した人が帰国したことで広がっていきました。

最初の感染者は、インターネットで名前だけでなく、住所や家族の名前まで晒されてました。みんな恐れ慄いて、コロナ感染者の専門サイトが立ち上がって「2人目はこいつ!」という情報が書き込まれていました。

ただ、100人を超えたあたりから感染者が爆発的に増えていったので、それも自然となくなりました。

政府が行ったコロナ感染対策は、とても緩いものでした。ミャンマーは軍事政権ですから「武力を背景に強制ロックダウンしたんじゃないの?」と聞かれますが、全然そんなことはありません。

航空機の往来はさすがに禁止されましたが、一般市民の外出禁止に関しては、“強制”ではなく“要請”止まりだったのです。日本の「緊急事態宣言」と似た感じです。

「夜間の外出は控えて」「昼間の買い物はなるべく1人で行きなさい」といった感じでしたし、罰則は設けられていなかったので、私も外出していました。

ただ、会社には結構な圧力が政府からかかったので、1ヶ月ほど事務所は閉めてリモート勤務中心にしました。とはいえ、政府からの圧力で会社を閉めなくても、ミャンマー人は誰も出社してこなかったと思います。それくらい「外国から怖い病気がやってきた」とコロナに怯えていました。

なので、外出禁止は“要請”でしたが、現地の人たちはしっかりと守っていました。その理由は、ミャンマーの医療体制に大きな問題があったからです。

▲外出禁止の“要請”が出された際のオフィス街。人通りがほとんどなくなり、閑散としていた

■病気になったら一般薬局で薬を購入するのが基本

ミャンマーには日本のような健康保険制度はありませんが、それに似た社会保障制度があります。ただ、それを適用するためには、自分と会社が保険料を払わないといけないんですが、払っていない会社が多いのです。

また、保険料を払っていたとしても、その制度が使える病院が限られているうえに、まったく使えない、まともな治療ができない病院が多いんです。なので、大きな私立病院に行かないと治療できないのですが、そうなると治療費が払えない人が多く、行きたくても行けないのです。

ですから、ミャンマーで病気になった場合は、一般薬局で薬を購入して服用するのが基本になっています。ちなみに、日本では処方箋がないと買えないような薬も売ってます。

ですが、新型コロナは治療薬がまだ開発されていませんから、薬を飲んでも治りません。だから、みんな感染を恐れて外出禁止の“要請”をしっかり守ったのです。

▲新型コロナを恐れて建設工事も中断されていた

■“バイキン”という概念がミャンマー人にはない?

しかし、外出禁止の“要請”を守っていたのは最初の1ヶ月まででした。やはり、人間の我慢には限界がありますから、ポツポツと外出する人が多くなってきました。

それでも、やはりコロナは怖い病気だという認識までは消えていなかったので、みんなマスクを着用していました。マスクが爆発的に売れて、一時は通常の10倍くらいの値がついたこともありました。

ただし、どうしてマスクをすればコロナの感染を防げるのか、ということを知っていたミャンマー人は少なかったと思います。なぜなら、ミャンマー人には“バイキン”という概念を持っている人が圧倒的に少ないからなのでしょう。

日本なら、親であったり幼稚園や学校の先生から「手には目には見えない菌がついてるから、外から帰ってきたら手を洗おう」と習いますよね。ですが、ミャンマーでは手を洗うという習慣がありません。見た目がキレイなら大丈夫、という感覚なのです。

ミャンマーには公立の小学校や中学校はあるけれど、金銭的な問題で通うことができない子どもが多いので、学校で教わる人が少ない、という事情もあるのでしょうか。

ただ、学校に通えなくても識字率は意外に高く、ビルマ語の読み書きをできる人は多くいます。その理由は、お寺で勉強を教えてくれる“寺子屋”みたいなものが各地にあり、そこで字の読み書きは習えるからです。

▲コロナ流行初期は、ほぼすべての店舗前でこのような看板を目にしていたが…

とは言っても、トイレのあとだけは石鹸を使って手を洗います。それには、ミャンマーのトイレ事情が関係しているようです。ホテルは例外で、一般のトイレにトイレットペーパーは置いておらず、用を足したあとは水道につながっているホースから水を出し、お尻を洗います。その際、手も使ってお尻を洗うこともあるため、必ず手は洗うようです(すべてのミャンマー人が手を使って洗うようではないと思います)。

また、お風呂に入らないのはもちろん、シャワーすら一般市民はしません。雨水を水瓶のようなところに溜めて、そこから桶で水をすくってザバーっと頭から浴びるくらいです。さらには、水浴びをしながら洗濯物を洗う、といったようなこともするということも聞いたことがありますから、衛生観念は推して知るべしといったところでしょうか。

もちろん、都市部で生活している人たちには衛生観念の高い人もいます。シャワー完備のアパートに住んでいたり、洗濯機を持っていたりもします。

ただし、ミャンマーの水道は日本のように整備されていませんから、蛇口から出る水は当然飲むことはできません。一方で、飲食店の食器や野菜などは、その水で洗われています。なので、私たち外国人が行くようなレストランでも、食器やスプーン・フォークなどを、まずティッシュで拭いてから食事をする、というミャンマー人もいます。

外国で長く生活してからミャンマーに帰ってきた人が「座席が汚くてバスに乗れない」「お金が手垢まみれで触れない」と言っていたのを聞いたこともあります。

子どもの頃からそのような衛生環境下にいるので、ミャンマー人は私たちよりも胃腸は強いようです。それでも、しょっちゅう食あたりで苦しんでいるのを見ますが(苦笑)。

手を洗う習慣がなかったミャンマーでも、外国のコロナ感染対策を見習って、飲食店の入り口には手洗いするシンクがつけられ、手を洗ってからでないと入店できないようになっていました。それも、1ヶ月ほどでいい加減になり、いつしか手洗いシンクが撤去されました。

▲一般民家の水浴び場。雨水を溜め、それをすくって頭からかぶるのがミャンマー流入浴

■敬虔な仏教徒ゆえに“死”への絶望感は低い

ミャンマーの人たちは、感染することには恐れていましたが、感染してしまったあとにやってくる“死”に対しては、そこまで恐れを感じていなかったのではないでしょうか。というのも、ほとんどのミャンマー人が仏教徒で「輪廻転生」を信じているからです。

“身体はただの入れ物。次に生まれ変わる”

だから、死を意識した人は、現世に対して早々に諦めの境地に達するのです。また、身近な人が亡くなるということに関しても、日本人のようにいつまでも引きずるようなことはしないように感じました。

うちの会社で働く男の子が、母親をガンで亡くしたのですが、3日くらいで普通に会社に復帰してきました。20歳くらいの子だったのですが、落ち込んだ様子もなく、普通に振る舞っていました。

これが日本人だったら、1週間どころか1ヶ月くらい塞ぎ込んでもおかしくないと思うのですが。その時に、仏教の教えが身について達観してるんだな、と思いました。

お葬式を見ても、輪廻転生の教えが深く入り込んでいることがわかります。ミャンマーは火葬文化になるのですが、遺体が焼却炉に入ると、参列者は帰宅してしまうのです。

日本だと、焼いたあとにお骨を拾って、それを骨壷に入れて持ち帰りますが、ミャンマーではひとまとめにして捨ててしまっているようなのです。輪廻転生の教えにある“身体は入れ物”というのを、信じ抜いているわけです。

▲お坊さんへの寄付儀式。食べ物やお金、それに紫色の衣装などを寄付する

■ワクチン接種は進んでいないが感染者数は減少

コロナワクチンは、今年の軍事クーデターが起こったあとに中国から入ってきました。ただ、管理しているのが軍部ということで、“ワクチンを打ちにいくと、そのまま逮捕される”という噂が広まって、ほとんどの人が接種に行っていません。

また、ミャンマー人には中国アレルギーがあり、“中国のワクチンなんて打ちたくない”という気持ちのほうが勝ったことも、ワクチン接種が進まない原因になりました。

その後、ロシアからワクチンを購入するという話もあったのですが、購入したという話は聞いていないので、おそらく頓挫したのでしょう。それでも、ここ数ヶ月でコロナの感染者数は一気に激減していますが、日本と同様に理由は謎です。

ひと通りみんな罹り終わったからなのか、集団免疫ができたのか……いろいろな理由が推測されていますが、政府が何かの対策をして感染者数が減少したわけではなく、自然と流行が収まってきているのです。

それに伴い、2022年の1月には、航空機の商業便が解禁されるのではないかと言われているのですが、最近になって新たな変異株が発見されたので、禁止期間のさらなる延長もあるのでは……と思っています。

▲コロナ流行前の線路沿いの市場。このような光景が戻るのは、いつのことになるのだろうか…

関連記事(外部サイト)