日本ではあまり報道されていないミャンマーの軍事クーデター

ミャンマーで起きた2021年2月の軍事クーデターで身柄を拘束されたアウンサンスーチー氏に対して、禁錮4年の有罪判決が下された。ミャンマーでは新型コロナのワクチンを管理しているのが軍部ということで、“ワクチンを打ちにいくと、そのまま逮捕される”という噂が広まっていると、5年前からミャンマーで事業展開をしている坂上五郎氏は話します。日本では報道されていない現地の様子を聞いてみました。

■軍事政権が民主主義の仮面を脱ぎ捨てただけ

▲スーチーさんの顔写真と所属する政党のステッカーが貼られた車。日本でいうところの“痛車”、それくらいスーチーさんの国民的人気は高い

2010年に、ミャンマー民主化の象徴といえるアウンサンスーチーさんが軍の自宅軟禁から解放されて、ミャンマーは民主主義国家へと大きく舵を切り、2015年の選挙でスーチーさんが率いる政党が議会の過半数を取ったことで、表向きは完全なる民主主義国家として認められていました。

ですが、実は軍部が国会議員の25%、つまり1/4の議席を選挙なしに送り込めることや、省庁を支配する権限を持つことを憲法で保障されており、軍が裏から実質的に支配し続けていました。

ミャンマーで憲法を改正するには、議会の3/4以上の賛成が必要なのですが、軍部が最初から1/4の議席を確保しているので、現実的に改正することができないのです。

2020年の11月に行われた選挙で、スーチーさんの政党が改選議席の8割以上を占める大勝利を収めたのですが、敗北した野党と軍部が「選挙に不正があった」と難癖をつけました。

しかし、スーチーさんはその難癖を一蹴します。

軍部は、クーデターを示唆する脅しを盾にして再度難癖をつけるも、スーチーさんはまったく耳を貸しません。そして、軍部はクーデターをするに至った、というのが簡単な流れになります。

これは私の憶測ですが、スーチーさんは議会の圧倒的多数を背景に、これまで裏から政治を操ってきた軍部の実質支配を排除しようとしたんじゃないかと思うんです。軍部が送り込んだ議員を少しだけ切り崩せれば、軍の力を弱めるように憲法を改正できるところまで、今回の総選挙で議席を獲得できていたのです。

でも、そんなことになったら、軍部、特にお偉さん方はこれまで吸えていたウマイ汁が吸えなくなってしまいます。だから、国際世論よりも自己の利益を優先して、クーデターを起こしたのだと思います。

▲今回のクーデターの発端となった2020年に行われた総選挙の投票所の様子。ソーシャルディスタンスを守っているため、投票所から長蛇の列ができていた

■抗議で働くことをやめて完全に止まった経済活動

スーチーさんの政党が選挙で圧倒的勝利を収めたことからもわかるように、国民の大半が軍部には嫌悪感を抱いています。弾圧されたり言論の自由がなくなったりしていた暗黒時代に戻りたくはないからです。

なので、当然のように多くの国民がクーデターに抗議します。大規模なデモが行われて、軍部が鎮圧に乗り出してデモ隊に発砲、死亡者が出たことは日本のニュースでも取り上げられたと思います。

ただ、大規模なデモが行われたのは最初のうちだけでした。

武力に対してデモを行っても効果はないし、すぐに鎮圧されてしまうことが、ミャンマー国民はわかったわけです。そこで、多くの国民が取った抗議行動が、ボイコット運動でした。

公務員や銀行員、病院の医者や看護師など、国の要所で働く人たちが働くことをやめたのです。これにより、経済活動は完全にストップし、国が機能しなくなりました。

こうすれば、軍部が困り果ててクーデターを撤回するだろうとミャンマー国民は考えたのです。しかし、実際に困ったのは軍部ではなく国民のほうでした。

▲デモ隊が作ったバリケード。クーデターが起こった当初は激しい衝突が市内各所で起こっていた

■銀行へ殺到してコロナ感染者が爆増する事態に

銀行員がボイコット運動に参加したことで、銀行は軒並み閉まってしまいます。そうなるとお金を引き出すことができなくなるので、国民はATMへと急ぎました。それはもう、びっくりするくらい長蛇の列ができていました。

ですが、ATMの中にあったお金は早々にすっからかんになりました。もちろん、銀行は閉まってますから補充もありません。

現金がないと、日々の生活を送るのに支障をきたします。飲食店やスーパーは、時短ではあるものの営業してはいたのですが、肝心の現金がなければ購入することができないわけです。なので、いつ再開するかわからずとも、連日、朝から銀行の前に多くの人が並んでいました。

ただ、時期はコロナ流行の真っ只中。多くの人が密になったこの状況によって、コロナの感染者数が爆発的に増えていきました。お金は引き出せない、コロナには罹ってしまう、日々食べるものに困ってしまうと、多くの苦難を国民は同時に味わうことになってしまったのです。

▲デモで民衆が密になる状況が多発したため、ミャンマーではコロナ感染者数が激増した

■疑心暗鬼が広がり相互監視の生活

多くの市民が軍事政権に反対しているものの、なかには軍を支持している人もいます。

そういう人たちが「隣の◯◯さんがクーデター反対デモに参加していた」「◯◯さんの長男がインターネットに軍の悪口を書き込んでいた」など、軍に密告していると噂が広がりました。

自分がどのような思想を持っているか、また、どの政党の支持者なのかということは、あまり話すことがないですから、誰が軍支持者なのかは本当にわかりません。

ですから、人々が疑心暗鬼になって監視し合う、殺伐とした雰囲気が市内に漂っています。今までは近所で仲良くしていたけど「誰がスパイなんだ?」と探り探られ状態といった感じです。

クーデターが起きてから、密告によって軍に逮捕された人がいるという話や、逆に密告者だとわかって村人から袋叩きにされて半殺しの目にあった、という話なんかも耳にしました。

昔の軍事政権時代も相互監視社会になっていたようで、歴史は繰り返されるものなのでしょうか。おおらかな民族性が、今回の軍事クーデターで再び失われてしまった感じで、ちょっと寂しい感じがします。

▲軍寄りのスパイ住人の密告によって警察が出動する騒ぎが至るところで起きている

■数年すれば以前のミャンマーに戻れるのか?

クーデターが起こったあとも、しばらくは様子見でミャンマーに留まっていましたが、経済活動が再開する気配もなく、お金も下ろせない状況が続いていました。「これは残っていてもしょうがないな」と思い、日本に帰国し、コロナワクチンを接種したあとにミャンマーへ戻りました。

ミャンマーへの商業便、いわゆる観光目的の飛行機に関しては原則着陸禁止になっているのですが、今も月に2〜3本、救援便という名目でANAが赤字覚悟で飛行機を飛ばしてくれています。

搭乗できるのは、ODAやJICAの関係者が優先で、私たちのような一般企業の社員は、ミャンマー日本商工会議所に登録している会社の社員や家族限定で、ミャンマー渡航希望を申し込みます。

飛行機に搭乗できる枠が決まっているので、抽選に漏れることもあります。私は運よく希望した日程でミャンマーへ戻ることができました。運行情報は商工会議所に登録している企業の人たちに直接メールで届きます。

クーデターを起こした軍部は、2023年にまた選挙をすると言っているので、そこまで今のような状態が続くのは我慢するしかない、というのが私の周りの人たちの意見です。

▲ヤンゴン空港でのチェックインの様子。国際線は限られた人しか利用できないが、国内線はミャンマー国民に今も多く利用されている

関連記事(外部サイト)