【倉山満×江崎道朗】昭和日本のずさんな文書管理による残念な歴史学

一般社団法人 救国シンクタンク所長の倉山満氏は「公文書管理(アーカイブ)」に基づけば、長年議論されている慰安婦問題についても正しい道筋を示すことができるとしています。日本におけるアーカイブの杜撰さ、個人のメモレベルのものを公文書と混同してしまう現状、海外のジャーナリストが見た慰安婦問題などを、インテリジェンス・近現代史研究の第一人者、江崎道朗氏との対談で明かします。

※本記事は[チャンネルくらら]で配信された江崎道朗と倉山満との対談をテキスト化し、一部を抜粋編集したものです。

■日本における公文書管理の矛盾

倉山満(以下、倉山) 慰安婦問題の話から始めさせていただきたいのですが、なんと「帝国陸軍が慰安婦問題に関与していた」という、その証拠を私は発見してしまいましてね(笑)。

江崎道朗(以下、江崎) (笑)、ここで笑っちゃいけないですね……では、ご説明願えますか。

倉山 国立公文書館・アジア歴史資料センター(略称:アジ歴)という所があります。ここは、村山談話でつくられた日本の戦争犯罪、植民地支配といった日本軍による侵略の悪逆非道を、未来永劫にわたって全世界に広める目的でつくられたセンターなんです。実は私、昔、そこでバイト(非常勤職員)をやっていたんです。

当時は村山富市内閣だったので、アジ歴では慰安婦問題とかを中心として、日本軍が重ねてきたとする悪行の数々の資料を集めて公開するんだということで、関係資料を全世界にネット公開していたんです。

それで先日「慰安婦」と打ち込んで検索してみたのです。すると11件ヒットしました。私がバイトをやっていたときは9件だったので、この何年かのあいだに2件ほど増えたんです。でも「慰安婦」で検索しても11件しかヒットしないなんて、どう考えてもありえないでしょう。

そこで私は思ったんですよ。もっとアーキビストを育てて、集めた資料をちゃんと目録に整理しておかないとダメだと。だって検索に引っかからなかったら、たとえ資料がそこにあったとしても、存在しないというのと一緒ですからね。アジ歴は目録をちゃんと作なければならないんですよ。アジ歴のなかで目録をちゃんと作らないと、「村山談話」の精神が生きないじゃないか(笑)、とまでは言いませんけれどもね。

▲慰安婦 平和 人権の写真 出典:mickey / PIXTA

帝国陸軍の関与の話になるんですが、「慰安婦」で検索したら、2件目か3件目ぐらいに、なんと「東條英機がこれに関与していた」という資料(「重大ナル軍紀違反事項報告」)があったんです。

どういうことかというと「うちの伍長が、馴染みの慰安婦に会いたくて空出張したので罰してください」という報告書を、青木成一という師団長が陸軍大臣の東條英機のところに送っていたという資料なんですね。さすがにそこには東條のハンコは押されていなかったですよ。当然、東條大臣は決裁なんてしていません。当時、東篠は総理大臣を兼任していましたからね。

▲東條英機 出典:ウィキメディア・コモンズ

結局、その1件は副官か誰かが処理していましたけど。そんなレベルの「関与」だったら、いくらでもありそうですよね(笑)。それはともかく、そうやって慰安婦に関する資料を1つひとつきちんと目録にして、検索できるようにしておく。それから、誰が、どんな関与をしていたのかを議論していけばいいんですよ。ここにあるのは公文書なので、嘘は書いていないわけですからね。

ところが、今もそれがほとんどなされていない。それこそ村山談話の精神に則れば、けしからん話なわけです。だから、その目録を整備するためにアーキビストの増員に予算をかけるというのなら、私は大賛成なんですよね。そうやって積み重ねていった資料をもとに行うのが、本来の議論のはずなんですから。

そんなことがあったので、私は防衛研究所に行って、その資料の実物を確認してきたんです。すると「馴染みの慰安婦に会いに行った」という兵隊さんの名前は黒塗りになっていましたけれど、事件の概要とかはネットで全部読めるんです。

ところが、防衛研究所で実物(「簿冊」と言ってファイルに綴じられている)を開くと、鑑文に「軍紀違反重大事件の件」とあったんです。めくって中を見ようと思ったら、添付物は全部封筒に入っていて読めないんです。つまり、防衛研究所に実物を調べに行った人は、ファイルを見ることはできるけれど中身は読めない。名前はマスキングされているけれども、資料の概要は全世界にネット公開されている。これって矛盾していますよね。

江崎 要は、個人名は見られないようになっているという話でしょう。

倉山 個人名はネットでは見ることはできないですけれど、事件の概要はわかるんですよ。

江崎 実物を見たら個人名が黒塗り……だって現物を黒塗りにするわけにはいかないから。

倉山 それだったら、封筒を隠しているものはネットで公開しなくてもいいんじゃないか、という気がするんですよ。

■デタラメな議論が成り立つ日本の近代史学

江崎 アメリカでの公文書の扱いの話をしましょう。慰安婦問題に関して事実を明らかにしてくれた、マイケル・ヨンという情報将校がいるんです。彼とはこれまで何度も話をしてきました。クリントン政権の頃だったんですけどね。

▲マイケル・ヨン 出典:Off2riorob(ウィキメディア・コモンズ)

そこで彼が言っていたのは、ナチス・ドイツの戦争犯罪に合わせて、日本の戦争犯罪を追及するということで、アメリカ政府〔ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班:Nazi War Crimes and Japanese Imperial Government Records Interagency Working Group〕が日本の731部隊から南京事件、慰安婦等の問題を徹底的に調べたんです。

調べた結果、何が出てきたかというと……戦争犯罪に関しての証拠は出てこなかったわけです。アメリカの公文書管理はちゃんとしていますから。ちゃんとした公文書に基づいた調査では「日本の戦争犯罪を立証するのは難しい」という結論になったんです。このときは、日米にいる「日本の戦争犯罪を追及したい」という歴史学者は、この調査結果に不満たらたらだったんですけどね(笑)。

倉山 そうでしょうね。

江崎 戦時中の新聞がどう書いていたかということは、もちろん調査する必要はあります。でも、それらは参考にはなるけれども、アメリカ政府のきちんとした記録(公文書)では、日本の慰安婦強制連行は立証できなかったんです。アメリカではアーカイブに基づいた、きちんとした歴史の議論が成り立っていますからね。

これに対して日本だと、日記や個人の走り書きを証拠として「日本軍は戦争犯罪を行っていた」みたいに愚かなことを言い始めるんですよ。

倉山 岩波(書店)がやっている歴史学がまさにそれですよね。

江崎 たとえば「倉山満という男は、裏でこんな悪いことをしていたと書いていた」という私のメモがどこからか出てきて、私のメモ書きに基づいて「じつは倉山満はこんな極悪非道人だった」なんて世間に広まったりしたらどうなると思います? そんなの、ふざけるなって話ですよね。

倉山 日本の近代史の歴史学は、ほとんどがそれですからね。

江崎 そういうデタラメな議論が成り立っているのも、アーカイブという、まともな議論のできる正当な歴史学の手法が、日本にないからですよね。政治の議論の根幹の話がわかっていないから、そういうデタラメな話が世間で通用しているんです。

アメリカ政府が調べた結果、日本軍の慰安婦問題に関与したということに対しては「少なくとも公文書では、はっきりと証明できなかった」ということになった。それを踏まえてマイケル・ヨンが、今言われているような慰安婦問題はなかったよ、という本を書いたんです。日本では翻訳本(『決定版 慰安婦の真実(扶桑社)』)がベストセラーになりましたけどね。

倉山 昭和の日本って、文書管理がずさんで、行政もずさんだった。結局、山川出版社の教科書で、冀東(きとう)防共自治政府があってとか、わけもわからず覚えさせられるんです。汪兆銘政権をつくるときに冀東だの冀察だのを一つに統合しようと思ったら、自分がつくった傀儡政権が勝手に分裂してて、いくつ傀儡政権があるかわからなくて、ああ10個もあったんだといって慌ててまとめたというんです。こんなデタラメな話はないですよ。こんなふざけた侵略はないですよね。「真面目に侵略やれよ」とよく言うんですけど。

というふうに、日本は細かい文章のやりとりを、形式主義でやっているんだけれども、実質的な管理を全くやっていない。明治時代はそんなことはなくて、上層部の元老たちは、三国干渉の黒幕がドイツだということを全員がわかっていて、民間には一切漏らさないというすごさがありましたね。

江崎 個人が勝手に書いたメモと、政府の公文書を混同して歴史を評価するというような、実に愚かな議論がまかり通っているのは、こういうアーカイブの議論がわかっていないからですよ。

関連記事(外部サイト)