「日米開戦は断固すべからず」諜報の神様と呼ばれた小野寺信

産経新聞論説委員の岡部伸氏によると、戦前の日本は「謀略は誠なり」の精神で、世界初の情報士官養成所「陸軍中野学校」を開設しているのであるから、日本人にはインテリジェンスの潜在能力があるはず。「枢軸国側諜報網の機関長」と連合国に恐れられた小野寺信(まこと)。小国の情報士官と協力、連合軍を震撼させた“至誠”の諜報活動を展開した「小野寺機関」を紹介します。

※本記事は、岡部伸:著『至誠の日本インテリジェンス -世界が称賛した帝国陸軍の奇跡-』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■黙殺された30通の「日米開戦反対」電報

「日米開戦絶対不可ナリ」

1941年12月8日、日本軍が真珠湾を攻撃し、マレー半島に上陸して米英を相手に始まった大東亜戦争。その開戦前夜、欧州から東京の陸軍参謀本部に緊急電報が届きました。

発信地は、北欧スウェーデンの首都ストックホルム。発信者は、陸軍の駐在武官だった小野寺信でした。その後も、小野寺から開戦反対を訴える電報が30通以上届けられました。

「欧州客観情勢判断するに、開戦は断固すべからず。ドイツを頼るのは危険」

小野寺は、当時の国際情勢と日本の置かれていた状況を、歴史の“答え”を知る今日の私たちの目から見ても的確に把握しています。では、どのようにして情報を得ていたのでしょうか。その一つが、新聞や雑誌などから情報を得る「オシント(OSINT)」の有効活用です。

小野寺は、中立国スウェーデンの首都ストックホルムで入手できた現地紙や、英米紙誌を丹念に読み込み、独ソ戦でドイツが苦戦する事実をつかんでいました。その情報をもとに、当時「ドイツのソ連制覇は確実」と観測していた参謀本部に対して、日米開戦反対の電報を送り続けたのです。

▲ノルウェー占領後のドイツ軍を視察する小野寺信(小野寺家提供)

■連合国にも恐れられた“諜報の神様”・小野寺信

オシントもさることながら、小野寺が得意としたのは、人間的な信頼関係を構築した協力者から秘密情報を得る「ヒューミント(HUMINT)」でした。

小野寺は当時、北欧のストックホルムで難民となったポーランド、エストニア、フィンランド、ハンガリーなど小国の情報士官(インテリジェンスオフィサー)たちを、自分の協力者にすることに成功していました。

機密費で彼らに生活資金、生活物資を援助し、家族ぐるみで時間をかけて親密になり、良好な関係を築き上げていったのです。その結果、大戦の後半には、小野寺は連合国側から「枢軸国側諜報網の機関長」と恐れられる存在になっていました。

▲ドイツ情報士官が「ロンドンの亡命ポーランド政府は、英米を裏切って日本のために働いていた」と証言した供述調書(英国立公文書館所蔵)

小野寺がポーランドをはじめ、全欧に築いた情報ネットワークには、法王庁(バチカン)も関与しています。その一端には「命のビザ」を出して6,000人のユダヤ人を救った外交官、杉原千畝もいました。

▲杉原が発給した通過ビザ 出典:ウィキメディア・コモンズ

同盟国ドイツは、ドイツ保安警察(SIPO)が1941年7月に作成した報告書で「日本の『東』部門――対ソ諜報の長は、ストックホルム陸軍武官の小野寺で、補助役がケーニヒスベルク(現・カリーニングラード)領事の杉原千畝と、ヘルシンキ陸軍武官の小野打寛」と分析しています。

小野寺に協力した小国の情報士官たちには「ソ連に祖国を侵略された」という共通項がありました。日露戦争で、憎きロシアを打ち負かした東洋の日本への親近感があったからでしょうか、彼らは祖国再興を夢みながら小野寺を信頼し、日本と密接な関係を構築しました。

1944年にストックホルムの小野寺を訪ねた、海軍の扇一登(おうぎかずと)大佐は「小野寺さんは他国の情報将校から“諜報の神様”と慕われていた」と戦後、回想しています[伊藤隆、影山好一郎、高橋久志『扇一登(元海軍大佐)オーラルヒストリー』(政策研究大学院大学/2003年)]。

こうした小国の情報士官から得た独自情報をもとに、小野寺は快進撃を続けたドイツ軍の戦力低下の事実をつかみ、「まことに絶望的な情勢」として開戦反対を参謀本部に訴え続けたのです。

インテリジェンスには、謀略や破壊工作などの「人を騙して情報を掠める」イメージがありますが、小野寺は「情報活動で最も重要な要素の一つは、誠実な人間関係で結ばれた仲間と助力者」だと『小野寺信回想録』で語っています。その信念のもとで、他国の情報士官と「人種、国籍、年齢、思想、信条」を超え、誠実な“情(なさけ)”のつながりを築いていったのです。

■開戦前に盟邦ドイツの敗戦も予想していた

小野寺は、小国の情報士官たちと親しくなるために、機密費で彼らの生活の面倒をみました。戦後、旧陸軍将校らの親睦組織の機関紙『偕行』(1986年3月号「将軍は語る」)で「機密費といわれる諜報費に一番お金を使った組でしょう」と回想しています。

ちなみに連合側も、小野寺が小国の情報士官たちに資金援助をして、関係を築いたことを突き止めていたようです。米戦略情報局(OSS)は1945年7月28日付け作成の報告書で「小野寺は、数千万クローネ〔当時の1クローネは約1円にあたるため、現在の貨幣価値にして数百億円〕の活動資金を持ち、ドイツ降伏後も全欧州を把握するポストに留まる」と警戒しています。

小野寺は戦後、『週刊読売』(昭和37年1月14日号)のインタビューに答え、ドイツの敗戦をも予測して、参謀本部に開戦を回避するよう警告したと振り返っています。

ドイツは日本が考えているように全面的に協力的ではない 米英を相手に戦争を始めるな。絶対にしてはならない もし、日本が米英に対して戦端を開くとすれば、それはおそらくヨーロッパにおける“盟邦”ドイツの勝利を期待してのことに違いないが、それは誤った期待だ。ドイツはきっと敗れる。その時になって後悔しても、もう遅い

ところが、ドイツを過大評価する大本営は、小野寺の警告を黙殺し、一顧だにしませんでした。

▲ドイツ国によるソビエト連邦奇襲攻撃(バルバロッサ作戦)で、ミンスクの付近で降伏し捕虜になったソビエト赤軍 出典:Bundesarchiv, Bild 146-1982-077-11 / CC-BY-SA 3.0(ウィキメディア・コモンズ)

■ヒトラーに幻惑された駐独大使・大島浩

日本が開戦の決定を下すうえで、最も重要だったのが欧州の戦局の情勢です。それを判断する中心的な役割を果たしていたのが、ドイツの首都ベルリンの日本大使館でした。

当時の駐独大使・大島浩は、「電撃戦」(ブリッツクリーク)によって数カ月で欧州をほぼ制覇したドイツの圧勝を信じて疑いませんでした。したがって日本政府も、ドイツの欧州制覇を前提に米英を牽制し、泥沼の日中戦争を終結させる計画を立てていたのです。当時の日本にとって、ドイツの敗北は「不都合な真実」でした。

「6週間の短期決戦で終わらせるから、日本の援助は必要ない」。小国の情報士官をニュースソースとする小野寺とは対照的に、ナチスドイツの総統・ヒトラーからトップダウンで、このように耳打ちされた大島大使は「ソ連が攻略されるのは間違いない」と外務省に報告しました。

▲大島浩 出典:ウィキメディア・コモンズ

これを無批判に受け止めた日本政府は、1941年秋から始まった御前会議でも「ドイツが欧州で勝つのは確実なので、参戦しても負けることはない」との結論を出してしまいます。そして、同年12月、勝算なき無謀な戦端を開いたのでした。

皮肉にも真珠湾攻撃開始直前の12月6日、モスクワ近郊でソ連軍の一斉反攻が始まり、補給が途絶えたドイツ軍は大敗北を喫しました。ソ連侵攻が挫折の綻(ほころ)びを見せた折に、日本は対米英戦に突入したことになります。誠に残念な開戦だったといえます。

▲真珠湾攻撃 出典:Official U.S. Navy photograph 80-G-21218(ウィキメディア・コモンズ)

関連記事(外部サイト)