米国共産党の機密文書から明るみになったハリウッドの「歴史」

「ヴェノナ文書」「リッツキドニー文書」などの機密文書の情報公開などにより、さまざまな事実が明らかになっています。ソ連の対米秘密工作の実態もそのひとつ。ベールに包まれていた機密文書が公開された経緯を、評論家・情報史学研究家の江崎道朗氏が近現代史認識のグローバルトレンドを交えつつ語ってくれました。

■国家機密に関わる公文書も30年で公開

アメリカで、いわゆる国際共産主義研究が一定の市民権を得るようになったのは、1991年にソ連邦が解体したあとです。

それまで国際共産主義に関する研究は、元米国共産党員の証言やFBIなどによる調査報告書などに基づいて行われていて、ソ連側の公文書を利用することができませんでした。ソ連側が情報を公開しないので、なかなか研究が進まなかったのです。

アメリカを始めとする民主主義国家では「30年ルール」と言って、国家機密に関わる公文書も30年が経つと、原則として公開することにしています。

例えば、奈良岡聰智京都大学教授は次のように指摘しています。

欧米先進諸国では、作成後30年たった重要公文書を国立公文書館で永久に保存し、原則公開するという「30年ルール」が定着している。公文書を作成直後に公開するには様々な支障があるが、30年=おおむね一世代が経過するとハードルはぐんと下がる。欧米先進諸国には、30年が経過すれば、政府は重要公文書を原則公開するという信頼感があるように見受けられる。

最近はその期間が縮小される傾向にある。英国では10年の法改正で30年ルールが「20年ルール」に改められ、現在は23年の全面施行に向けた移行期間となっている。(中略)もっとも英国や米国でも、あらゆる文書が公開されるわけではない。英国では、外交・安全保障、王室や個人情報などに関係する文書には、公開されないものもあることが法律でルール化されている。作成から数十年を経た歴史的公文書であっても、情報公開請求に対して非開示の回答は珍しくない。「公開するのも、公開しないのも、公益だ」という判断なのである。[2018年8月29日付 日本経済新聞デジタル]

時の政府が国益のために、国民に知らせずに秘密の外交や軍事作戦を実施することがあるが、その秘密の外交、軍事作戦についても30年が経った段階で公開し、その是非について国民の審判を仰ぐことが民主主義だと考えているからです(その意味で、日本はそもそも公文書を保管するルールも十分に確立しておらず、情報公開制度も不十分であり、アメリカ流の民主主義国家とはとても言えない)。

一方、共産党による一党独裁を掲げ、民主主義国家ではないソ連は、機密に関わる公文書を一切公開しようとしませんでした。そのため、国際共産主義とソ連との関係についての研究も資料的な制約があって、困難を極めていました。

幸いなことに1991年にソ連邦が崩壊し、ロシアのボリス・エリツィン政権時代に、ソ連、国際共産主義の対外工作に関する文書が「ロシア現代史文書保存・研究センター」において公開されるようになったのです。

いわゆるリッツキドニー文書の公開によって、ソ連の対米秘密工作の実態がようやく判明するようになりました。

▲反クーデター勢力の勝利を祝うエリツィン(1991年8月22日) 出典:Kremlin.ru(ウィキメディア・コモンズ)

■発見の瞬間は映画のワンシーンのようだった

「ロシア現代史文書保存・研究センター」において、アメリカの著名な歴史学者であるハーヴェイ・クレア(エモリー大学名誉教授)と、ジョン・アール・ヘインズ(連邦議会史料部「二十世紀政治史担当主任歴史官」)が、米国共産党に関する秘密文書を発見したときの様子はなかなか劇的です。

我々が「リッツキドニー」に通うようになってしばらくした時、ある文書館員が我々に対し、「もしかしたら、あなた方は米国共産党(CPUSA)の文書にも関心があるのでは?」とたずねてきた。我々にとって、そもそも、モスクワに米国共産党のオリジナル文書が存在している、ということ自体が驚くべき新発見だった。

というのも、アメリカ国内には、そんな文書類はなかったからである。たしかに我々歴史家の間では、冗談で「米国共産党の文書はモスクワに隠されているんだ」といってはいたが、まさかそれが本当だったとは、誰も思ってもみなかったのである。米国共産党が、そこまで完全にソ連の支配体制の一部に成り下がっていたとは想像もしていなかったからだ。

文書館のスタッフの説明によると、米国共産党文書は、ソ連時代、ほとんど誰も閲覧する者がなかったので、遠く離れた倉庫に収納されている、とのことだった。しかし、彼らの言う「米国共産党文書」なるものに、はたして党本部のファイルまで含まれているのだろうか。もしかしたら、ごくわずかの米国共産党からの報告書と同等の機関紙である『デイリー・ワーカー』の黄ばんだ古新聞くらいのことではないか、と我々は疑っていた。

ところが、倉庫から取り寄せたその文書が「リッツキドニー」の閲覧室に届き、その「ごく一部だけ」だといわれるものが、いくつもの台車に積まれて運ばれてきた量を見て、我々は本当に腰を抜かした。結局、それは全部で4300以上のファイルに上ることがわかった。

そこで早速、我々はフォルダーの上にたまった部厚いホコリを吹き払って、くくってあったフォルダーのリボンを解き、中にある文書を調べ始めた。ロシア人のスタッフが言った通り、それらは米国共産党文書のオリジナルだったのであり、ずっと以前に極秘裏にアメリカからモスクワに運ばれてきたものだった。[ジョン・アール・ヘインズ、ハーヴェイ・クレア:著/中西輝政:監修『ヴェノナ 解読されたソ連の暗号とスパイ活動』2019年/扶桑社]

1995年、クレアたちはこのリッツキドニー文書を使って『アメリカ共産党とコミンテルン』を発刊し、国際共産主義研究に一石を投じました。

その同じ年、もう一つ、国際共産主義運動の実態を解明するうえで重要な文書が、アメリカ政府の国家安全保障局(NSA)、連邦捜査局(FBI)、中央情報局(CIA)によって公開されました。それがヴェノナ文書です。

ヴェノナ文書というのは、1940年から1944年にかけて在米のソ連のスパイたちが、本国と暗号電文でやりとりしていたものを、当時のアメリカ陸軍が傍受し、FBIやイギリス情報部の協力を得て解読した3,000ページもの機密文書群のことです。

■国家安全保障局の存在も知られていなかった

▲ヴェノナ文書を公開しているアメリカ国家安全保障局の公式サイト 出典:江崎道朗:著『日本人が知らない近現代史の虚妄』

「ヴェノナ文書」が公開された経緯もなかなか劇的です。クレアとヘインズは『ヴェノナ』において、その経緯をこう紹介しています。

クレアたちは、リッツキドニー文書について研究を進めていくなかで、アメリカで「ヴェノナ作戦」なるものが存在した可能性があることに気づき、その著『アメリカ共産党とコミンテルン』において触れました。

1994年の時点では、ヴェノナ作戦は当然のこと、ヴェノナ作戦を実施していた国家安全保障局の存在さえ、一般には全く知られていなかったのです。

1995年の初頭、クレアたちは、民主党のダニエル・パトリック・モイニハン上院議員から電話をもらいました。

モイニハン上院議員は「いまや冷戦が終わったのだから、冷戦中に行われたアメリカ政府による諜報活動に関する機密保持や、情報秘匿の体制は大幅に見直されるべきである」という信念を抱いて、アメリカ連邦議会下院に政府機関による対ソ情報収集活動を調査する「政府機密の保全と公開に関する特別調査委員会」を1995年に設立し、自らその委員長に就いていたのです。

『アメリカ共産党とコミンテルン』を読んだモイニハン上院議員は「特別調査委員会に来て、政府の機密保全の在り方について証言してほしい」と、クレアたちに要請したのです。

■ハリウッドで実施されていた共同謀議も判明

そこで我々は1995年5月に開かれた委員会に出席し、上述の著書で明らかにした多くの事実について説明したわけである。

その中で、我々は「ヴェノナ」の存在を暗示していると思われるソ連の文書があることについて触れ、委員会のメンバーに対して「今日アメリカの学者が、かつてアメリカ内にいたソ連のスパイによってモスクワに向けて発信された通信文を、ロシア政府によって公開された文書でしか見ることができず、それを解読した文書がアメリカにあるのに、それらはいまだに非公開でアメリカ人でも見ることができないというのは、大変おかしな話で皮肉としか言いようがない」と証言した。

「今や冷戦は終わったのであり、それらの解読文も40年以上も前のものなのだから、アメリカ政府がそれらをいまだに秘密にしているのは理に適わないことだ」と強く主張したのである。[『ヴェノナ』]

米国共産党の研究に取り組み、モスクワにも何度となく通って、調査と研究をしてきたクレアたちの言葉は、委員会のメンバーに響いたようです。

モイニハン上院議員は、彼の右手に座っていたCIA長官でアメリカのインテリジェンス活動全般を調整する立場にもあったジョン・ドイッチェのほうへ向き直り「NSAと話し合ってヴェノナ作戦に関する文書が、現在どのように扱われており、今後も秘匿を続ける必要があるかどうか、十分に検討してほしい」と注文したのです。

実は当時、NSA内部でも何人かの人物が、ヴェノナ文書の公開に踏み切るべきだと唱え始めていました。その理由は、いくつか存在しました。

第一に、ヴェノナ作戦は1980年に終結していました。文字通り“歴史”になっており、公開したところで、アメリカの諜報活動に支障をきたす恐れはありませんでした。

第二に、ヴェノナの解読文を公開すれば、これまでFBIやCIA、あるいはNSAが総力を挙げて解明しようとしてもできなかった、カバーネームだけで「ヴェノナ」に登場する人物の本名も、職業的な防諜担当官とは違った観点をもつ歴史家や、ジャーナリストたちなら解明できるかもしれないから、ということでした。

第三に、初期のヴェノナ作戦に加わった関係者たちが「(ソ連が)絶対に解読されないと信じていた強固な暗号を破った関係者の驚くべき功績を、自分たちが死ぬ前に公にしてほしい」と願ったというものでした。

第四に、モイニハン上院議員に対する対抗措置です。モイニハン上院議員が当時、議会を説得して、政府の機密事項を大幅に削減するよう強制的に命じる法案を通そうとしていました。当時の防諜・対諜報部門の高官は、今もし40年以上経っている「ヴェノナ」の機密を進んで公開することをためらったなら、議会は自分たちを極めて頑固でどうしようもない連中だと見なし、遥かに徹底した機密公開を義務づける法案を成立させることになるかもしれない、と恐れたのです。

以上のような判断から、1995年7月11日にCIAは公の式典を開催し、ヴェノナの記録が順次公開されることになった、と宣言しました。

▲顕著な共産主義者の共同謀議がワシントンでも実施されていた イメージ:makoto.h / PIXTA

このヴェノナ文書を精査した「政府の機密守秘に関するモイニハン委員会」は、1997年に出した「最終報告書」(REPORT of the COMMISSION ON PROTECTING AND REDUCING GOVERNMENT SECRECY, 1997, Appendix A 6. The Experience of The Bomb)でこう指摘しています。

第一の事実は、顕著な共産主義者の共同謀議がワシントン、ニューヨーク、ロサンジェルス(引用者註、ハリウッド、つまり米映画界のこと)で実施されていた。[拙訳]

ヴェノナ文書を精査したアメリカ連邦議会「政府の機密守秘に関するモイニハン委員会」は、戦前から戦時中に《顕著な共産主義者の共同謀議がワシントン、ニューヨーク、ロサンジェルスで実施されていた》ことを認めたわけです。

※本記事は、江崎道朗:著『日本人が知らない近現代史の虚妄』(SBクリエイティブ:刊)より一部を抜粋編集したものです。??

関連記事(外部サイト)