MI5が危険視! 2000万円の価値があったオノデラ情報

戦前の日本は、情報収集の面では必ずしも連合国に“完敗”していませんでした。その根拠として、インテリジェンス大国のイギリスが小野寺信(まこと)のことを、国際基準で第一級の情報士官と認めて、徹底マークしていたことが英国立公文書所蔵の公文書からわかると、産経新聞論説委員の岡部伸氏は指摘します。

※本記事は、岡部伸:著『至誠の日本インテリジェンス -世界が称賛した帝国陸軍の奇跡-』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■参謀本部に握りつぶされた小野寺情報

戦前の日本は、小野寺がソ連の対日参戦の「第一報」をスクープしたように、情報収集では必ずしも連合国に“完敗”していませんでした。

問題は、それを処理する受け手の側にありました。小野寺は、ヤルタ密約情報だけではなく「ドイツが英国ではなく、ソ連に侵攻する予測情報」「独ソ開戦後のドイツが苦戦している情報」なども伝えましたが、日本の中枢は、それらを国家の舵取りに活かせなかったのです。結果的に小野寺の働きは徒労に終わってしまったと言えます。

参謀本部作戦課は「作戦重視、情報軽視」で、小野寺ら海外の第一線で集めた情報を重視せず、自らが立てた作戦に合致する情報しか用いない傾向にありました。

政策担当が情報を扱う際には、情報収集と分析結果が、自らの望む政策によって影響を受けないようにするのが原則です。そうでなければ、客観的な状況把握など不可能です。

開戦前から「ドイツが英国を屈服させて欧州戦で勝利する」という希望的観測から立てた、枢軸四国同盟構想の作戦が“大前提”にあり、そこから外れた情報を頑なに拒絶した参謀本部の「作戦重視、情報軽視」は敗戦直前まで続きました。その結果、日本は未曽有の敗戦を迎えることになったのです。

大戦末期、政権中枢にソ連コミンテルンによる浸透工作を許した日本は、防諜(カウンター・インテリジェンス)の欠陥を露呈したといえます。先の大戦の失敗として、何より教訓とすべき点でしょう。

■ドイツ随一の情報家クレーマーと情報交換

1944年3月、リビコフスキが亡命政府のあったロンドンに退去すると、小野寺はハンガリーの駐在武官補佐官、ヴェチケンジーの紹介で、ドイツ随一の情報士官といわれたカール・ハインツ・クレーマーと知り合い、枢軸同盟国の情報士官とも親密に連携を始めました。

クレーマーは、ドイツ北西部ニーダザクセン州に生まれ、法学博士号を持つ弁護士から、ドイツ国防軍情報部(アブヴェール)に参加したという経歴の持ち主です。

戦後、小野寺はクレーマーを「ドイツ随一の情報家で、ドイツの情報機関のスウェーデンでの親玉。諜報部長(長官)シェレンベルクの直属の部下」(『偕行』1986年4月号)と評し、彼が英米情報の専門家だったため「クレーマーが西側(英米)、日本(小野寺)は東側(ソ連)を分担して情報収集し、ギブアンドテイクがうまくいった」と家族に語っています。

▲ストックホルムの旧市街 イメージ:makoto.h / PIXTA

一方、クレーマーも敗戦後にロンドンで行われた英秘密情報部(SIS、通称MI6)の尋問で小野寺について、「ストックホルムで最も重要な情報源」だと答えています。

クレーマーは、自分が小野寺に与える情報より、小野寺から提供される情報のほうが質量ともに高かったため、小野寺に総額で1万から2万クローネ(当時の1クローネは約1円にあたり、当時の1円は現在の貨幣価値の約1000円に相当するため約1000万円から2000万円)の報酬を支払いました。彼は小野寺情報によって「ドイツ情報部門の北欧での第一人者になった」とさえ述べています。

■ドイツに「アーネム作戦」阻止の情報を渡す

ロンドンの英国立公文書館に所蔵される、ガイ・リデル英情報局保安部(MI5)副長官の1945年7月2日の日記では、こう記されています。

「ストックホルムで暗躍したドイツのカール・ハインツ・クレーマーが、(ドイツ降伏後、2カ月して)秘密情報の交換のため日本の陸軍武官、オノデラと取り引きをしていたことを認めた。

オノデラ情報は、イギリス軍の配備やフランス陸軍、空軍の配置、イギリスの航空機産業、極東の英米空挺部隊の配置、ソ連の暗号表、アメリカにおける原材料の所在地などに関する戦略的かつ戦術的なものだった。オノデラ情報は、クレーマー情報よりも価値があると考え、ドイツが気前よく報酬を支払ったのだ」

小野寺は、1944年8月以降、クレーマーと情報交換を始めます。ノルマンディー上陸作戦から3カ月後の1944年9月、ドイツの首都ベルリンを目指しながら補給路を伸ばし切り、進撃を停滞させていた連合軍は、オランダ南東ヘルダーラント州アーネムを舞台に、オランダをドイツ軍から奪還しようと試みました。

すなわち、ライン川にかかる5つの橋を占拠すべく、5000機の戦闘機と3万人の空挺部隊を投入した史上最大の空挺作戦「アーネム作戦(マーケット・ガーデン作戦)」を決行したのです。

▲映画『遠すぎた橋』(20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン)

映画『遠すぎた橋』の題材になったことでも有名な作戦ですが、これはドイツの徹底抗戦で失敗に終わりました。英国立公文書館に所蔵されている供述調書(KV2/144−157)によると、3日前に「アーネム作戦」の情報を得て、ドイツの参謀本部に伝えて一矢報いたのだと、クレーマーは尋問に答えています。

MI6は「アーネム作戦」の阻止につながる情報を入手したクレーマーの諜報を「唯一の大成功だった」と評価しました。しかし、クレーマーは戦後、その情報源が実は小野寺とハンガリー人のジョセフ・フィリップだったことを連合軍の尋問で明かしています。

▲「アーネム作戦」3日前に小野寺から情報を得たとするクレーマーの供述調書(英国立公文書館所蔵)

■第一級の情報士官として連合国がマーク

MI5は、安全を脅かす危険人物を調査して個人ファイル(KV2)にまとめています。クレーマーに対しては14冊のファイルを作りました。しかし、リデル副長官は、クレーマーより小野寺情報のほうが「価値があった」と評しています。

リデルの日記に登場する日本の陸軍武官は小野寺だけです。また、小野寺のファイル(KV2/243)はありますが、対ソ諜報第一人者としてベルリンで大戦初期に暗躍した、陸軍中野学校初代校長の秋草俊や、スイスで終戦工作を行った岡本清福中将ら、ほかの日本武官のファイルはありません。

英国立公文書所蔵の公文書は、インテリジェンス大国のイギリスが、小野寺のことを「国際基準」で第一級の情報士官と認めて、徹底マークしていたことを物語っています。

大戦末期の欧州で、日本とドイツ、ハンガリーが緊密な諜報協力を展開し、1943年8月に少将に昇進した小野寺の階級が最も上だったため、連合国は彼を「枢軸情報機関の機関長」として警戒したのです。

関連記事(外部サイト)