難民が凍死してしまう…。極寒の地から多くのユダヤ人を救出した男

「命のビザ」を発行して6,000人のユダヤ人を救った杉原千畝。しかし、その2年前に、およそ2万人ものユダヤ人を大量虐殺(ホロコースト)から救出した人物がいました。さまざまな地で受け入れを断られたユダヤ難民たちを、彼はどのようにして救出したのでしょうか。産経新聞論説委員の岡部伸氏が、日独両国に忖度する満州国外交部を力強く説得した、もう一人の「東洋のシンドラー」について語ります。

※本記事は、岡部伸:著『至誠の日本インテリジェンス -世界が称賛した帝国陸軍の奇跡-』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■忘れられたもう一人の「東洋のシンドラー」

スピルバーグ監督の映画『シンドラーのリスト』で知られるドイツ人実業家のシンドラーは、数多くのユダヤ人を大量虐殺(ホロコースト)から救ったことで有名です。

また、リトアニアの日本国総領事館に赴任していた杉原千畝が、ナチス・ドイツの迫害から逃れてきた多くのユダヤ難民を救出した逸話は、「東洋のシンドラー」として国内外に広く知られています。

▲杉原千畝 出典:ウィキメディア・コモンズ

その一方で、もう一人の「東洋のシンドラー」、樋口季一カ中将の史実はあまり知られていません。

杉原が救ったとされるユダヤ人は6,000人、シンドラーは約1,200人ですが、樋口中将は、これらを優に上回る2万人ものユダヤ人を、杉原が「命のビザ(通過査証)」を出す2年も前に救出していました。

そのため、樋口中将の名前と功績は、ユダヤ民族基金〔パレスチナの土地購入や国境の設定、植林、道路建設などイスラエルの国土開発全般にたずさわる組織〕がユダヤ民族に貢献した人物を讃える「ゴールデンブック」に記載され、ユダヤ人社会で記録に留められています。

▲樋口季一郎 出典:ウィキメディア・コモンズ

■酷寒のソ連領で立ち往生していたユダヤ人難民

陸軍軍人であった樋口季一郎中将は、ユダヤ人難民をどのように救出したのでしょうか。

樋口中将がユダヤ人難民を救出したのは、彼が満州国ハルビン特務機関長だった1938年3月のことです。杉原千畝領事代理がリトアニアのカウナスで「命のビザ」を発給し、6,000人のユダヤ人を救ったのは、その2年後の1940年のことなので、樋口中将が日本人で最初にユダヤ人難民を救出したことになります。

1938年3月8日、欧州のドイツやソ連などで、ナチスのホロコーストの迫害から逃れるために、シベリア鉄道を使ってソ連を通過して避難してきたユダヤ人難民が、ソ連・満州国境のソ連領オトポール(現・ザバイカリスク)で立ち往生しているという一報が、樋口中将のもとに届けられました。

ドイツから脱出したユダヤ人難民たちは、当初はポーランドを目指しました。しかし、ポーランド政府はナチス・ドイツに配慮して、彼らを受け入れませんでした。

次にユダヤ人たちが向かったのがソ連でした。ハバロフスク(ロシア極東部の都市)西方のアムール川の沿岸に、独裁者スターリンがユダヤ人対策として設立したビロビジャンを州都とするユダヤ人自治区があることから、ソ連はシベリア開発の労働力としてユダヤ人の入国を許可しました。

ところが、同自治区は、もともと中国や日本による攻撃からの緩衝地域として、ユダヤ人を選別・追放するための拠点としてスターリンが設立した場所であり、流浪の民にとってそこは安住の地ではありませんでした。

また、もともと欧州の都市生活者だったユダヤ人難民たちは、シベリアでの農業には不向きでした。

ソ連は、ユダヤ人難民たちが労働者として不適当だと判明すると、彼らの受け入れを拒否するどころか、以前からユダヤ人自治区などで暮らしていた国内のユダヤ人も合わせて追放しました。

流浪の末に行き場を喪失したユダヤ人難民たちが、次に向かったのが満州国でした。彼らは日本滞在のビザを持っていなかったので、ウラジオストクから船で日本に渡ることができなかったのです。

▲「ヒグチルート」ユダヤ人難民はオトポールから満州里まで移動し、南満州鉄道に乗車。このルートは、1941(昭和16)年頃まで使われ、2 万人以上のユダヤ人難民を救ったとも言われている 図:『至誠の日本インテリジェンスより』

■ユダヤ人協会長から窮状の訴えが届く

ユダヤ人難民たちは、オトポール駅の周辺の原野にテントを張り、バラックを建てて極寒の窮乏生活を強いられるなかで、助けを求めていました。

オトポールは3月でも、朝晩は氷点下20度を下回る極寒の地です。吹雪のなかで食料が尽きて、飢餓と寒さのために、凍死する人も続出しました。難民の命は、非常に危険な状態にさらされていたのです。

ハルビン特務機関の機関長である樋口中将に、ユダヤ人難民たちの窮状を直接訴えたのが極東ユダヤ人協会の会長で、ハルビン市内で総合病院を経営する内科医のアブラハム・カウフマン博士でした。

1937年8月にハルビンに赴任した樋口中将が、同年12月にハルビンで開催された第一回極東ユダヤ人大会で、ユダヤ人を迫害するナチス・ドイツを非難するという思い切ったスピーチをして以来、樋口中将とカウフマン博士は良好な関係にありました。

医師としても評判が高く、ハルビンの日本人やロシア人のあいだでも著名な人物でした。ハルビンでユダヤ人関連の問題が起きたときには、日本側から意見を求められるなど、カウフマン博士は、ハルビンのユダヤ人社会と日本との貴重な接点だったのです。

▲朝晩は氷点下20度を下回る極寒の地 イメージ:Aoao2981 / PIXTA

■ドイツと日本の両国に“忖度”していた満州国外交部

満州国外交部は、草木もなびくナチス・ドイツと日本に遠慮してか、オトポールで立ち往生しているユダヤ人難民に対する入国ビザを発給しませんでした。ユダヤ人難民は、ドイツ国籍であれば上海へのトランジットが可能でしたが、満州国外交部は日独に“忖度”して通過させなかったのです。

オトポール事件当時の日本は、全面戦争に突入していた日中戦争の解決の糸口を見出せず、和平交渉の仲介役を秘かにドイツに依頼し、前年(1937年)11月頃から、東京のドイツ大使館と外務省が折衝を進めていました。そのため、ドイツに期待をかけていた日本は、ドイツの国策に反する態度を簡単には明らかにすることはできませんでした。

ドイツの顔色をうかがう満州国外交部は、独立国としての自主性を失っていたので、救援に動く可能性は低いように思えました。

▲満洲国の初代内閣 出典:ウィキメディア・コモンズ

満州は、建国の理想として「五族協和」「八紘一宇」を掲げたではないか。遅々として進まぬ満州国外交部の決定を待っていては、難民は凍死してしまう。保身と怠慢で助けを求める多くの難民を見殺しにすれば、日本は世界に恥をさらし、忘恩の徒になるだろう――樋口中将は思い悩み、熟慮を重ねた末に、難民の受け入れを決断します。

そして、「ポーランドとソ連のように臨時の特別ビザを発給するよう、満州国外交部に働きかけを行う」と決意し、満州国外交部参事官でハルビン駐在だった下村信貞を電話で説得しました。ユダヤ人難民の入国を認めるように進言し、直属の部下であった河村愛三少佐らとともに、即日ユダヤ人への給食と衣類・燃料の配給を行い、満州国の通過を認めさせたのです。

関連記事(外部サイト)