武漢研究所での人為的ミス? コロナウイルス発生源を探る

世界中の人々を苦しめる新型コロナは、習近平政権の隠蔽によって拡大した! ニュースやSNSなどで飛び交う、中国のラボからの漏洩説や生物兵器説など、実際のところを中国ウォッチャーの第一人者・福島香織氏に聞いた。

※本記事は、福島香織:著『新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです

■解放軍は新型コロナウイルスの軍事利用を想定していた

中国は2020年3月に入って、新型コロナウイルス問題で中国責任論を展開する米国の「世論戦」への対抗策をエスカレートさせていきました。

それまでは、なんとなく「新型コロナウイルスは中国の外から持ち込まれた可能性がある」とぼんやりした言い方で、鐘南山のような感染症の専門家に発言させてきたのですが、3月12日の夜、中国外交部の趙立堅報道官がツイッター上で「新型コロナウイルスを米軍が武漢に持ち込んだ」と“陰謀論”を展開しました。

外交部報道官という政府官僚が、公式の記者会見場ではないにしろ、米国を名指しして、新型コロナウイルスの責任を問い始めたのです。

この発言には少し複雑な背景があります。2019年10月中旬、武漢で米軍チームも参加する軍事オリンピック(ミリタリーワールドゲームズ:国際ミリタリースポーツ評議会主催/2019年10月18日〜27日)が開催されました。

このとき米軍人5人が原因不明の感染症に罹り、隔離措置を受けたことは地元紙・長江日報(11月7日付け)が報じています。

▲武漢で開催された2019 Military World Gamesのオープニングセレモニー 出典:ウィキメディア・コモンズ

趙立堅のツイート発言は、こうした記事が憶測を呼び、ネット上で「新型コロナウイルスは、この軍事オリンピックの際に、米軍が持ち込んだウイルス兵器だ」という“陰謀論的噂”が広がっていたことが背景にあります。

西側社会のネット上では、同じ新型コロナウイルスの陰謀論でも、解放軍の生物兵器説が流れているのですが、中国やロシアのネットでは米軍兵器説が流れています。

ちなみに解放軍内で、新型コロナウイルスを取り扱った研究が行われていることは周知の事実でした。

軍事オリンピックに先立ち、9月18日に武漢の天河国際空港で、軍事オリンピック参加の外国軍の荷物から、新型コロナウイルスが漏洩したという仮定で、人民解放軍の生物化学防護部隊が防疫対策訓練を行っています。

つまり「新型コロナウイルス」は軍事的に利用されうる、という想定が解放軍内の認識としてありました。

実は2003年春にSARSが中国でアウトブレイクを起こしたときも「SARSウイルスは米軍の生物兵器だ」といった噂が流れました。そのせいなのか知りませんが、以降、解放軍ではかなり真剣にコロナウイルスに関する研究がされており「医学争鳴」などの解放軍系医学論文雑誌などで発表もされています。

なので「中国の武漢で突然発生した新型コロナウイルスは、人為的につくられた生物兵器ではないか。生物兵器ではないとしても、研究室から漏れたものではないか」という疑いを、専門家も含めて多くの人が持っていました。

西側社会で、この“ウイルス人為説”を疑う人は、もっぱら中国のラボからの漏洩を想定していると思います。

■武漢にはウイルス研究のための実験室が2つあった

新型コロナウイルスが、中国のラボから漏洩したと疑われる根拠には次のようなものがあります。

1つは、新型コロナウイルスのゲノム配列を解析すると、その起源が「キクガシラコウモリ」由来のコロナウイルスであるという研究結果が、すでに出ていることです。

▲キクガシラコウモリ 出典:ウィキメディア・コモンズ

財新ネットは2月3日に、ウイルスの起源に関する報道で、武漢ウイルス研究所の副主任の石正麗のチームが、1月23日にBioRxivという論文素読用プラットフォームで「ある新型コロナウイルスの発現及びその起源が、蝙蝠である可能性について」という文章をあげたと報じています。

その文章によれば、新型コロナウイルスと雲南キクガシラコウモリの保有するRaTG13コロナウイルスの一致率は96%。早期の感染者5人から得られたウイルスのゲノム配列をみると、SARSコロナウイルス2及びSARSコロナウイルスとのゲノム配列の一致率は79.5%、蝙蝠のコロナウイルスとの一致率は96%だそうです。

中間宿主には、竹鼠やアナグマ、亀やヘビ、センザンコウという“候補”が挙がっていますが、もともとは蝙蝠由来なのです。

ですが、湖北省はキクガシラコウモリの生息地域ではありません。キクガシラコウモリは雲南省や浙江省に生息するらしいのです。ただ武漢にはウイルス研究のための実験室が少なくとも2つありました。

1つは中国科学院武漢国家生物安全実験室。これは、中国科学院武漢ウイルス研究所の管轄のBSL(バイオセイフティレベル4)という最も危険なウイルスを扱う実験室です。

ただ、この実験室は解放軍のための軍事目的研究が行われていると言われています。この実験室は華南海鮮市場とは30キロほどしか離れていません。

もう1つは、国家疾病予防コントロールセンター管轄の武漢疾病予防コントロールセンター実験室です。これは華南海鮮市場から300メートルほどのところにあります。

▲武漢にはウイルス研究のための実験室が2つあった イメージ:PIXTA

中国華南理工大学生物化学工程学院教授の蕭波涛と蕭磊が「リサーチゲート」サイトに発表した論文によれば、武漢疾病コントロールセンターの実験室の実験用動物には、湖北で捕えられた155匹の蝙蝠、浙江省で捕獲された450匹の蝙蝠がいました。

この蝙蝠が一人の研究員を攻撃して、蝙蝠の血液と研究員が直接接触する事故が発生したことがありました。この研究員はその後、14日間隔離されたそうです。

また蝙蝠の尿と研究員が直接接触する事故も起きたことがあり、このときも研究員は隔離されたそうです。

この論文では、新型コロナウイルス患者から分離したウイルスのゲノム配列と、蝙蝠コロナウイルスZC45の同源性は96%、あるいは89%と指摘しており、このウイルスはもともとキクガシラコウモリのなかで発現したものだそうです。

この蝙蝠は武漢に生息するものではなく、1000キロ以上離れた場所(雲南省や浙江省)に生息しています。ですが、武漢疾病コントロールセンターでは、このキクガシラコウモリを実験動物として保有していたと言います。

なので蕭波涛と蕭磊は、武漢で発生した新型コロナウイルスは、ヒューマンエラーによる実験室からのウイルス漏洩の可能性を疑っていました。武漢疾病コントロールセンターは、院内感染が初期に起きていた武漢協和医院とも近く、仮説として、蝙蝠の組織や餌の残りなどのゴミが周辺地区に漏洩して汚染されたことで、一群の感染者を出したのではないかと言います。

この論文は間もなく削除されて、今は閲覧できません。また、2人の教授とは連絡が取れない状態になっています。

■ゲノム解析の結果「生物兵器」説は否定されたが…

分子生物学者で、ラトガース大学のワクスマンインスティチュート・オブ・マイクロバイオロジーのリチャード・オブライト教授は、ボイス・オブ・アメリカの取材に対し、新型コロナウイルスは実験室の事故を通じて動物から人に感染した可能性が存在すると語っています。

彼は「中国の多くの実験室で、蝙蝠コロナウイルスが採取され研究されている。それには武漢疾病コントロールセンターと武漢ウイルス研究所も含まれている」と話していました。

金銀潭医院副院長の黄朝林ら30人の医師、研究者がまとめた論文(「ランセット」1月24日)によれば、12月1日から1月2日までに同病院に入院した感染初期の41人の感染者のうち27人に華南海鮮市場接触歴がある一方で、早期感染者には市場接触歴がないので、感染源は市場以外という見方を示しました。

この論文筆者のひとりで金銀潭医院ICU主任の呉文娟が英BBCに語ったところによれば、12月1日の最初の患者は70歳代の老人男子で、脳梗塞と老年性認知症の症状があり、自宅で長期間寝たきりだったそうです。その後、家族が発病しました。

さらに興味深いのは、武漢ウイルス研究所の副主任であるバイオ科学者の石正麗チームが『Nature Medicine』(2015年11月9日)で、中国馬蹄コウモリから見つかったSARSに似たコロナウイルスの一種(SHC014-CoV)が、疾病を引き起こす可能性に関する論文を発表していたことです。

これはSARS遺伝子から、リバースジェネティクス(逆遺伝学)の手法を活用して一種のキメラ・ウイルスを生成、同定したという内容でした。この人為的キメラ・ウイルスは、変異によって人の気道に感染できるようになる可能性があるそうです。

ちなみに、この研究には米ノースカロライナ大学の研究者ら米国人研究者も参与し、実験の計画、実施はノースカロライナ大学のラボで行われていました。

なので、仮に今回の新型コロナウイルスが、この人為的キメラ・ウイルスに関与するものだとしても、流出元としては米国の研究室の可能性だってあるだろう、というのが中国の言うところの「米国の生物兵器説」側のひとつの根拠になっているようです。

もちろん、米国シアトルにあるフレッド・ハチソン癌センターのトレバー・ベッドフォード博士ら27人の専門家・科学者たちは、新型コロナウイルスのゲノム解析結果として、新型コロナウイルスが遺伝子工学的なゲノム編集によって作られた人為的ウイルスの可能性を完全否定しており、ランセットなど医学誌でもその結果を発表しています。

▲ゲノム解析の結果「生物兵器」説は否定されたが… イメージ:PIXTA

ゲノム編集したウイルスであれば、大量の遺伝物質を置換する必要があるが、新型コロナウイルスのゲノム配列からは、その種の痕跡は観察されていないそうです。なので、科学者たちの見解は「生物兵器」ではなく、そんな陰謀論を言うべきではないとの立場です。

ただ、それが実験室から漏洩したものではないという証拠にはなりません。

生物兵器用に人為的に作ったものでなくても、少なくとも解放軍はSARSなどコロナウイルスの変異の実験や研究を実験室でしており、新型コロナウイルスについて、仮想のバイオ兵器として訓練を行うくらいには恐ろしいという認識は持っていたということなのですから。

〈福島 香織〉

関連記事(外部サイト)