偽りの正能量報道に綻び始めた中国共産党プロパガンダ

新型コロナウイルスがまた拡がり始めているが、世界中の人々を苦しめる元凶は習近平政権の隠蔽によって始まった。中国ウォッチャーの第一人者・福島香織氏は語る「習近平は、言論統制で自らの政権の隠蔽責任を回避しようとしている」と。

※本記事は、福島香織:著『新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■美談として報じられた看護師たちの剃髪

中国では習近平政権になって、いっそう厳しい報道統制が敷かれました。中国の記者たちは永らく独自取材をしてこなかったし、公民記者もほとんど活動してきませんでした。

しかし当局の情報隠蔽によって新型肺炎の感染が拡大し、武漢が都市封鎖されるまでになってから、既存メディアの独自取材を行う記者が登場し、方斌や陳秋実のような公民記者も感染と逮捕の危険を承知で現場取材に乗り込んでいったのでした。

これは中国の良心的市民や知識人が、今の中国はおかしいと考えて変えていこうとしていることの証です。こうした動きを、習近平は力づくで抑えこもうとしているわけです。

若い女性看護師たちが、バリカンで無残に黒髪を落とされる映像が2月17日ごろ、中国のネットで流れました。彼女たちは涙ぐみながら「髪の毛はまた生えてくるから。みんな前を向いていきます。必ず無事に帰ってきます」と嗚咽をこらえて語りました。

甘粛省の婦女幼児健康院が、武漢の最前線医療現場に派遣する女性看護師14人は「衛生維持のため」に自ら望んで剃髪したというニュース映像です。

▲美談として報じられた看護師たちの剃髪 イメージ:PIXTA

これを中国各媒体は当初「美談」として報じました。命がけの医療現場に行くために、涙をのんで髪を剃られる彼女らの自己犠牲を感動的に報じ「最も美しい逆行者(脅威に向かって行く者)」などという見出しをつけたのです。

多くの市民は、このニュースを異様だと感じました。医療現場に行くために女性看護師が髪を剃る自己犠牲のどこが美談でしょう。政治宣伝のために無理やりやらされているのだと皆が思いました。

医療崩壊が伝えられる厳しい感染症の現場に送り込まれるだけでなく、中国の大プロパガンダのために、必要もないのに髪を剃るパフォーマンスをさせられるなんて、なんて酷な仕打ちでしょう。

■市民は「感動させられる」気持ち悪さを感じている

これは習近平が国内世論誘導のために打ち出した、正能量報道キャンペーンの一環でした。

2月5日、中国共産党中央宣伝部は300人の記者たちを選び、湖北省武漢の最前線を取材するために送り込みました。そして「正能量報道」「正面情報」をどんどんするよう呼び掛けられました。

正能量とはポジティブ・パワー、もしくはポジティブ・エナジーとでも訳しましょうか。勇気を奮い立たせ、感動を与え、エネルギーを注入し、人民を団結させるような、あるいは楽観的な希望をもたせるような、そういう報道をするように命じたのです。

ネガティブで悲観的で、また当局を批判するような内容の報道はするな、共産党と政府と人民が一丸となって感染症と戦っている、素晴らしい美談、武勇談を報じて、中国共産党の指導のもと、中国人民が未知のウイルスと戦い、その戦いに勝利する自信と能力を備えていることを国際社会にアピールしましょう、ということです。

これを受けて、中国メディアでは14人の「最も美しい逆行者」に続いて、さまざまな「美談」「武勇談」が続々と報じられました。

しかし、毛沢東時代のように完全な鎖国状態の中国ならばいざ知らず、今はインターネットの時代で、中国人民も年間延べ1億5000万人ほどが海外旅行に行く時代です。中国の農村の人々だって、もはやこんな「正能量報道」に騙されるほど単純ではありません。

▲毛沢東 出典:ウィキメディア・コモンズ

女性看護師の「美談」がやたら多いことについては「中国の伝統的な男尊女卑の価値観がにじみでている。甘粛省は女性を消費している」とフェミニズム学者たちが批判していました。

甘粛の女性看護師の剃髪ニュースについては「これこそ、形式主義だ!」と批判が殺到し、掲載メディアは慌てて原稿を削除しました。

それでも正能量報道キャンペーンは継続され、2020年10月には中国共産党の指導のもと、人民が団結して新型コロナウイルスと戦った軌跡を、ノンフィクション・テレビドラマにして放映するそうです。タイトルは『在一起』(Together)。

中国のネットでは、知識と良心のある市民たちが「感動させられる」気持ち悪さを訴えていますが、そうした中国の普通の人々の違和感に気づかないまま、習近平は大躍進的正能量プロパガンダと文革時代なみの言論統制で、自らの政権の隠蔽責任を回避しようとしているのです。

■正能量報道は捏造されたフェイクニュース

中国の対外大プロパガンダ、国際世論誘導はチャイナマネーの威力もあって、WHOを巻き込んだり、イタリアなどEUを手なずけたり、いろいろ仕掛けているように見えますが、国内の世論誘導はそれほどうまくいっていないと思います。

それをはっきり感じさせた事件は、2020年3月5日の副首相・孫春蘭の武漢視察、それに続いて武漢市の書記・王忠林が打ち出した「感恩教育」への反発です。

3月5日の午後、副首相の孫春蘭は中央指導チームを代表して武漢市の居住区(青山社区)を視察しました。

▲孫春蘭 出典:ウィキメディア・コモンズ

このときマンションの窓から「?だ! ?だ! 全部?だ!」「私たちは高い野菜を買わされている」「形式主義だ!」といった罵声が、孫春蘭に向かって飛んできました。このときの映像がネットに流れています。おそらくマンションの一室の窓から、地元住民の誰かがスマートフォンで撮影したのだと思われます。

一党独裁極権政治の中国で、一般庶民が党中央の高級官僚や指導部メンバーに対して、直接罵声を浴びせかけることは極めて珍しいことです。それは命がけの行為だからです。

中国ではインターネットの匿名でも、習近平を批判したり揶揄したりするだけで逮捕されます。たとえ起訴されなくても「精神病治療」の名のもとに監禁され、妙な薬を打たれて家に戻ってくるころには廃人、といったケースも多々あります。

▲深?市に設置された「習近平思想」の屋外広告 出典:ウィキメディア・コモンズ

最近の事件で思い浮かぶのは、2018年7月に習近平のポスターに墨汁をかけた董瑤瓊が、その直後逮捕されて1年後に釈放されたころには、痴呆状態の廃人になっていた例です。

この社区の住民は、そうした政治的リスクを承知で、孫春蘭一行に向かって、罵声を浴びせかけました。武漢市民がそれほど苦しみ追い詰められ、中国共産党中央政府そして武漢市政府に対して、憤怒の感情を持っているということに他ならないでしょう。

孫春蘭は、こうした罵声を受け、午後には地元政府に命じて社区の住人3000人に対して、直面する困難や不満などの聞き取り調査を命じ、矛盾を回避し、形式主義や官僚主義を根絶し、群衆の満足度を上げるように指示した、とCCTVなどが報じています。

一部中国メディアも報じていましたが、この社区ではボランティアが、野菜や肉をマンション管理人に届ける“ふり”をさせて、助け合いの美談という“正能量ニュース”を捏造していました。

それで、住民たちは「正能量報道はフェイクニュースだ。高い野菜を買わされているんだ」と本当のことを、中央指導部のメンバーでもある孫春蘭に訴えたわけでした。

〈福島 香織〉

関連記事(外部サイト)