オリンピックは秘密諜報員やスパイを送り込む絶好の機会

手書きで約10万ページに及ぶ「ミトロヒン文書」は、二十世紀の最重要史料のひとつ。持ち出しが見つかれば死刑になる、そんな危険を12年間も冒し続けたのはなぜなのか。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ミトロヒンの生い立ちやKGBで経験した出来事などに迫ります。

※本記事は、江崎道朗:監修/山内智恵子:著『ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■浮き彫りになった非合法諜報員の実態

ミトロヒン文書は、アーキヴィスト(文書と情報の管理の専門家)で、文書管理責任者でもあったワシリー・ミトロヒンが、KGB第一総局の文書庫が所蔵する、1918年以降1980年代初期までの文書から写し取った資料です。

第一総局文書庫には約30万冊の文書ファイルがあり、その中から12年間ほぼ毎日、筆写し続けたので、手書きで約10万ページに達します。

ミトロヒンは、特に非合法諜報員を使った作戦に関する文書を重視して筆写したため、非合法駐在所・非合法諜報員と彼らの作戦の情報が多いことが、ミトロヒン文書の特徴です。

第一総局というのは、KGBの中で対外情報活動を担当する部門です。部門名の英訳“First Chief Directorate”の頭文字を取ってFCDと表記されることもあります。

ミトロヒンは機密文書を写した紙を、ほとんど毎日、密かに持ち出してタイプで清書し、整理して膨大な文書にまとめあげました。見つかれば自分が非公開裁判で確実に死刑になるだけでなく、家族全員が逮捕・流刑を免れません。

そんな危険を12年間も冒し続けたのはなぜなのか。ミトロヒンの生い立ちと、KGBでミトロヒンが経験した出来事を見ていきます。

■親族の安全のため出生地を隠していたミトロヒン

ミトロヒンは1922年3月3日、リャザン州ユラソヴォ村で生まれました。実は出生地がどこかということが、ミトロヒンとアンドルーが書いたミトロヒン文書解説書の第1巻では伏せられていたのですが、6年後に刊行された第2巻には書かれていました。

ミトロヒンの身内は、誰もユラソヴォに残っていないそうですが、第1巻刊行のときは、誰にも迷惑がかからないように用心していたのでしょう。

ウッドロー・ウィルソン国際学術センターのウェブサイトにあるミトロヒンの略歴によると、通常の学校教育を終えたあと、砲兵学校、アーキヴィスト訓練校である歴史公文書研究所、ハリコフ上級法律学校を経て、1944年に軍検察に就職します〔ソ連には一般の検察のほか、軍の中にも検察がありました〕。

それから、KGBの前身の情報機関MGBにスカウトされ、モスクワの上級外交学校で3年間、海外諜報に備えた訓練を受けています。

KGBは、自分から志願してくる人間は絶対に入れず、KGBの方から適性のある人物に目をつけてスカウトするのが普通だといいます。

ミトロヒンが具体的にどんな訓練を受けたのか、アンドルーとミトロヒンによる解説書には書いてありませんでしたが、第2次世界大戦中の、ある特殊作戦要員の訓練では、爆発物の作り方と使い方、時限装置の作り方と使い方、書き終わると白紙にしか見えなくなる秘密のインクの作り方と使い方〔ウォッカとブドウ糖で作るので、いざというときは飲んでしまえば証拠隠滅〕、無線機の組み立てと通信、射撃に格闘訓練、パラシュート降下訓練などがマンツーマンで行われたようです。

あとで述べるように、ミトロヒンは諜報員として中東での作戦に送り出されていますから、諜報技術の訓練を受けているはずです。

訓練を終えたミトロヒンは、1948年に情報委員会(KI)に配属されました。情報委員会というのは、MGBと軍情報部とを統合した情報機関で、1947年10月から1951年11月まで存在しました。統一的な情報機関を作る試みだったのですが、うまくいかなかったようで、結局元のように分離します。

KGBという名称になったのは1954年からですが、全部正確に書き分けると、かえって分かりにくくなってしまいそうなので、この記事の中ではKGBに統一して話を進めます。

■事実無根の冤罪「医師団陰謀事件」

ミトロヒンが諜報員として働き始めてから最初の数年間は、スターリンの最晩年で悪名高い偏執性と猜疑心がピークに達していた時期です。スターリンは1953年3月5日に亡くなりますが、その直前の2カ月間、KGBは「医師団陰謀事件」の摘発に駆り出されました。

▲スターリン 出典:ウィキメディア・コモンズ

医師団陰謀事件というのは、国際的ユダヤ人組織とアメリカの情報機関が、ユダヤ人医師のテロリスト集団を使って、ソ連政府の要人を暗殺しようとしているという事実無根の冤罪事件で、要人御用達のクレムリン病院に勤務する、高名なユダヤ人医師たちが何人も逮捕されました。

スターリンは、ユダヤ人を弾圧するために陰謀をでっちあげていたわけではなく、ユダヤの国際組織が、自分たちを滅ぼそうとしていると本気で恐れて怯えていたのです。

「ロシア革命を成功させたのは、ユダヤの国際金融資本」で「コミンテルンもユダヤの手先だ」という人もいますが、本当に色々なものの見方や考え方があるものだなあと思います。

▲ラヴレンチ・ベリヤ 出典:ウィキメディア・コモンズ

スターリンが亡くなると、KGB議長ラヴレンチ・ベリヤは、一転して、陰謀は存在しなかったと発表します。しかしそのベリヤも6月に逮捕され「イギリスおよび西側諸国と手を組んで、資本主義の復活とブルジョワジー支配の回復を企んだ」という罪で、12月に処刑されます。

当時、ソ連の指導者たちがベリヤの陰謀を本気で信じていたのかどうかは、かなり怪しいですが、普段から陰謀論に陥りがちな人たちであったことは事実です。

反革命の陰謀に対するソ連の警戒心は、スターリンの病的な猜疑心だけが原因ではなく、共産主義に組み込まれているものだとアンドルーは言っています。「自分たちはいつも西側から陰謀を仕掛けられている」という確信は、なにもスターリンに始まったわけではありません。レーニンの時代からずっとそうなのです。

だからこそソ連という国は、自国への国際的な陰謀が存在することを前提にして、対外工作で常に謀略を仕掛けてきました。自分の側が謀略をすればするほど、相手も自分にやっているに違いないと、さらに確信が強まっていく構図です。それが結果的に、自滅と大量粛清につながっていくことになります。

ミトロヒンの任務は、1956年までは現場で作戦に携わる諜報員でした。1954年に秘密工作のため中東に派遣され、1956年10月にはメルボルン・オリンピックで、ソ連チームに随行しています。オリンピックは、堂々と外国に秘密諜報員やスパイを送り込むことができる絶好の機会なのです。

ミトロヒンは、中東で自分が携わった工作について、ほとんど何も語っていません。

■KGBを批判したミトロヒンは作戦から外された

ベリヤの逮捕と銃殺後、スターリン政権下で抑圧された人々が再審理を求める動きが高まり、1953年から1955年頃にかけて、冤罪で逮捕されていた人々や、刑期を終えても拘束され続けていた人たちが釈放され始めました。

そして、1930年代の「大テロル」(大粛清)で犠牲になった人たちの名誉回復を求める声も強まっていきます。

こうした中で、スターリン死後の後継者争いに勝って第一書記の座についたフルシチョフは、1956年2月に有名な「秘密報告」を行います。

外国の共産党代表を入れない秘密会の席上で「スターリンが個人崇拝を強めたことや、冤罪で無実の人々を粛清したことは間違いだった」と批判したのです。いわゆるスターリン批判です。

フルシチョフは秘密報告の内容を、各地の共産党組織を通じて全国に広めていきました。同時に、冤罪で投獄されていた人たちの釈放や「大テロル」で処刑された人々の名誉回復が行われ、検閲も少し緩められます。

▲フルシチョフ 出典:ウィキメディア・コモンズ

つまり「スターリン批判」によって、ほんの少しですがソ連でも言論の自由が許され「雪解け」が起きたのです。

共産主義体制をやめて根本から改革するという話ではなく、共産主義体制の下で、一党独裁体制の枠内で、ある程度の自由を認めようということです。

スターリン時代のような、法に基づかない徹底的弾圧はやめて「社会主義的適法性を守ろう」。つまり、冤罪で処刑しまくるようなことはもうやめよう、という話です。これを「脱スターリン化」と言います。

そうした風潮の中、ミトロヒンはKGBの運営について批判的なことを口にしました。具体的にどんなことを言ったのか書いてありませんでしたが、アンドルーによれば、西側の基準に照らせば穏健な批判だったそうです。

しかしミトロヒンは作戦から外され、第一総局の文書管理を担当するポストに回されます。モスクワ以外で勤務している第一総局の職員や、KGBの他の部門からの問い合わせに答えることが、ミトロヒンの主な仕事になりました。

ミトロヒンは仕事上、KGBの書類を大量に読むことになり、そうすることで徐々に、ソ連の全体主義体制への絶望を深めていきます。

■切手を舐めて貼ったことを後悔したミトロヒン

ソ連当局は1958年、ノーベル文学賞受賞者に選ばれたB・パステルナークに圧力をかけて、受賞を辞退させました。

ミトロヒンは「何が脱スターリン化だ、結局は共産党が文学と芸術を支配しようとしているじゃないか、表現の自由が認められていないじゃないか」と怒るあまり『リテラトゥルナヤ・ガゼタ』誌に匿名で抗議文を送っています。そのとき、切手を舐めて貼ったので、唾液から身元が分かってしまうのではないかと、あとで心配になったと言っています。

▲B・パステルナーク 出典:ウィキメディア・コモンズ

もし身元がバレていたら、自分だけではなく家族も大変なことになります。当局に唾液の情報を握られるかもしれないようなことをしたのは、痛恨の失敗というところです。

噂で聞いた話ですが、2019年6月にトランプ大統領が38度線上で金正恩と握手したとき、金正恩のDNA情報を確保したそうです。DNA情報をつかめば金正恩の健康状態が分析できるし、本物と影武者の区別もできます。

金正恩死亡説が流れたとき、トランプ大統領が「違う」と言った背景には、このDNA情報があったのだとか。国際政治の世界では、迂闊に握手もできないのです。

▲トランプ大統領が38度線上で金正恩と握手 出典:ウィキメディア・コモンズ

ミトロヒンの切手の場合は、当時のことですからDNA分析ができたわけではありませんが、唾液のような分泌物が身元特定につながることを、情報機関員であるミトロヒンは当然よく知っていたことでしょう。

フルシチョフの秘密報告が、KGB内の共産党組織に伝えられたとき、ミトロヒンは「スターリンの犯罪と言うけれど、そのときフルシチョフはどこにいたんだよ」と全員が心の中で思っていたに違いないけれど、誰も口に出さなかった、と述べています。

そういう冷めた見方をしていたミトロヒンも、勢い余って切手を舐めてしまうくらい、パステルナークの件に強く怒っていたのだろうと思います。

ミトロヒンは、まだこの頃は共産主義体制の転覆を望んでいたわけではなく、せめて裁判くらいはまともにやって、少しは自由が認められる社会になってほしいと望んでいました。フルシチョフの秘密報告に冷めた見方をしながらも、ここまで怒ったのは期待の裏返しでもあったのではないでしょうか。

人は弱いので、淡い希望にでもすがりたいものです。いつかは少しはよくなるという希望がなければ、人は生きていけません。

■フルシチョフが失脚後、スターリン時代に逆戻り

1964年にフルシチョフが失脚し、ブレジネフが第一書記の座に就きます。ブレジネフ政権の最初のうちは、自由な雰囲気が少し残っていて、スターリン時代には認められなかったような小説や雑誌が刊行されましたが、ブレジネフは「脱スターリン化」とは反対に「スターリン復権」を進め、締め付けを強めていきます。

▲レオニード・ブレジネフ 出典:ウィキメディア・コモンズ

?そして、ブレジネフの下で1967年にKGB議長に就任したのが、その後15年間という歴代最長任期を務めることになるアンドロポフでした。

アンドロポフは、ソ連の衛星国で共産党の一党支配が危うくなるたびに、一貫して強硬策をとり、軍事力による徹底的な抑え込みを行いましたが、それには理由があります。

▲ユーリ・アンドロポフ 出典:ウィキメディア・コモンズ

アンドロポフは、1956年のハンガリー動乱のときにブダペスト駐在大使だったので、ハンガリーの秘密警察幹部らが国民に憎まれ、街灯に吊るされる光景を目の当たりにしました。一見すると盤石に思えた一党独裁体制が、あっという間に倒されそうになったハンガリー動乱の記憶が、一生頭から離れなかったのです。

少しでも民主化を認めれば、民衆を抑え切れなくなって、真っ先に殺されるのは自分たち秘密警察だ、と。アンドルーは、これをアンドロポフの「ハンガリー・コンプレックス」と呼んでいます。

アンドロポフは、その後、チェコスロヴァキアでも、アフガニスタンでも、ポーランドでも、共産主義体制が危機に陥ると、軍事力だけが自らの生存を保証できると信じて、強硬手段を使い続けたのです。

関連記事(外部サイト)