リベラルは民主党、保守は共和党。アメリカ大統領選挙を知る

日本人の多くが理解していないアメリカの政治の仕組みとは? 前回の選挙期間中は、トランプが大統領に就任するなどあり得ないと、連日のようにメディアは報道していたが、ケント・ギルバート氏によるとアメリカ国内の分断が、選挙結果に繋がっていると言います。

※本記事は、2019年9月に刊行されたケント・ギルバート:著『世界は強い日本を望んでいる』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■大統領選挙の勝敗のカギを握る中間層

前回の2016年11月8日に実施されたアメリカ大統領選挙の開票日、私もいくつかのテレビ番組に出演しました。そこで気付いたのは、日本人の多くの人が、アメリカの政治の仕組みをあまり理解していないことでした。

アメリカ政治の仕組みについて、簡単に述べてみましょう。

まず、アメリカの有権者を、左(リベラル)から右(保守)のレベルに応じて、1から100まで割り振ります。

▲『世界は強い日本を望んでいる』(小社刊)より

そのうち、「極左」と呼んでいい過激なリベラル層は【1~10】程度います。一方、「極右」と呼ばれる過激な保守層も【91~100】の部分にいます。この両サイドの10%ずつの勢力は極端すぎますので、どんなに議論しても支持政党を変えることはありません。極左は民主党、極右は共和党を支持します。

では、保守派とされている共和党の支持者はどの位置を占めるかといえば、【61~90】の部分です。反対にリベラル・革新派とされる民主党の支持者は【11~40】の部分です。それぞれ30%程度ずついます。そして、共和党の候補者を決める予備選挙には【61~100】の人たちが投票します。

民主党の予備選挙には【1~40】の人たちが投票します。それが本選挙になると、中間の【41~60】という真ん中の20%の人たちも投票するわけです。結果的にこの中間層がどう動くかが、大統領選挙の勝敗のカギを握っているわけです。

▲大統領選挙の勝敗のカギを握る中間層 イメージ:PIXTA

■外では「トランプ指示」と言えなかった

民主党候補者争いの場となった予備選挙で、バーニー・サンダース上院議員は、極左層を取り込もうとしました。本人が「民主社会主義者」を自称する極左なので当然です。

予備選挙に勝つためには、共和党は極右の、民主党は極左の支持層を取り込めると有利になります。ですから予備選挙では、共和党の候補者は「小さな政府」を追及し「銃社会」を肯定する極右的な政策も、そして民主党の候補者は、公立大学の無償化など、まるで「社会主義国」のような極左的な政策も主張するのです。

ですが、両党の予備選挙を勝ち抜いて本選挙に進出すると、最後の勝敗は中間層の支持次第で決まるので、予備選挙での極端な主張が、明暗どちらの結果に繋がるのか、最終的にはわからないのです。

サンダースを破り、民主党の大統領候補者となったのは、ご存じの通り、ヒラリー・クリントン上院議員でした。第一次オバマ政権では国務長官を務めました。ヒラリーはさして先鋭的な左派ではありませんでしたが、サンダースの岩盤支持層を突き崩すべく左に寄ってしまいました。

大統領選挙の最中、左に寄りすぎた分を少し右に戻そうと試みましたが、今度は予備選挙で取り込んだサンダース支持層から「裏切り者」と責められ、結局、彼女自身の立ち位置がわからないまま、大統領選挙当日を迎えてしまったのです。

ただ、予備選挙中の候補者は左右に寄りすぎることをアメリカの有権者はよくわかっており、かなりのレベルまでは許容範囲といえるのですが、このさじ加減が難しいのです。

2016年の大統領本選の結果を左右したのが、極右や極左の勢力でなかったことは明白です。このときも、共和党支持でも民主党支持でもない中間層の支持が最大のカギでした。

選挙の前日まで、彼ら中間層は旗幟(きし)を鮮明にせず、世論調査をしても「まだ決めていない」と言い続けていました。しかし本当は、多くの中間層がトランプを支持していたのです。

中には世論調査に「ヒラリー支持」と答えつつ、実際にはトランプに投票した中間層も多かったことでしょう。メディアがしつこく「ヒラリー上げ」と「トランプ叩き」をしていたので、一歩家を出ると「トランプ支持」と言えなかったのです。 

■内陸部には「隠れトランプ」支持者が多い

およそ、40年前、1980年の大統領選挙でも面白い現象が起きています。カリフォルニア州知事だったロナルド・レーガンと、現職大統領のジミー・カーターの選挙戦です。

後に「レーガン・デモクラット」と呼ばれる現象が、デトロイトの北にあるミシガン州マコーム郡の投票から始まりました。民主党支持者だった有権者までもが民主党のカーター大統領を見限り、共和党候補のレーガンに投票したのです。

実はトランプの勝利にも、民主党支持者の動向が影響しました。そのことは後で述べますが、何といってもカギを握ったのは中間層です。彼らが本心をなかなか言わなかった結果、メディアの世論調査結果はずっと「ヒラリー優勢」一色でした。

選挙の数日前になり、クリントン氏とトランプ氏の支持率がほぼ同じで、それぞれ46~47%でしたが、残りの真ん中の中間層の6~8%の有権者の立ち位置がどうしても予想できませんでした。

しかし選挙の前夜になり、ニューヨーク・タイムズは「中間層は共和党に転びそうだ」と配信しました。同紙はヒラリー支持・トランプ不支持を早々に表明し、よもやトランプが大統領に就任するなどあり得ないと思っていました。

傲慢にも、自分たちリベラルメディアが結束して、トランプ叩きとヒラリー支援を強力にやり続ければ、絶対にヒラリーが勝利すると信じていました。そして世論調査を行っても、自分たちの思惑通りに動いているはずでした。

しかし、内陸部に住むアメリカ人は、支持者を公然とは口にしないもので、そういった人々こそ、実は「隠れトランプ支持者」だったといえます。

▲内陸部には「隠れトランプ」支持者が多い イメージ:PIXTA

■所得や人種からも支持する政党がわかる

アメリカの政治は、二大政党による8年ごとの政権バトンタッチが基本スタイルですが、従来、共和党支持者と民主党支持層は厳然と分かれていました。州や地域、人種や宗教、それに収入のレベルからも、支持政党がある程度わかります。

南部や中西部には、18世紀から19世紀の早い時期にアメリカへ移住した先祖を持つ住民が多く、保守の強い地盤です。

他方、20世紀以降に移住した住民と、グローバリズムの恩恵で潤った金融業界やメディア、IT関係者が多い西海岸や東海岸の都会には、リベラルが多いのです。工場労働者が多く、労働組合が強い五大湖周辺もリベラル一色でした。

移民であるヒスパニック系は、民主党を支持してきましたが、新しい世代はそうでもありません。ヒスパニックも2世になるとアメリカに同化してしまい、少数民族という意識は消えるからです。日系をはじめとするアジア系は、伝統的に民主党支持が多いです。

黒人層は、公民権運動を強く推進したハリー・S・トルーマン大統領の1948年の当選以来、圧倒的に民主党支持になっています。しかし、バラク・オバマの大統領選では多くの黒人が投票に行きましたが、2016年の大統領選ではかなり棄権しています。

2018年の11月6日投開票の米中間選挙で民主党は、黒人の棄権票を集めるべく働きかけましたが、さほどうまくいかず、それどころか、予想に反して共和党側に票が入っていました。

人気黒人ラッパーのカニエ・ウェストが、熱烈なトランプ支持者だからかも知れません。もう一つの理由は、トランプ政権が始まってから中間選挙までに黒人の失業率が史上最低に下がったからでしょう。黒人層は投票者全体の13%を占めていますから、決して小さくはない票田です。

▲カニエ・ウエスト(2011年) [出典:Wikimedia Commons]

とはいえ、やはり、選挙で最終的にカギを握るのは、右でも左でもない無党派層の人々になります。普段は全体の20%ほどを占める層ですが、選挙が近づくにつれ、多くの人々がどちらに投票するか決めていくので、最終的には6~8%となり、この層がどちらに転ぶかで、勝者が決まるのです。

また、所得のレベルでも両党どちらを支持するのか、明らかに傾向があります。2016年の選挙では、年収500万円を超えると男女ともに共和党と民主党が半々といわれました。年収500万円以下の層は、民主党支持が多かったといいます。低所得者層の多くは、手厚い福祉政策を望むからです。

こうした分断の傾向は、近年、ますます激しくなっており、価値観の違う人たちが互いに理解しようとしなくなっています。この傾向が明確に出たのが、2016年の大統領選挙でした。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?