香港警察とマフィアの癒着。「白シャツ襲撃事件」とは?

7月3日から5日まで香港を歩き回り、おおよそのデモの状況や背景を、把握していった福島香織氏。そこで感じたのは、庶民から慕われていたはずの香港警察が、まるでマフィアのような暴力組織となっていたこと。そして、それに呼応するかのようにデモ隊の一部も、過激な行動をとるようになっていったのです。

■マフィアの暴力を黙認する香港警察

今回のデモは、SNSによるネットワークを核としていて、あえてリーダーをつくらないことで長期的に続けるつもりであり、勇武派の人たちも含めてデモ参加者の自覚が高く、自分たちの行動を比較的によくコントロールできていて、決して林鄭月娥が言うように暴徒化しているというようなものではない、というふうに私自身は感じました。

むしろ警察の暴力が常軌を逸していました。6月12日も、警察が予告なくデモ隊に向けて催涙弾を打ち込み、しかも、人に当たるように平行に撃ち込んでいました。鎮圧兵器を警察が使用するとき、ブルーフラッグ(即刻解散せよ)、ブラックフラッグ(武器を使用する)、オレンジフラッグ(すぐさま立ち去らねば発砲する)、レッドフラッグ(衝突をやめねば武器を使用する)など、警告バナーを出すルールになっています。

ですが、この12日の警察は、このようなバナーを出さずに発砲し、多数の負傷者を出しました。さらに、その他の場面でも、警察の過剰な暴力が目立ちました。抵抗の意志を持たず、武器を持っていない若者に対してまで、執拗に殴る蹴るの暴行をして、地面に顔を押し付けて拘束する場面を何度も見かけました。

あのジャッキー・チェンの映画『ポリス・ストーリー』で描かれたような香港警察、庶民から「阿Sir」と呼ばれる紳士的な警官の面影は完全に消え、まるでマフィアか中国公安のような暴力組織に成り下がっていたのでした。

その象徴的な事件が7月21日の「白シャツ襲撃事件」といえるでしょう。

7月21日に発生したことを時系列で見ていきましょう。

まず昼間に、民陣(民間人権陣線)呼び掛けの平和デモが行われました。これは主催者発表で43万人が参加(警察発表は13万8000人)。香港の人気歌手で、国連人権理事会で「国連は、どうして中国を人権理事会から外さないのか」と、国連の姿勢批判も含めて中国の人権問題を告発したデニス・ホーら著名人も参加しました。

▲デニス・ホー 出典:ウィキメディア・コモンズ

平和デモは、午後3時すぎにビクトリアパークを出発し、湾仔(ワンチャイ)が終点地の予定でしたが、デモ隊の一部(主に勇武派)は、そのまま上環(ションワン)まで進み、中国中央政府の香港における出先機関である中聯弁〔中央政府駐香港連絡弁公室〕を取り囲みました。平和デモの主催者である民陣サイドは、中聯弁まで行く予定はなかったそうです。

午後8時前、中聯弁を取り囲んだ1000人前後の群衆の代表が、中国語と英語でデモ隊が要求する「五大訴求」を読み上げ「あらゆる方法で香港を守護する」と宣言。その後、彼らは中聯弁の正門に向かって、卵を投げつけたり、監視カメラにスプレーペンキを吹き付けたり、中華人民共和国の国章に墨汁を投げかけるなどの暴行を開始しました。

香港警察は8時7分に、中聯弁前の群衆を強制排除することを通告し、午後10時10分、ブラックフラッグ(武器使用の合図)を出したのち、陸橋の上から催涙弾やゴム弾を群衆に打ち込みました。およそ36発のゴム弾を撃ちこみ、22日午前2時48分までにデモ隊の強制排除を完了、警戒線を解きました。

この中聯弁襲撃は、香港人の敵意がまっすぐ中国政府に向いたという意味で衝撃的でした。ですが、ほぼ同じ時刻に、それより恐ろしいことが、深?と香港の境界に近い新界地域の元朗(げんろう)で起きていたのです。

■地下鉄・元朗駅で起きた無差別暴行事件

7月21日午後8時半ごろ、元朗に白いシャツを着て右手首に赤いリボンを結んだ、いかにも“その筋の人間”らしい強面の男たちが続々と集まってきました。人数は確認できませんが、目撃者があげた写真をみれば、100〜200人ぐらいいたようです。

このとき、親中派立法会議員の何君堯(ユニウス・ホー)が、この白シャツの男たちと握手をして「あんたは俺たちの英雄だ」といった言葉を掛けられている様子が、通行人に目撃されており、市民は警察に通報していました。

▲何君堯 出典:ウィキメディア・コモンズ

ですが警察は何もせず、やがて午後10時57分、白シャツの男たちは武器である“こん棒”を手に持ち、地下鉄の元朗駅に集結、そこから構内に突入し、黒い服を着ている乗客を無差別に殴り始めました。

黒い服を狙うということは、昼間のデモ参加者を狙ったものと考えられます。ですが実際、デモ参加者でない人も黒い服を着ている場合もあり、負傷者のなかには黒服でない人もいました。つまり完全な無差別攻撃だったのです。市民はこのとき、再び警察に通報、2人の警官が現場に来ましたが、白シャツ男の何人かと話しこんだあと、帰ってしまいました。

元朗駅構内では、数十名の負傷者が倒れ、いたるところに血痕が飛び散っている様子の写真や動画が、ネットに上げられていました。妊娠女性が倒れている様子、その場に居合わせた立場新聞(Stand News)の女性記者が襲われている様子が、記者自身の撮影カメラにとらえられていました。

彼女自身も暴徒に殴られ、悲鳴を上げていました。立場新聞の報道によれば、妊娠中の女性は病院に搬送され、適切な措置を受けて母子ともに命に別状はないとのこと。ですが一人の男性は、一時意識不明の重体に陥りました。

午後11時11分に港鉄は、西鉄線の列車を元朗駅に停車させない措置をとりました。午後11時26分になって、ようやく警察が到着しましたが、そのときには白シャツ軍団の嵐のような1回目の攻撃は終わっていました。

22日午前零時17分、白シャツ軍団は再び駅に突入、列車内に乗り込み、逃げ場のない状況の乗客を無差別に殴り始めました。乗客のなかには傘で応戦する者もおり、大混乱となりました。このとき駅構内に警官、警備員はいませんでした。

最終的に警察の防暴部隊が到着し、白シャツ軍団たちが防暴隊に保護されるような恰好で、現場から去ったのは午前2時を回ってからでした。

■事件直前に議員とマフィアが一緒に食事をしていた

この事件で実に不可解なのが警察の対応です。私が人伝に調べてもらったところでは、21日の早朝、元朗区議の麥業成(まいぎょうせい/ジョニー・マック)は、元朗の黒社会が金で請け負って雇われて「反送中デモ」の報復に出る可能性がある、との情報を得て警察に連絡していました。すると警察側は「すでに対応のための配置を整えている」と答えたそうです。

▲麥業成 出典:ウィキメディア・コモンズ

麥業成は日本語も使える日本通で、反共・民主派の立場を比較的鮮明にしている人物です。香港で唯一といっていい台湾政界ともコネをもっていて、私は信頼しています。

20日、元朗のとあるホテルで、地元マフィアが襲撃参加者の募集をかけている、という噂が流れていたことも確認されました。麥業成の証言が正しければ、警察はこの夜の襲撃を事前に知っていたはずなのに、現場への到着は白シャツ軍団の襲撃が終わったあとでした。

元朗駅に最初にやってきた警官2人は、白シャツの男がこん棒を持っているのを確認しながら何もしませんでした。警察側の言い分は、2人の警官は装備が不足していて、白シャツ軍団を止めることができず、35分後に支援部隊が到着するまで待機していた、ということですが、納得できる説明ではありません。

警察側は出動が遅れたのは、上環の中聯弁前での官民衝突に、警察の人手が取られて人員不足であったこと。この夜に元朗区で、火事と3件の喧嘩の通報が同時にあったことを理由としていました。あたかも「お前らデモ隊のせい」と言わんばかりです。

一応、白シャツ側の24〜54歳の男6人を現場で、違法集会容疑で逮捕した、と発表していますが、どう考えても殺人未遂、傷害罪の現行犯逮捕であるべきではないでしょうか。

警察の調べでは、この逮捕された6人は「三合会=マフィア」関係者で、14K及び和勝和と呼ばれる団体の構成員だとのこと。香港警察と香港マフィア、三合会が癒着しているというのは、香港映画の世界だけの話ではなかったのです。警察、立法会議員の何君堯、三合会は癒着していたと考えられています。

何君堯は警察官僚の家庭に生まれ、香港警察とは親密な間柄です。また、香港青年関愛協会の名誉会長を務めていますが、この組織は中国の中央政法委員会、つまり中国公安組織を統括する委員会の支援を受けており、何君堯は有り体に言ってしまえば、中国公安警察と香港警察をつなぐ、中国系暴力装置の代表人みたいな立ち位置にいる人物でした。

何君堯が事件直前、三合会メンバーと食事をしていたという目撃証言がありますが、これに対し、彼は「一緒に飯を食っていただけだ」と事件の関与を否定しています。でも、議員とマフィアが一緒に食事をしていたら、日本なら大問題です。

その後、何君堯は両親の墓が荒らされたり、事務所が何者かに破壊されたり、嫌がらせを受けています。その背景には、支払われるべき三合会への金をケチったので、マフィアに報復されたのではないか、といった噂も流れました。

しばらくして韓国メディアKBSが、警察内部の匿名告発者の情報として、この事件は、香港上層部が関与していると報じています。この事件以降、香港人のほとんどが、香港警察はマフィア、中国公安と癒着し、市民の敵となったという認識に至りました。

■国際社会にデモ隊の“暴力”を発信した空港占拠事件

8月に入り、香港デモのステージは、アジアのハブ空港である香港国際空港に移りました。7月下旬から香港も学校が休みに入り、機動力がアップしたこと、国際社会に香港デモの主張を訴えるには、国際社会の窓口である国際空港が効果的であること、それから香港の真夏があまりにも暑いので、空港内の涼しいところで抗議するのがちょうどよかった、などの背景がありました。

▲香港国際空港 出典:ウィキメディア・コモンズ

7月26日に空港職員によるストライキがありました。続いて、8月5日にはゼネストが呼び掛けられ、空港も200便が運休になりました。さらに8月9日からは3日間にわたる「万人接機(みんなで飛行機を迎えよう)」集会が呼び掛けられ、デモ集会の許可を得ないまま数千人が空港構内で座り込みデモを行いました。

その3日間の座り込みデモは、各国言語でデモ隊の主張を掲げて座り込む比較的穏当なものでしたが、その運動の最終日の11日、尖沙咀(チムサーチョイ)で行われた野外デモで、女性が至近距離でビーンバック弾に撃たれ、右目が失明する事件が発生しました。

この女性はボランティア救急隊員で、デモ参加者ではありません。香港警察はこのときすでに、デモ隊だけでなく、メディアやボランティア救急隊に対しても容赦のない暴力を振るっていました。いや、むしろ無防備で警察に反撃しないメディアや医療関係者をターゲットにする傾向がありました。

この女性ボランティア救急隊員が右目を失明する事件を受けて、市民の怒りが拡大。11日に終わるはずであった空港抗議集会は12日以降も継続しました。空港サイドは12日に、搭乗手続きに支障が出たとして飛行機の離発着を制限、13日も全便欠航措置をとりました。

12〜13日の2日間、併せて600便前後の運行がキャンセルとなりました。航空機の離発着が取り消され、再開の目途が立たないことで、搭乗できない疲弊した旅客が空港構内にあふれました。香港政府及び空港側は、こうした混乱はデモ隊のせいと非難しましたが、出入国の旅客に対してメッセージを掲げるだけのデモを理由に、全便欠航措置をとる必要はなかったと、空港の対応を非難する声も聞かれました。

13日は空港で待機している旅客に対し、デモ参加者が飲料を配りながら、理解を求める姿も見られました。

ですが13日深夜、武装した香港警察数十人が、“負傷した旅客”の救出を目的に、空港内に突入したのです。ペッパースプレーや警棒を振るう警察と、荷物用カートで対抗するデモ隊が激しく衝突する混乱も発生。この混乱は、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)がライブで中継していましたが、14日未明まで続いていました。

このデモ隊と警察の衝突を引き起こした“負傷した旅客”とは、立場新聞などの報道によれば、中国から来た私服公安警察のようです。13日夜7時ごろ、深?から香港空港に到着した男性客が、座り込むデモ隊と言い争い、躓いた拍子に、バックパックからこん棒が出てきたことから、デモ隊が男性客の財布を調べたところ、深?公安の身分証明書が発見されました。

デモ隊は男性客を取り囲み、カートに縛り付けるなどの暴行を働いたわけです。この男性は数時間後、警官隊とともにやって来た救急隊員によって救出され、救急車で搬送されました。

また、人民日報傘下の環球時報ウェブサイト版記者・付国豪がデモ隊に紛れて取材中、香港警察支持のTシャツを持っていたことがみつかり、デモ隊に囲まれ、暴行され拘束されました。付国豪が「私は香港を愛している。香港警察を支持している。殴ればいい」と挑発すると、カートにくくりつけられました。

付国豪はその後、警察と救急隊員に救出され、その後も取材を続行しました。暴行を働いたデモ隊は、当初、付国豪をニセの記者だと思っていたようですが、結果的に「取材記者を妨害する香港のデモ隊」というイメージが、国際社会に発信されました。この空港内の衝突事件は、国際社会にデモ隊の暴力のエスカレートを印象付ける事件となってしまいました。

■両者の暴力がエスカレートしていった背景

デモ隊の若者の気持ちを少し擁護すると、8月11日に銅鑼湾のデモで、デモ内にデモ隊のふりをして紛れ込んでいる私服警官の存在が発覚していました。私服警官の目的は、デモ隊の暴力を誘発して、それを現行犯逮捕するという、かなり“卑怯”なもので、仲間だと思っている集団のなかに、こうしたスパイが紛れ込んでいるのではないか、とかなり過敏になっていたのです。

ちなみに8月に入って、香港警察が、デモ隊内への“潜入”による陽動作戦や、暴力的鎮圧をエスカレートさせている背景には、2019年11月に早期退職制度で引退していた、鷹派警察幹部の劉業成(りゅうぎょうせい/アラン・ラウ)元警察副総監が、8月9日付けで臨時警務処副処長として現場に復帰したからだとも言われていました。

劉業成は雨傘運動、2016年春節の「旺角(おうかく/モンコック)の争乱」などの鎮圧を含め、これまでも強硬姿勢で成果を上げてきたほか、2017年7月の香港返還20周年記念では、習近平の香港訪問中の警備責任を任されるほど、習近平政権からの信任も厚い人物でした。

中国当局から信任の厚い劉業成を責任者として、香港デモへの強硬路線が8月9日以降、はっきり打ち出されていました。

この劉業成路線によって、8月11日には、地下鉄太古駅の狭いエスカレーター通路で催涙弾を使用したり、深水?(しんすいほ/シャムスイポー)のデモに対しては、一般車を装って近づき、いきなり鎮圧を仕掛けたり。尖沙咀のデモでは、至近距離からのビーンバック弾をデモ隊の顔面に向けて打ち込み、女性看護師を失明させたり。銅鑼湾のデモに私服で紛れ込み、デモ隊を背後から襲って逮捕するなど、今までなかった過激で暴力的な方法で、デモの鎮圧が行われました。

▲暴徒鎮圧に使用されるビーンバック弾 出典:ウィキメディア・コモンズ

暴力をエスカレートさせる警察側にも言い分はあるでしょう。香港の警察官は当時3万人程度で、2カ月続くデモに疲弊しきっており、怪我人も続出。

7月14日の沙田(さてん/シャーティン)で発生したデモ隊との衝突では、抵抗するデモ参加者に、警官が指をかみちぎられて負傷したり、8月11日のデモでは、火炎瓶を投げつけられた警官がひどい火傷を負ったり、デモ隊の抗議のレーザーポインターが目に当たり、網膜剥離などの負傷をした警官が多数出たという情報もあります。

トイレに行く時間も食事をとる時間もなく、炎天下で25キロ前後のフル装備のまま30時間以上デモ隊と対峙し、揉み合った末に、疲労困憊して道路上に倒れ込む警官の姿もネットなどでアップされていました。

警官たちにしてみれば、任務を全うしているだけなのに、市民からは暴力の権化のように罵倒を浴びせ掛けられ、そのストレスも限界に達していたとみられます。こうした警官自身の不満やうっぷんが、劉業成の現場復帰に伴って、デモ隊への暴力鎮圧路線を後押しすることになったのかもしれません。

一方、こうしたデモ隊と警官の衝突状況を見て、これまで抑制的な態度を維持していた中国側は、干渉の意志を見せ始めました。広東省あたりから私服公安を送り込んでいる状況は6月から指摘されていましたが、7月末ごろから解放軍出動の可能性をちらつかせ始めたのです。

※本記事は、福島香織:著『新型コロナ、香港、台湾、世界は習近平を許さない』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

〈福島 香織〉

関連記事(外部サイト)