コロナ禍のエストニア「クリスマスだけは明るい気持ちで過ごしたい」

バルト三国の最北にあるエストニア。隣国フィンランドの首都ヘルシンキから、フェリーで気軽に訪問できる国として多くの日本人観光客が訪れている。世界最先端の電子国家としても知られ、数々の行政手続きや選挙の投票がインターネットで完結できることが有名である。

人口わずか130万人の小国エストニアでは、どのような新型コロナウイルス感染拡大防止対策が取られたか、また人々の意識はどのように変化したかなど、現地在住者の目線からレポートしてもらった。

▲エストニア 出典:PIXTA

■どこか遠い国での出来事と思っていた・・・

2019年大晦日、例年のように年越し花火を見ながら新年を迎えた。春先に日本への一時帰国を控えていたので、花火を見ながら「やっと今年は日本へ帰られる」と思ったことを今でも鮮明に覚えている。

日本に帰ったらやりたいこと、買いたいものリストを作成し、その時を心から楽しみにしていた矢先、日本のニュースサイトで“新型コロナウイルス”の記事を目にするようになった。間もなく中国の旧正月を迎え、より頻繁に目にするようになった。むしろ、目につくのは新型コロナウイルスの記事がほとんどであった。

その情報はエストニアにも伝わり、ニュースキャスターは「Hiina koroonaviirus(中国のコロナウイルス)」と新型コロナウイルスを説明し、どこか自分たちとは関係ない、遠いアジアの国で蔓延しているウイルスという認識しているように感じた。

やがてヨーロッパ各国で新型コロナウイルスの感染が拡大し始め、2月下旬にはエストニアで初の感染者が確認された。その後は、日を追うごとに1日の感染者が10人、20人と増え続け、人々の心には未知のウイルスに対する恐怖心が芽生え始めていった。

マスクをした方が良いらしい、アルコール消毒が効くらしいと言った噂が流れはじめたが、もともとエストニアにはそのような習慣がなく、店頭や薬局で見つけることすら困難なのだ。

2020年3月12日、エストニア政府により緊急事態宣言が出された。1991年にソビエト連邦から独立して以来、初めてのことである。

これにより外出規制をはじめ、学校や大学の授業は全てオンラインに切り替わり、企業は可能な限り在宅ワークに切り替え、国内全ての映画館・博物館・劇場・サウナ・スポーツジムが閉鎖され、各種イベントの開催も禁止に。

3月17日には事実上、国境が封鎖されて旅行者の入国を制限。国内およびヨーロッパ各国を結ぶ長距離バスや飛行機の運休・減便が相次いだ。筆者が搭乗する予定だった飛行機も運休となり、見通しが立たないことから泣く泣く一時帰国を諦めることしたのです。

■国民で共有した“2+2”の合言葉

緊急事態宣言下で設けられたルールの中に、

家族を除く2人以上での外出禁止 公共の場では他者と2m以上の距離を保つ

があり、このルールは“2+2(two plus two)”と表現された。エストニアではエストニア語だけでなく、ロシア語を母国語とする人、英語をメインに生活している移住者が多くいるため、シンプルで分かりやすい“2+2”は、みんなで共有する合言葉となった。

エストニア人は、もともと他者と一定の距離を保つ国民性なため、緊急事態宣言が解除し“2+2”ルールが廃止されたあと「やっと2+2ルールが終わった。これで今まで通り他人との距離を5m保つことができる」というジョークが生まれた。

■トイレットペーパー買い占め騒動は世界共通

日本をはじめ、世界中で起こったトイレットペーパー買い占め騒動。

これまではインターネットで、他国の人々が必死になってトイレットペーパーを買い占めている様子を、おもしろおかしく見ていたが、ある日突然、エストニアのスーパーからもトイレットペーパーが姿を消した。

よく見るとトイレットペーパーのみならず、日用品や食料品を大量に買い込む人々が増え、スーパーの商品棚はガラガラになってしまった。

▲買い占め騒動によりガラガラになった卵売り場

後日ニュースで、エストニア国内には輸出するほど大量の食料が確保されている、とアナウンスされた。とあるスーパーは、顧客へ毎日どれほどの食料や日用品が納品されているかを説明し、食料が底をつくことはない! と書かれたメールを配信すると、ピタッと買い占め騒動がおさまった。

エストニア人の素直さを垣間見たひと時であった。

■ショッピングモールが閉鎖し街から人々の姿が消えた

2020年3月下旬から、スーパーと薬局を除き、ショッピングモールは閉鎖された。感染拡大防止のために自主休業をする飲食店や小売店が増え、営業を続けるお店の方が目立つようになった。

▲同じ建物内のスーパーへ向かう途中にある、閉鎖中で人のいないショッピングモール

この頃には街を歩く人々が激減し、ほとんどの人がP?sikodus(エストニア語でStay at home)していた。

そんな人々をよそ目に、自宅療養している感染者やエストニアへ入国後に自主隔離をしている住人が、こっそり外出していることが発覚し、警察が自宅を訪ねたり、電話をして家にいるかを確認する事態に。

街では警察がこまめにパトロールをし、“2+2”ルールを守らない人々に注意を促してきたが、ルールに従わない者に対して?100(約¥12000)からの罰金を課す規則ができた。

それでも全体的に見ると、エストニア人はきちんと規則に従い、他者との接触を最小限に留めようとしていた。ネットスーパーや通販の利用も増え、配達員の仕事量はクリスマス越えだったそうだ。

新型コロナウイルスの蔓延により、エストニアでも失業者が増加している。特に観光業は国境が封鎖されて以来、大打撃を受けており、その事態は深刻だ。

緊急事態宣言下にて、感染拡大防止のため自主休業をした企業の従業員に対し、政府は賃金の70%を最大2ヶ月支給した。失職者に対しては通常の失業保険を適用、店舗(企業)への特別な補償は無く、家賃の支払い等への融資を受けやすくした程度だった。

5月からショッピングモールの営業が再開されると、空き店舗が目立ち、新型コロナウイルスがどれほど多くの企業に影響を与えたかを身に染みて感じたのであった。

■日光を求め人々は外へ出て短い夏を楽しんだ

5月1日まで有効とされていた緊急事態宣言は2週間延長し、5月17日に解除された。春が訪れ暖かい日が続き、川沿いで日光浴をする人、庭先でバーベキューをする人が増え、近所を歩けばどこからともなく肉を焼く香りが漂ってきた。

博物館や映画館など今まで閉鎖していた施設が営業を再開し、小規模でのイベント開催の許可も出た。6月にもなれば新型コロナウイルスのことはすっかり忘れ、人々は夏を楽しむことに夢中。EU圏内での国境も開放し始め、街では久しぶりの観光客を見かけるようになった。

気候や気温が関係しているのかは不明だが、夏の間は感染者が1日1桁、またはゼロの日が続いていた。

新型コロナウイルスの感染拡大第2波を懸念し、一時はEU圏外からの留学生受入れ中止が議論されたが、例年通り留学生を受け入れた。これにより感染者が急激に増えることもなく、第2波は本当に来るのか? と思ってしまうほど、街の雰囲気は緊急事態宣言前と同じように戻っていた。

念のためのマスクの着用、店先でアルコール消毒、2mの社会的距離を保つ人はほとんど見られなくなったのだ。

■第2波到来? 感染者が爆発的に増加中

秋が過ぎ10月に入ってから、じわりと感染者が増え始めた。11月に入ってからは感染者が1日に200人を越える日が続き、公共施設内でのマスク着用の推奨、“2+2”ルールが再び適用されることになった。

街を歩くとマスクを着用する人は増えたように感じるが、着用率は30〜50%といったところだ。友人同士であろう2人以上のグループもあちこちで見かける。半年前はマスクやアルコール消毒液を求める人であふれ、街は人がおらずガラガラであったが、すでに危機感が無くなってしまったようだ。

「若い人は感染しても重症化しない」
「感染したらしたで仕方ない」
「そもそもテストの信憑性が低い」

と言ったことを頻繁に耳にするようにもなった。人混みを避け、感染者数を気にしている私のほうが少数派なのかもしれない。

▲店舗の入り口に設置されたアルコール消毒液。2+2およびマスク着用サインが表示されている。

エストニア政府組織、厚生情報センター(Tervise ja Heaolu Infos?steemide Keskus)により、感染者との接触確認アプリ“HOIA!”もリリースされた。このアプリをダウンロードし感染の有無を登録することにより、匿名にて他者との情報共有が可能になる。

アプリをダウンロードした感染者と、最大2m以内に15分以上接触した際に通知が来る設定となっているが、具体的な時間や場所は表示されない。

現在エストニアには、アプリをダウンロードできる端末が約40万台あり、ダウンロード数は20万回を越えている。

街ではクリスマスに向けイルミネーションの飾りつけがされている。1年で最も盛り上がるイベントであるクリスマスは、エストニアでは家族と集まり食事をとる習慣がある。

現在の規制では、飲食店での食事は1グループ10人以下となっているので、例年通り家族での食事会が開かれるであろう。クリスマスマーケットも規模を縮小し開催される予定であり、政府も前回のように経済活動を厳しく制限しないよう、ギリギリの状態で見極めていることが伺える。

短い日照時間に加え、寒さが厳しい12月のエストニア。せめてクリスマスだけは明るい気持ちで迎えたい。そして全ての海外在住者が思っているであろう母国への一時帰国が、一刻も早く実現することを願うばかりである。

ジマーマン 美里 
1988年生まれ、新潟県出身。大学生の頃から海外で異文化に触れる楽しさに目覚める。卒業後に就職した会社を3年で退職し、フィリピンで英語を学ぶ。27歳の時にワーキングホリデー 制度を利用しオーストラリアへ渡りエストニア人の夫と出会う。結婚を機に2018年エストニアへ移住し、2人でのんびりと暮らしている。趣味はジョギングと料理。好きな言葉は"医食同源"

関連記事(外部サイト)