9ヶ月も続いたロックダウン。厳戒フィリピンでの日常生活ルポ

COVID-19の拡大後、いち早く中国からの渡航制限を敷くなど、比較的対応が早かったフィリピン。しかし2020年11月末現在、国内感染者数は40万人を超え、毎日2,000人前後が感染を続けており、東南アジアではインドネシアに次いで感染者数2位となっていた(世界27番目)が、現在は解除された。

WHOからパンデミック宣言が出された3月から11月まで続いていた、世界的に見ても長期的なロックダウン。この封鎖が始まったときから今まで、約9ヶ月フィリピンに滞在しているからこそ見えた現状をお伝えする。

▲フィリピン 出典:PIXTA

■封鎖開始直後は政府からのフェイクニュースばかり

「また、政府のアナウンス内容が変わった……」

新型コロナウイルスの拡大が始まった3月からの数ヶ月間(特に初めの1ヶ月間)、フィリピン政府の対策は「行動が発言よりも先に出る」というものだった。

マニラ市の封鎖は発令から1日以内に実施され、移動先のエリアで立ち往生してしまって家に帰れない、という状況になっていた。身寄りも友人もいなければ金も残っていないと、途方にくれた人も多かったと聞く。

国際線の入国禁止も、昼に発令されたかと思えば、12時間後の深夜0時から適用され、到着した外国人観光客が空港内に閉じ込められるという事態も発生した。それに応じて、航空会社もアナウンスメントの変更が必要になるなど対応に追われていた。

混乱が生じたかと思ったら、翌日〜数日後にはまたアナウンスが変わる。政府がフェイクニュースを流している感じで、疲れたが慣れてきた。

封鎖の内容に抗議しようものなら、ドゥテルテ大統領お得意の「射殺」で政府は対応する。麻薬取引とデモが同じ扱いになっている。

コロコロ変わるニュースが落ち着いてきた4〜5月以降、首都マニラや観光地セブ島をはじめとした各地域が、感染者が増加傾向になれば封鎖強化、減少傾向になれば緩和を繰り返している。

約7,000の島からなる(人が住んでいるのは約1,000島ほど)フィリピンでは、各島・島内エリア毎にロックダウンの状態が異なり、4段階に分けられたレベルが設定されている。

ECQ:Enhanced community quarantine(強化されたコミュニティ隔離措置) MECQ:Modified Enhanced community quarantine(修正を加えた、強化されたコミュニティ隔離措置) GCQ:General community quarantine(一般的なコミュニティ隔離措置) MGCQ:Modified General community quarantine(修正を加えた一般的なコミュニティ隔離措置)

※1が一番厳しい状態で、4が通常の生活に近い状態

政府は厳格な外出・移動制限措置(1.ECQ)を、5月中旬からMECQやGCQに段階的に緩和。

しかし、1日1,000人以下で推移してきた感染者が、8月に入ると1日で6,700人になるなど一気に増加。医療制度が崩壊する恐れがあると医師らが警告したこともあり、8月にマニラ首都圏とその周辺州で再度厳格化した。

現在、1日の感染者は右肩下がりになってきたため、各地でGCQ・MGCQの状態が続いているが、ECQに再度強化されるのでは? という地域も挙げられているようだ。

▲ルソン島北部 バキオ市

■従わなければ逮捕してFacebookに写真を投稿

私が住んでいるルソン島北部に位置するバギオ市の実態は、こんな感じだ。

ロックダウンが始まったばかりの3月は、週に2回のみ外出が許されていた。外出時は、区役所から1世帯1人にのみ発行される通行証を保持し、市内至るところに設置された検問で提示、スーパーに入るときも提示といったような感じだ。開いているのは生活に最低限必要となるスーパーや市場、医療機関や銀行などだけ。

▲フィリピンの通行証

通行証を持っていない、もしくは区ごとに決められている外出可能日程以外に外出すると、検問で止められるか門前払いにされた。

それだけであればまだ良かったが、ルールを守らずに外出する人が目立っていたので、市がそれに対応し逮捕された。

マスクなしで外出した人 外出可能日程以外に出歩いた人 門限である18時以降に出歩いた人(市内で外出できる時間が決められている)

さらに、顔はモザイクをかけてもらえるのだが、謝罪のプレートを持たせられて市のFacebookに写真を投稿されるという、日本では考えられないような恥辱を与えられる。ここまでされたら誰もルールを破ってまで外出しようとは思わないはずだが、日本人が逮捕されたこともあった。

フィリピンではFacebookがとんでもなく普及しており、フィリピン人全体の約70%が利用している(肌感覚ではほぼ100%)。ロックダウンに関してのアナウンスは各エリア・各市の公式Facebookページに投稿される。「見ていませんでした」では済まされないため、毎日ページをチェックしなければならなかった。

Facebookの投稿を見ていると、リカー・バン(禁酒令)が発令されることもあった。その名の通り「お酒を飲むのを禁止」という内容だが、これがアナウンスされるとスーパーやコンビニから酒類が取り除かれ、飲酒しているのがバレると、これまた逮捕される。

理由は、酒があるとロックダウンにも関わらず人が集まり、そこで集団感染する危険性があるからということらしい。例えば、フィリピンの建築現場では、建設中の建物に作業員が完成するまで“住みこむ”システムが普通だが、そこで実際に飲酒による集団感染が確認され、リカー・バンが強化・再開されるといったことも何度か起きた。リカー・バン中に禁酒に耐え兼ねた作業員が、酒の代わりに消毒用アルコールを飲んで死亡した、というニュースが流れたこともあった。

▲リカー・バン(禁酒令)によりビニールがかけられた酒棚

6月に入ると、封鎖が緩和され、週3回ほどの外出が可能になった。デリバリーのみで対応していたレストラン・カフェでの店内飲食も可能になったが、定員の半数が上限として決められ、席も1つ1つ空けないといけない。カップルで行っても席を離されるため、男女が別々に来たような感じになる場面もあった。

市内に数店舗あるショッピングセンターの運営も再開され、少しずつ人の流れが戻ってきた感じだ。ちなみに、ジプニーやタクシーなどの公共交通機関利用時と、商業施設入場時にはフェイスシールド着用が義務付けられていて、これをつけていないと入れてもらえない。

徐々に外出の門限が20時、22時と緩和され、バーやクラブの営業も再開された。

11月には、通行証なしでスーパーやレストランなどへの出入りができるようになるが、入る際には体温測定・アルコール消毒・個人情報の記入が求められている。個人情報は全部の施設で記入を求められるため、みんな疲れて殴り書きで記入しボックスに入れる。どこまで役に立っているのかは不明だ。

▲警察官に通行証を見せる

市外から市内へのエリア間移動も緩和されてきており、PCR検査の陰性証明書や旅行許可証などの必要書類を揃えることで、観光を受け入れている地域には旅行が可能となっている。

ロックダウン開始時期から変わっていないのは、コロナ感染者が出た区や、言うことを聞かない人が多い区は、道路が全て封鎖されて外出ができなくなるということだ。事件が起こったかのように「KEEP OUT」の黄色いテープを貼られ、警察官が門番をしている。レストランやデパートでも、従業員から感染者が出ると一定期間営業停止となる。

■観光や留学で人気だったが東南アジアトップの失業率に

▲フィリピンの街並み、マスクをして歩く人々

とにかく仕事を失った人が多い。

今、こうやって記事を書いている私も、普段は英語学校の従業員として働いているが、海外から人の流れがストップしている今、ほぼ失業者状態だ。労働局から4月にでた1万円ポッキリの補助が最後。

フィリピン統計庁(PSA)が9月に発表した労働力調査(LFS)によると、失業率は10.0%(失業者数457万人)ということだが、民間調査機関によると「失業中」と答えた人は、国内全体で40%(失業者数2,370万人)にも上り、東南アジア一の失業率となっている。

観光産業がフィリピンの大きな収益源となっているなか、外国人旅行客が受けられないことで完全にシャットダウン。日本と同じ状況だが、リゾートホテルや観光産業に関わる会社に勤務していた人が職を失っている。

安い金額で語学留学ができるとして、日本でも知られるフィリピン留学は、韓国・台湾・ベトナム・タイなどでも人気が出ていた。これらの国々からも1〜6ヶ月と長い期間で留学生が滞在してお金を落としてくれていたため、留学地として栄えていた地域でも打撃が大きく、語学学校で講師として働いていたフィリピン人の知人も、一気に無職になった。

英語講師として働いていた人は、オンライン英会話講師へと転身。オンライン授業に必要となるヘッドフォンやウェブカムもデパートでは売り切れ。家で仕事をする人が多くなってきたが、インターネットを引くのも2週間〜1ヶ月待ちという状況だ。

ホームベース(在宅)で仕事ができる人もいるが、田舎に行くとインターネットはそこまで普及しておらず、Wi-fiのあるエリアも限られるため、地域によってはオンライン業務へのアクセスが無い場所も多い。都心部に住んでいたとしても、月給が約12,000〜60,000円のフィリピンでは、世帯によってインターネットへのアクセスに大きな格差があるので、利用が困難な人たちは職を探す幅をオフラインに絞るしかない。

インターネットへのアクセスがしづらいエリア、所得が低い人でも利用できるのが、スマホを使ったFacebookでの転売だ。服・雑貨・コスメの転売は、以前からも目にしていたことだが、新型コロナウイルスが拡大してからというもの、彼女たちの販売するドレスと靴の写真で、タイムラインが埋め尽くされることも多くなった。

フィリピンの企業が合同で、ワクチン260万回分を購入したというニュースが入ってきてはいるものの、普通の生活に戻るにはまだ時間がかかりそうだ。雇用が悪化することなく、それまで持ち堪えてくれることを望む。

金子 遼平
海外で英語を使って働きたいという漠然とした目標だけで、日本で1年半勤めた会社を退社。その後、語学留学の目的でフィリピンのバギオへ渡り、留学をしていた語学学校にそのまま転職。現地でマーケティング、マネジメント等を担当している。

関連記事(外部サイト)