コロナ禍で配達員が命の恩人に。変化した中国朝鮮族の生活様式

2019年12月、中国で新型コロナウイルスが最初に報告された。ここから武漢を始めとする中国全土で、新型コロナウイルスとの戦いがスタートした。ここでは、中国のなかでも少数民族である朝鮮族に焦点をあて、コロナ禍でどのような生活をしていたのかを紹介したいと思う。

▲吉林省中の延辺州の位置 出典:ウィキメディア・コモンズ

■延辺朝鮮族自治州では感染者が少なかった

そもそも中国の少数民族である「朝鮮族」の存在を、ご存知ない読者もおられるかもしれない。初めに簡単に説明を加えておくと、中国では国民の92%を漢民族が占めている。

しかし、中国国内の民族は漢民族も合わせて56民族存在する。つまり残りの8%のなかに、漢民族以外の55民族が存在し、朝鮮族はその55民族のうちの1つの少数民族なのである。この朝鮮族が最も多く住んでいるのが延辺朝鮮族自治州であり、約80万人がここに集中している。

この延辺朝鮮族自治州を中心に、朝鮮族における新型コロナウイルスの感染者数の推移を見てみると、2020年1月29日に最初の確定診断感染者が現れ、一時的2名まで増加したが、2月24日にその数は0名になった。

その後、中国以外の各国で感染者が現れはじめ、中国国内でも武漢・北京・上海などの大都市で帰国者の感染者が増加していったなか、延辺では3月27日に帰国者のなかから1名の感染者が出た。3月28日に2名になったが、その後の増加はみられないという低い感染者数が維持されている。

12月中旬現在、大連では再び封じ込めが行われる事態が始まったが、延辺にはその兆しは一切ない。中国全土でのコロナ下の状況は、各地でかなり差があるのが現状だ。

現在、延辺朝鮮族自治州では、学生は対面授業をしており、サラリーマンも毎日通勤をし、在宅ではなく会社で仕事ができている状態だ。また、飲食店やカラオケ店なども通常営業しており、気分転換のために旅に出る人々もいる。

その旅行も、日本のGoToキャンペーンのような国の支援はなく自費で行っている。感染者が出たときには、街ではマスクをしなければ非難されるのは当然だったが、今はマスクをしなくても白い目で見られることがない。

生活様式は、新型コロナウイルス発生前とほぼ同じのように戻っているように思える。むしろ現在の朝鮮族の人々の心配事は、新型コロナより冬の雪による自然災害のほうにある。このあたりは、日本国内とは意識の対象に大きな違いがありそうだ。

▲コロナ禍で感染者が出ていたころの延辺の街の様子

■新型コロナをコントロールした「英雄」の存在

現在、感染の恐怖をほぼ感じない生活ができているのは、政府の施策によるところがやはり大きい。一時期はコロナ禍の代名詞にもなった武漢に、政府の号令によりたったの10日間でコロナの専門病院が建てられたことは有名だろう。

武漢以外の場所にも動きはあり、昨年2月当時は全国各地の病院から医者と看護師が武漢に派遣され、人手不足を少しでも解消する措置がとられた。

新型コロナウイルスのワクチン開発も進んで、もうすぐ投入が可能になる。しかし、当時は新型コロナが恐怖なウイルスであることしかわからず、武漢に派遣された医者や看護師にとっては、死地となるかも知れない戦場に行くようなものだった。

医療関係者と市民の協力を得て、武漢の感染者数の増加は徐々にコントロールされてくると、地方から派遣された医師や看護師たちも故郷に戻り、彼らには「英雄」としてコロナ治療行為に対する「光栄賞」などが授けられ、特別ボーナスも与えられた。

▲ショッピングセンターの靴売り場。マスクをして外出している人々

延辺朝鮮族自治州でも、英雄たちは武漢に派遣もされつつ、延辺地域での予防措置も行っていった。各病院では、いくつかのフロアを丸ごと感染者専用所に改装し、感染者が出た場合にも対応できようにしていた。

また、公共の場での体温測定や人数の制限はもちろん、帰省者や帰国者に対しては自主隔離を要請し、隔離者の食材やゴミなどは、街の役員たちが責任をもって提供・回収した。また国に指定された役員は、感染者の追跡や管理、感染予防に務め、人々にも新型コロナウイルスの拡散を防ぐための措置を求めていた。

一方で、新型コロナウイルスへの対策を重視せずに、拡散を防げなかった事例もある。舒蘭市では、スーパー・スプレッダー(特に感染力の強いウィルスをもつ感染者)の追跡管理ができておらず、31人の感染者が生まれてしまった。この責任を取り、5月15日に吉林省舒蘭市委書記が罷免に、16日には吉林省吉林市衛生健康委員会副主任をはじめ5人の政府役員が罷免された。

ちなみに延辺朝鮮族自治州は、地域区分では同じ吉林省に属しているが、当初のデータから見ても、延辺朝鮮族自治州においてはそこまでの感染者は出現していなかった。

しかし、舒蘭市の事態を重くみた国からの要求もあり、延辺朝鮮族自治州でも一連の厳しい予防対策がとられたのである。そして注目すべきは、この動きが中国全土で感染者数の多寡を問わず、都市であるか農村であるかも問わず行われていったことだ。

■変化した生活様式と見直された漢方薬

新型コロナウイルス発生後、変化した生活様式もある。昨年2月から国民へ全国的な外出機会の減少が要請され、外出は世帯ごとに一日につき一人だけ、一回のみが許可された。外出が制限され、家族が共に過ごす時間が増えたことにより、良くも悪くも家族の交わりは増えた。

好感のもてるエピソードといえば、中国では両親ともに働いている家庭が多いが、この時期は一緒に家で料理を作る機会が増えたというもの。インターネットでさまざまなレシピを手に入れ、普段は作らないような手間のかかる料理を作るなど、レシピの幅が広がったという。

もちろん家族とはいえ、人間関係の距離感が急激に縮まったことによるトラブルもあったと聞く。しかし、それもこの厳しい外出制限のあった時期のことで、元の状態に戻りつつある現在の生活に残ったのは、上達した料理の実力だけと笑う人もいた。

ちなみに、2003年にSARSが発生した時期は、延辺朝鮮族自治州ではキムチやチョングッチャンなどの発酵食品が、SARSに対抗しうる食品として認識されていた。しかし今回の新型コロナウイルスでは、当時よりあまりにもウィルスに対する恐怖感が強く、このような発酵食品は役に立たないと思われていたようだ。その代わりに流行ったのは、中医薬の専門家がすすめた漢方薬「蓮花清瘟カプセル」だった。

▲専門治療にあたった「鐘南山」のチームがすすめた漢方薬「蓮花清瘟」

人々はこぞって、この伝統的な漢方薬を買い求めようと夢中になったのである。

また、面白い変化に「配達員」のイメージアップというのもある。外出や外食があまりできない間は、出前サービスや便利屋を利用する人々が増えた。特に武漢やその周辺都市では配達員に頼って生活せざるをえず、食材の購入や料理ができない人々にとって配達員は「命の恩人」になったのだという。

このとき配達員も、自身の利益だけではなく「皆でちゃんと生きていく」というメッセージを打ち出して仕事を続けたこともあり、サービスを利用する人々は、人同士のつながりやその暖かさを改めて感じるきっかけとなり、配達員たちのイメージはそれまでとは違った意味で向上した。

仕事や勉強の場でも、このコロナの影響で変わった点がある。日本でも、ステイホームやテレワークといった言葉とともに「Zoom」や「Teams」などのオンライン会議ソフトが一気に広まった。中国でも同じように「Ding Talk」や「VooV Meeting」というオンライン会議ソフトやアプリケーションが開発され、オンラインでの仕事が朝晩のラッシュを回避し、移動時間の短縮になるともてはやされた時期があった。

しかし一方で、直接顔を合わせないオンラインでの仕事になったことで、目に見える実績だけで評価がされる、残業が多くなるなどのデメリットがでてきているという。オンラインツールを使わざるを得ない状況で、当初問題が発生するのは仕方のないことだが、これからはツールの問題ではなく、使いこなす人側の問題になるだろう。

せっかく得た便利なツールを今後も活かしていくためにも、オンラインと対面を併用した仕事形式における、新たな評価システムが求められているといえるのかもしれない。

▲コロナが始まった頃の外食スペース。食事中はマスクを外し並んで食べている

■国や民族を越えた助け合い

最後に、日本における中国朝鮮族の団体「全日本中国朝鮮族連合会」と延辺朝鮮族自治州がネットワークを通じて、コロナ下で行った交流についても触れておきたい。昨年2月に中国でコロナが広がった際には、全日本中国朝鮮族連合会は日本国内の14個の朝鮮族団体に呼びかけ、延辺朝鮮族自治州へマスク・医用手袋・防疫服などの寄付を行った。

その後、今度は日本の感染者数に増加の傾向が見られ、4月8日から緊急状態に入ると、延辺朝鮮族自治州は全日本中国朝鮮族連合会へマスクを寄付し、4月15日から日本にいる朝鮮族の人々の手に次々と届いたのである。

また、中国での新型コロナウイルスの封じ込め時期には、日本の朝鮮族だけではなく、韓国からの支援もあり、病院のマスクや医療用手袋などはMade In China, Made In Japan, Made In Koreaが混在していた。

グローバル化の進む現在、新型コロナウイルスを目前にし、朝鮮族という民族のネットワークのみならず、中国と日本の民間の人々が互いに助け合う図式が見られたことはとても尊いことであるように思う。

このような美しさは、普段は私たちのなかに隠れているものの、災害や災難があった際には、国や民族を越えた人間同士の思いとして姿を見せる。このような姿こそ、私たちが今日追求する幸せではないだろうか、とコロナが私に考えさせてくれた。

スモモエイミ
2015年に来日。中国吉林省延辺朝鮮族自治州で育ち、現在も日本の大学院で学ぶ。大学時の専攻は新聞学であり、その影響で映像の編集や写真撮影に興味を持つようになり、日常生活で常にカメラを持参している。自然の風景を撮ることを好み、いつか撮った写真で稼げる生活を夢見ている。

関連記事(外部サイト)

×