中国広東省で暮らす日本人が思う祖国とノマドビジネスについて

はじめまして。Appleの未発表製品などの情報や、中国のネット事情などについて書いているブログ『小龍茶館』の“中の人”の小龍と申します。

私は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生国とされている中国に十数年住んでおります。新型肺炎発生地の武漢にも2017年まで住んでいましたが、現在は広東省中山市という、あの中国封建体制を倒して中華民国を打ち立てた、民主化の父と呼ばれる孫文の故郷に住んでおります(中山とは孫文の字〈あざな〉で、日本人の苗字からとられています)。

▲広東省の位置 出典:ウィキメディア・コモンズ

■経済をはじめ何もかもがストップした中国

私の住んでいる中山市は、広東省の省都広州市とマカオの隣にある珠海市の間にあり、香港やマカオにも近いところですので、武漢からはかなり離れています。

そんなわけで、新型コロナ(当時は新型肺炎と呼ばれていました)は対岸の火事かと思っていたのですが、2020年の春節(旧正月)直前の1月20日に習近平国家主席が「重要指示」を出してから、全国的にマスクや消毒液などが手に入らなくなり、1月23日に武漢がロックダウン(封城)状態になり、そして1月25日に春節初日を迎えました。

その頃はまだ普通に春節を祝っている人たちもいましたが、紅白歌合戦のような番組『春節晩会』で、ロックダウンしている武漢の現状を映して応援する動画が用意されるなど、完全な祝賀ムードになれない感じがありました。

さらに2月7日に、湖北省全体がロックダウンされたころから、全国的にマンションや区域毎の封鎖管理が始まります。

マンションや日本でいう“丁目”単位で物理的に封鎖され、出入口が一カ所に規制され、そこで出入管理が行われ、体温測定が行われたほか、各都市や地方によって異なりますが、中山市では2〜3日に1家族につき1人が1回だけ、買い出し目的のみで外出可能という制限がかかりました。

私が住んでいるマンションでも、独自の通行証を発行するなどの対応をしていました。武漢や湖北省から年末あたりに移動してきた人に対しても、風当たりが強くなっていたのが印象的でした(湖北省ナンバーの自動車でさえ警戒されていたくらいです)。

私は2月12日〜19日の間、日本に一時帰国していたのですが、そのころは中山市でも封鎖管理が始まっていました。しかし、なぜかうちのマンションは、自動車での出入りは比較的に緩く、またフェリーで香港にも行けたうえに日本行きの航空便も、そこまで減っていませんでした。

しかし私が帰ってきた後くらいになると、海外にいる外国人に対する中国のビザでは、基本的に入国不可能となって政府の招聘状が必要となり、もし入国できたとしても一律14日の強制隔離が始まりました。さらに香港やマカオなどもボーダーや国境を封鎖し、3月頭くらいまで皆ほとんど外出ができない状態が続きました。

たまに買い出しのため外に出ると、いつもは車通りの多い道に全く車が走っておらず、もちろん人も少ないゴーストタウン、まるで『北斗の拳』の世界のようになっていたのを思い出します。あれは本当に目に焼きつく異様な光景でした。

▲車一台通らず、ゴーストタウンとなった広東省中山市の様子

そんな街で商売ができていたのは、食料品市場・薬局・配達専門の飲食業くらいで、他は旧正月明けの開業に許可が必要な状態でした。そんなわけで、市場以外に何も営業していない街に外出しようと思う人も少なかったのだと思います。そして中国の経済はいったんストップしたのです。

ただ、幸いなことに旧正月休暇があって、もともとお休みだったので、そこは少し中国にとっては助かったというのもありますが、その時期に中国の人たちは里帰りをするので、民族大移動が起きて、新型コロナが武漢や湖北省から中国のみならず世界中に広がってしまったということもあるかと思います。

■中国政府や日本の対応についての評価

昨年の12月から、日本では感染者が急激に増え出している状態ですが、中国は4月くらいから新規感染者の発生をほぼゼロに抑えています。ちょうど春節休みという、中国で最も長い休みが重なったことはラッキーだったとはいえ、ロックダウンで多大な経済的・人的犠牲を払いながらも、新型コロナの抑え込みに成功しているといえます。

中国にある製造業中心の日系企業は、2月末にはほとんどが操業を再開していました。また遅れてスタートしたサービス業なども、4月頭くらいまでにはほとんどの業種で営業が再開して現在に至ります。中国の国内市場では、自動車の販売台数が第三四半期で過去最高を記録するなど、新型コロナの反動とも呼べるような急激な消費拡大を迎えています。

しかし、ロックダウン時に企業に対する補填などはほとんど行われず、また操業再開して感染者が発生したら経営者が責任をとらなければいけないなど、責任を企業に押しつけるような政策がとられたことから、企業の経営者からは国や地方の政策に対する不満があったのは事実です。

大手企業に対してはいくらかの懐柔策がとられたようですが、中小企業は厳しい状態が続いているところもあります。

中国の国内限定でいえば、全体的にコロナ禍以前の状態に回復してきていると思われます。業界によって、特に医薬品業界や自動車業界などでは、コロナ禍によるマイナスを既に取り返して、今年度は昨年度比で収益がプラスになっているところさえあります。これには中国国内全体で、厳しい状況を耐えてきたからだ、という自負のようなものが発生しているような気がします。

それに比べ、日本は延期された東京オリンピックの影響か、また政府が国民に対して強制的なことができない制度のためか、新型コロナへの対策は遅れ、この寒い時期に感染者を増やしている状態です。

特に国外からの持ち込みに対して、水際管理や隔離が強制できていないこと、そして全てが「要請」という、平たく言えば「お願い」レベルのことしかできず、経済への打撃が怖くて国民のムードを変えることだけで、なんとか乗り切ろうという姿勢のようにみえます。

数千人レベルで新規感染者が増えるのをニュースで見ていて、中国はどの地方も毎日0か1桁程度に抑えているのに何をやっているのだろう、というような気持ちになります。

中国でも、昨年12月に入ってから一部の都市で1人〜数人の新規感染者が確認されています。感染者が確認されると、濃厚接触者の強制隔離はもちろん、その周辺の数十万〜数百万の全住民に対して、PCR検査が翌日には迅速に行われるという徹底管理ぶりです。どちらが安心できるかは明らかだと思います。

これから中国の旧正月を迎えますが、中国にいる日本人のほとんどは一時帰国ができない状況です。先日行われた、私が所属している中山日本商工会の忘年会では、帰国や転任で他国に移動する、いわゆる「お別れ」の人が何人か壇上で挨拶をしていましたが、日本に帰任やインドに転任の人たちは、両方ともコロナが猛威を振るっているので不安でいっぱいのようです。

中国では、商工会の総会や忘年会で300人くらいがホテルのホールに集まって講演を聞き、食事をしながら出し物を見ていますし、企業のなかには数百人規模の社員旅行が今年も行われるなど、ほぼ例年と同じような催し物ができるようになってきました。

友人の若い金属加工工場経営者は、今回の新型コロナへの対応は中国が随一で、工場などの管理手法や取引の“キレイさ”などで非常に尊敬している日本は、残念ながら新型コロナ対策は失敗している、と嘆いていました。

そうかと思えば、携帯アクセサリ関係の会社の経営者は、中国政府の対応は強権的すぎで補償もなく、責任を企業に押しつけすぎだ、と不満を漏らす友人もいます。反応はさまざまですが、基本的に中国にいる中国人も日本人も、他のどこの国にいるよりも安全と感じているのは間違いないかと思われます。私もその一人です。

■仕事のスタイルを変革する機会と考える

私自身は以前、上海で日本企業の駐在員(製造業で工場長)をしていましたが、2013年に独立し広東省深?に移住しました。当時はブログ『小龍茶館』でのアフィリエイト収入が本業の収入を超えるくらいになっていたので、それで生きていけましたが、それだけではいずれ行き詰まると考え、ブログ上で複数のサービスを始めていました。

そのうち2つのサービスは、国際間でのモノの移動が発生する業務で、自分がその運搬をしなければなりませんでした。しかし1年間、深?に住んだことでさまざまな人脈ができ、ちょうど1年後の2014年からは「モノを扱わないサービス」に完全移行し、基本的にオンラインで仕事ができるようになりました。

おかげで世界中どこにいてもネットさえあれば仕事ができる環境、つまりノマドでも生きている環境を整えています。ただ、基本的に家族が中山市にいるので、これまでもほとんどの時間は自宅で過ごしていました。コロナ禍が訪れても、基本的にその生活スタイルを変えずに過ごすことができたのは助かりました。

コロナ禍による問題は、これから東南アジア各国にサービスを広げていきたかったのですが、それができなかったこと。また人の移動が少なくなったことから、BtoBとBtoCのビジネスの売上げが一部落ち込んだことです。

個人的には、これまで構築してきたノマドでもOKな仕事のため、あまり生活スタイルは変わらず、4月以降はあまり危機感もなく、のほほんと暮らしているのが現状であります。8月からはゴーカートにはまって、週に何回か練習に行き、広州のカート場で行われているレースにも参加しました。

日本の家族に会えなくなっているのが寂しいですが、たまに動画チャットなどでコミュニケーションをとっています。日本でマスクが不足していた2〜3月頃には、20万枚ほどのマスクを学校や医療機関などに送ったこともありました。祖国日本のこともやはり気にはなっているのです。

私の場合は、新型コロナの前にこのスタイルを確立できてラッキーでしたが、特殊な仕事内容であることもあって、どなたにもできるものではないと思っています。

とはいえ日本でも中国でも、人々の往来が難しくなった新型コロナを一つのいい機会だと捉えて、できるだけデジタル化やオンライン化を進めて、仕事のスタイルを変えていく変革を前倒した方がいいのではないかと感じています。

▲まだあまり外出がままならない頃に、ケーキをマンションまで届けてくれた着ぐるみを着た配達員と私

最後に皆様のご健康とご多幸を祈っております。?

奥野竜太郎(小龍)
香港小龍科技有限公司代表。Apple関連ブログ「 小龍茶館 」の中の人。中国歴足かけ20年以上の日中バイリンガルでプチ投資家。中国ネット規制回避ツールの「 1coinVPN 」やiPhone SIMロック解除「 ファクトリーアンロックサービス 」を運営。これまでやってきた仕事は、ものづくり・貿易・音楽コーディネート・日中通訳翻訳など。 NPO法人日中児童の友好交流後援会 の理事も務める。ゴーカート好きで猫を2匹飼っています。

関連記事(外部サイト)